ヨーロッパランに向けたクラウドファンディング実施のお知らせ

●現在、走って日本縦断中の僕ですが、これを終えた後は、世界各地を走ってこようと思っています。

第2弾は“ヨーロッパラン”

資金面では、クラウドファンディングを活用します。

 

●まず「クラウドファンディングとは何ぞや」というところから

一般的には「ネットを利用した寄付金集め」と説明されることが多いです。

ところが、この「寄付」という捉え方はふさわしくありません。

クラウドファンディングでは、あるプロジェクトに対して支援者がお金を支払い、そしてプロジェクト実行者は、支援者に対して相応のお返し(リターン)をしなければなりません

つまり、クラウドファンディングで100万円集めたならば、100万円以上の価値を提供する必要があります。

「寄付」ではなく、「事前購入」をするという考え方です。

よって、クラウドファンディングで集まったお金は、会計処理上も「売上」として計上されます

 

●現在のプロジェクトのお財布状況

日本縦断ランでは、宿泊費、食費等に関して、僕が去年1年間かけてバイトで稼いだお金を使っています。
(フルタイムと夜勤のバイトを掛け持ちしたり…)

ただ、貯金を食い潰しながら走っているので、とても継続的なプロジェクトとは言えません

バイトで稼いで、走って旅をして、またバイトで稼いで、走って旅をして…

というのも美談っぽくて良いものですが、人生一度きりとするならば、バイトで稼ぐ時間がもったいないと僕は考えてしまいます。
(もちろん、バイトから学ぶことも多いですが。)

 

●では、何か価値を提供しながら(収入を得ながら)、「走る旅」を続けることはできないか?

僕はこのプロジェクトを通して、本当に応援されてばかりです。
応援があるから走れています。

だから、それに対して僕なりの価値を創っていきたい

旅の経験をシェアすることはもちろん、支援者に対するリターンとして、オリジナルゴムバンドTシャツ等の製作も現在進めているところです。

※詳しいリターン内容は、リンクをご覧下さい。

 

自分が今やってることにどれだけの価値があるかを試す

大学を卒業し、企業にも就職しなかった以上、「自らお金を稼ぐ」ということにいつまでも目を背けてはいられません

もちろん、人からお金を頂くということは簡単なことではありません。

ただ、やってみないと分からない。

見切り発車です。
経験も浅いです。
至らないところはたくさんあるかと思います。

上手くいかなければ、より価値があるものを提供できるように改善を重ねるのみです。

 

これからも僕の「走る旅」を楽しみにしてくれる方がいらっしゃれば、是非ご協力頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

https://faavo.jp/fukuoka/project/581

日本縦断ラン 23~24日目(三重、長野)

<23日目(4/24)>
三重県・伊賀市~三重県・四日市市

 

●悲報

残念なお知らせがある。

実は今日は、電車に乗らなければいけない

明日(4/25)に、長野県で外せないアポイントがあるのだが、
どう考えても一日でそこまでは走れない。

本意ではないが、亀山から四日市までは走っていき、
そこから電車に乗って長野県へ向かう。

しかし、安心してほしい。
長野で用事を終えた後は、四日市まで戻り、日本縦断ランを再開する

 

●四日市へ

5時過ぎに亀山市を発ち、1号線沿いに四日市に向かう。

1号線は再び、交通量が多くなり、国道らしい風景が続く。
少々飽きてくるが、淡々と走り続ける。
次第に膝の痛みが酷くなってきたので、後半はほとんど歩く。

ペースはゆっくりだが、今日の夕方までには長野県に到着していないといけない。
朝早く出発していて良かった。

そして、四日市市街に入る。

20150424_094536

ん?
どこかで見た景色だな

それもそのはず。
ここは、以前一度走ったことがあった。

大学一年時、全日本大学駅伝に母校陸上部が出場した際、選手付き添いとして四日市に来たことがある。
その大会の前日くらいにちょうどこの辺を走っていたことを思い出す。

全日本大学駅伝は、毎年11月、愛知県から三重県にかけて行われる。
正月の箱根駅伝は有名だが、実はあれは全国大会ではなく、関東の大学しか参加できない。
実質的には、この全日本大学駅伝こそが、日本一を決める大学駅伝である。

当時の自分もこの大会を目指して練習していたが、怪我が重なり、なかなか調子が上がらず、出場は叶わなかった。

かつての自分はタイムや順位ばかり追い求めていたが、今は違う

今は自分のペースで楽しく走れているからそれで良い

それは、競技としての道を挫折した自分への慰めに過ぎないのかもしれない。

競争とは、避けられないものだ。
スポーツ然り、社内の出世競争然り、企業同士の競争然り。

だが、自分が戦うフィールドはそこで良いのか

その競争には、どれだけ自らの時間と労力、精神をつぎ込むほどの価値があるのか。
得られるものは何か。

と、考えてみるのもたまには良いと思う。

 

●電車って凄い

20150424_103522

JR四日市駅に到着。
ついに、電車に乗ってしまう時がやってきた。

ここまで自らの脚だけでやってきた。
電車に乗るのは大変な罪悪感が伴う。

だが、そうも言っていられない。

いざ、乗車

20150424_105303 20150424_105652

いやいや、電車って凄い
あれだけ時間をかけて走った道をスイスイと進んでいく。

どれだけ凄いかって、走って日本縦断してみたらわかると思う。

 

●長野県・売木村
さて、長野県で何の用事があるのかという話。

僕が向かうのは、長野県下伊那郡にある売木村

20150424_181735
峠に囲まれた小さな村だ。

ここに、走って村おこしをしているランナーがいる。

そう、今回僕はこの方に会いにきた。

売木村には、夜に到着。
久しぶりの温泉に入り、ポレポレというゲストハウスに泊まる。

20150424_182811 20150424_183055

[23日目・走歩行距離:23km]

 

<24日目(4/25)>
長野県・売木村

 

●重見高好さん

20150425_091033
売木村専属ランナー・重見高好さんは、国内外のウルトラマラソンを走り、売木村の名前をPRしている。
その実力は国内トップレベルだ。

ウルトラマラソンとは何ぞや、と言うと、100kmや100マイルといったフルマラソン以上の距離を走るマラソンのことだ。

ちなみに、重見さんは24時間耐久マラソンの国内最高記録保持者
24時間、寝ずに走り続け、269kmを走るのだ。

ほええ。
日本縦断ランなんかよりずっと凄い。

今回僕が重見さんを訪ねたのは、以下の理由からだ。

・走って地域おこしをすることについてお話を伺うため。
・実業団とは違った形でランニングを仕事にすることについてお話を伺うため。
・重見さんのトレーニングサポートを受けるため。
・「走る村・うるぎ」を体験するため。

 

●トレーニングサポート
まず、身体のメンテナンスフォームチェック動きづくりの指導をしてもらう。

重いリュックを背負って走ってきたので、かなり動きが小さくなっているようだ。
ビデオでフォームチェックをしても、膝下ばかり使って走っている
なるほど膝を痛めても当然だ。

動きづくりで、腰を使った動きを意識する。
すぐに変わるわけではないが、これを機会に少しでも怪我をしない走りへ改善していきたい。

 

その後、売木村の自然豊かなコースを走りに行く

11188308_409607829222327_2389731408686973006_n

この日本縦断ランで硬いアスファルト路ばかり走ってきたので、今日はトレイルコースを希望。
不整地の登山道を走るコースだ。
地面が柔らかく、普段使わない筋肉を使って走るので、怪我防止に有効だ。

実際に走ってみると、アップダウンが激しい上に、標高は1200mで酸素濃度も低い
ゆっくり走っても良いトレーニングになる。

さらに、久しぶりにあの重たいリュックを背負わずに走る。
身体が軽い軽い
まさに羽が生えたようだ。

初期のドラゴンボールで例えると、亀仙人の甲羅修行みたいなものか。
(マニアックな例えで申し訳ない。)

そして何より、憧れの重見さんと走っている。
つい先日、24時間マラソンの世界選手権を走ったばかりであるにも関わらず、軽そうに走られている。

20150425_113421
流石だ。

とにかく楽しく走ることができて、リフレッシュできた。

10419613_409607719222338_8780372928897971481_n

 

●ランニングビジネスについて

トレーニングサポートを受けながら、ランニングビジネスについてのお話もした。

僕自身、ランニングを通じて仕事が出来たら、と思っているので重見さんの話はとても勉強になった。

ざっくり結論から言うと、ランニングを仕事にするのは簡単ではない

重見さんも、ただ走っているだけでそれが仕事になっているわけではない

結局は、相手のニーズがどこにあるか。
相手に喜んでもらわなければ、ランニングビジネスは成り立たない

 

お金が少しでも発生した時点で、趣味であるランニングもかなりシビアな世界になる。

趣味は趣味で終わらせてしまった方がラクなのかもしれない。

 

ただ、そこはさすがウルトラランナー。
かなり手広く、ストイックに活動されている。
その上、競技選手としてもトップレベルを維持し続けているのだから凄い。

それと同時に、好きなことだからそれだけ頑張れるのだろう、と思う。

僕も、まだまだトライする時間はある。
今はまだ手探り状態だが、これから試行錯誤を重ねて見えてくるものがあるはずだ。

重見さん、お忙しい中お付き合いくださり、ありがとうございました。

11188321_409607645889012_8554795578033093952_n

 

●小さな村に様々な人が集まる

もう一つ売木村で驚いたことは、実に様々な人が外から集まっているということだ。

鉄人・重見さんはもちろん、Iターン者山村留学者も多く、外国人作家陶芸家の方などもわざわざ遠くからこの地にやってくる。

あっという間にみな仲良くなり、愉快で少し不思議でもある交流が盛んに行われる。

これまで、旅先で
「走って日本縦断をしている」
と話すと、みな開いた口が塞がらないといった反応だったのだが、

ここ売木村では、
「あ、そうなんですね。」
程度。

 

魅力的な村だ。
ぜひまた遊びに来たい。

20150425_173617 20150425_125715 20150426_125820

今日はこの村にもう一泊して、明日、三重県・四日市市に戻る

 

[24日目・走歩行距離:8km]

 

 

日本縦断ラン 21~22日目(奈良~京都~三重)

<21日目(4/22)>
奈良県・奈良市~三重県・伊賀市

 

●奈良→京都→三重
5:30に奈良市を出発。
今日は、京都府を経て、三重県へ向かう。

20150422_064340 20150422_064527 20150422_064544

奈良市から24号線を走り北上すると京都府・木津川市に入る。
しかし、今回は京都では長居せず、そのまま三重県へ向かう。
木津川にぶつかるところで163号線に入り、木津川沿いにずっと東へ走っていくと三重県だ。

 

●163号線はもう懲り懲り
163号線は本当に修羅場の連続だった。
ほとんどずっと歩道がないからだ。

さらに、車道も狭い上、交通量が多い。
そのほとんどが大型トラックである。

20150422_073212

もう接触すれすれだ。
大型トラックが巻き起こす暴風に身体が煽られる。
それらが脇を通る際には、身体を横にして避けないといけない。

どこかに歩道がある道はないかと探してみるが、かなり離れたルートになってしまうようだ。
仕方ない。この危険国道を行くしかない。

20150422_074112

木津川の後ろには山並みが続いていて、美しい景色を織りなしていたが、こちらはそれほど穏やかな状況ではない。

そして、ただ道を歩くだけで苦戦している自分に更なる災難が降りかかる。

20150422_095743 20150422_095752

泥沼にはまってしまった
この泥沼、見た目以上に深い。
靴と靴下がベチャベチャになってしまった。

こういうときは正直、日本縦断ランなんて辞めてやろうか、と思う。

だが、そう簡単に辞められるものでもないので先に進むのだが。

もう163号線なんて懲り懲りだ

と何度も思ったが、
たまに会う人々はみなフレンドリーに話しかけてくれるものだから、
やはり自分が走ってきたこの道を嫌いにはなれない

ただ、安全に走りたいなら、163号線はあまりお勧めしない。

 

●伊賀越え

そうこうしているうちに三重県は伊賀市に入る。

20150422_142614 20150422_152728

言うまでもなく、忍者の里として有名な町だ。

なるほど周りは見渡す限り山だ。
いわゆる伊賀越えというやつか。

気分は勝手に服部半蔵。はたまた松尾芭蕉か。

 

●日本にはまだまだ知らないことばかり

伊賀市でこんな名前の町を見つけた。

20150422_145434

町(まち)

まさに町という感じのする町である。

日本にはまだまだ自分の知らない面白いものがたくさんある。

 

●伊賀上野市街

左膝の痛みがぶり返してきたので、かなり厳しい道のりではあったが、ようやく峠を越え、伊賀上野市街が見えてきた。

20150422_180904

伊賀上野城
近くまで行くほどの元気がなかったので、遠くから一枚。

驚いたことに、ここでは市街地を通る道でも歩道がないところが多い。
かなりの車社会ということだろうか。

今日はもう夜になっていて暗いので、宿を探す。
だが、近くに安宿は見当たらない。
脚のコンディションが悪く、今日はしっかり休みたい。
多少値は張るが、近くのビジネスホテルに泊まる。

[21日目・走歩行距離:44km]

 

<22日目(4/23)>
三重県・伊賀市~三重県・亀山市

 

●ホテルの朝食をドカ食い
昨日泊まったビジネスホテルは朝食サービス付きだった。
高いお金を払っているのだから元を取ってやろうとばかりに、朝食をドカ食いする。

人間、どれだけ食い溜めできるものなのか分からないが、これで今日はだいぶ持つだろう。
ごちそうさまでした。

 

●続・伊賀越え
この日は、伊賀市から亀山市を目指す。

20150423_113423 20150423_121144

引き続き、伊賀越えらしい山並みの景色が続く。

そして、伊賀市以降は25号線を通っていくのだが、こちらは163号線とは打って変わって交通量が少ない

20150423_125904 20150423_130112 20150423_130100

交通量が少ないので、森に囲まれた景色を楽しみながら走ることができる。
聞こえてくるのは、鳥や虫の鳴き声ばかり
木漏れ日が心地よく、実に穏やかだ。

20150423_130214

「発破予告」なんていうあまり穏やかでない看板も見かけたが。

20150423_121315

伊賀流忍者の里というものも発見。
しかし、残念ながら営業時間外。
というか、何を提供している場所なのだろうか。

 

●関宿
峠を越えると、東海道五十三次、47番目の宿である関宿に到着する。

20150423_150230
昔ながらの宿街の街並みが残っていて趣がある。

三重県は今も昔も交通の要所のようだ。
昔の旅人もここで一息ついていたのだろうか。

自分もここで小休憩。
亀山茶ラテなるものをいただく。

20150423_151954

これが、めちゃくちゃ美味い。
ラテにしてはあるが、お茶ってこんなに美味しかったのか。

 

●中学時代の陸上の後輩と
そして、亀山市街に到着。
ここで中学時代の陸上の後輩と会う。
川畑くん。

20150424_010845

彼とは中学時代から何度も駅伝で一緒に走ったことがある。
元々、健脚の持ち主であったが、高校は駅伝の名門・鹿児島実業高校に進み、さらに力をつけた。

現在、三重県で働いているということで、わざわざ会いに来てくれた。
そして、陸上の昔話に花を咲かす。

それにしても、彼のど根性とストイックさには頭が下がる。
当時の鹿児島実業は高校駅伝で全国優勝をしたほどの黄金時代である。
彼も相当揉まれたようだが、本当によく頑張っていたと思う。
その経験はきっと財産になっているはずだ。

そんな話をしていると自分も再び競技として陸上をやりたくなってきた。

会ってくれてありがとう。
いつかまた、地元の駅伝で一緒に走ろう。
人生まだまだ楽しみなことがたくさんある

深夜まで語った後、川畑くんと別れ、僕は近くのバス停で野宿をする。
昨日、ビジネスホテルに泊まってしまったので、宿代を節約しなければ。

[22日目・走歩行距離:35km]

 

日本縦断ラン 19~20日目(大阪~奈良)

 

<19日目(4/20)>
大阪市内にて休養

 

●休養日は、時間が過ぎるのが早い

 

今日は、天気もずっと雨ということで、休養日とする。

溜まっているブログ更新などもしなければならない。

 

朝はゆっくり起床。

というか、気付いたら10時だった。

相当疲労が溜まっているのかもしれない。

 

その後、黙々とブログ更新等を進めていく。

 

そのうちにあっという間に15時。

毎度のことながら、休養日は時間が過ぎるのが早い

 

新しいことを経験していないときは、時間が過ぎるのが早く

新しい経験に溢れている時間は過ぎるのが遅いそうだ。

 

小学校時代の夏休みが異様に長かったのもそのためらしい。

 

幸い、僕はこの日本縦断ランをしながら、毎日刺激的な経験に満たされている。

気付いたら一日が終わっていた、ということはあまりない。

 

普段の生活でも、こういう日々の過ごし方をしたいものだ。

 

 

●大学時代の先輩と

20150420_201602

夜は、大学時代の先輩、福重さんと会う。

いつも僕のことを「変態」と褒めて(?)くれる先輩だ。

沖縄出身ということで、地元も近い。

 

 

そして、福重さん行きつけのお店に行き、魚料理や串カツを美味しくいただく。

お店の人や初対面のお客さんとも仲良くなり、Tシャツにメッセージまで書いてもらった。

20150420_205717

日本各地でこういう輪が拡がっていくのが嬉しい

大阪にもまた一つ帰る場所ができた。

 

とても美味しかったです。

また遊びにいきます。

 

[19日目・走歩行距離:2km]

 

 

<20日目(4/21)>

大阪府・大阪市~奈良県・奈良市

 

●まずは、大阪城へ

昨日は一日中雨だったため、あまり街を見て回れていない。

 

大阪を発つ前に、大阪城を一目見ておこうと足を運ぶ。

 

中国人観光客の多さが半端なかった。

本当にここは日本か、と疑いたくなるレベルだ。

20150421_091118

人が多いところはあまり好きじゃないので、

とりあえず、大阪城をバックに一枚写真を撮って、先に進む。

 

●暗峠(くらがりとうげ)を経て、奈良県へ

大阪から奈良県へ脚で行くには、暗峠(くらがりとうげ)というところを越えなければならない。

通称、「暗越え」である。

20150421_121549 20150421_121448

20150421_122034  20150421_122601

20150421_122512

国道とは思えないほどの道の狭さ、急斜面であったが、趣がある。

まさに旅をしている、という気分になれる道だ

車で高速車道を通ってしまうのでは、経験できない。

 

しかし、この暗峠、傾斜が物凄い

20150421_123301

20150421_123427

この辺なんかは、地面に手をついてしまいそうなほどだった。

ほとんど登山に近い

 

と、なかなかタフなコースではあったが、周りは自然に囲まれていて、とても気持ちが良い。

 

川のせせらぎ、小滝の流れる音、鳥のさえずりが絶え間なく聞こえる。

ウォークマンなど必要ないほどの贅沢な生BGMだ。

20150421_122908 20150421_124324

そういえば、今回の日本縦断ランでは、僕はウォークマン等を持ってきていない。

音楽を聴きながら走ることは、今のところ一切していない

せっかくの日本縦断なのだから、耳は塞がずに現場の生の音を聞きながら走っている。

 

ちょうど日本縦断ランに出発する直前に、僕のウォークマンが壊れてしまったのも何かのメッセージのような気がする。

 

そして、ここが暗峠の頂点。

20150421_124630 20150421_124705

ここからは、奈良県は生駒市だ。

 

●もうひとつ、峠越え

生駒市で一旦街に出るが、すぐにまた峠を越えなければならない。

20150421_142440 20150421_143648

これまた森に囲まれたコースだ。

自然の音を聞きながら、ひたすら歩を進める。

 

時には、小休憩をしながら。

20150421_144935

弘法大師って日本のあらゆるところを歩いているなあ。

 

確かに自分の脚だけで旅し続けていると、何か達観したような気分になる。

自分も、山の中を何時間も歩きながら、勝手に悟りを開いてしまいそうだ

 

一真教(いっしんきょう)とか、ありそうだな。

 

…ないか。

 

●奈良市入り

峠を越え、奈良市に入る。

20150421_174038

さすが奈良。

あらゆるところに立派なお寺がある。

20150421_164857  20150421_172938  20150421_182018

すき屋は茶色くなり、ファミリーマートは濃緑色になり、ダイソーも茶色くなる。

風致保全だろうか。

面白い。

 

この日、ここに至るまであまり距離は踏めていないが、急な上り下りを繰り返してきたので、脚へのダメージは大きい。

大宮駅近くのカラオケで休む。

 

[20日目・走歩行距離:35km]

 

日本縦断ラン 17~18日目(兵庫~大阪)

 

<17日目(4/18)>
兵庫県・姫路市~兵庫県・明石市

 

姫路市郊外のカラオケからスタート

昨日は野宿を試みたが、深夜2時頃、寒すぎて起きる。

あまりにも冷え込んでいたため、屋内の宿を探し、カラオケに駆け込む。

近くにあって助かった。

 

翌朝、少し走ると姫路市内に入る。

かの有名な姫路城をバックに一枚パシャリ。

20150418_094451

改装したばかりということで、観光客が非常に多かった。

いや、それにしても確かに綺麗な形のお城だ。

ゆっくり見て回りたいところだったが、少々予定より遅れているので、先を急ぐ。

 

ようやく膝の痛みを克服?

 

走りの方はというと、徐々に左膝の痛みをうまく庇いながら走れるようになってきた。

しばらく走っては、歩いて、を繰り返していたが、走る時間のほうが歩く時間よりも増えてきた

良い感じだ。

周りの景色も楽しむ余裕が出てきた。

 

だが、ペースは相変わらずゆっくりだ。

多分、1kmを8分半くらいのペース。

 

この日本縦断ランを始める前は、もっと颯爽と日本中を駆けている自分をイメージしていたが、

現実は思った以上に泥臭いものだ

 

誤解を恐れずに言えば、ランニングは地味で泥臭い

もちろん爽やかで素晴らしいスポーツでもあるが、それは一側面でしかない。

 

だが、その泥臭い部分もまるごと含めて、走ることを楽しむことが重要だと思っている。

 

何事にも光と影があるものだ。

光の部分だけを見て、幻想を抱き続けるのは危険だと思う。

 

実はこのブログを書きながら、そうした現実的側面も伝えていけたら、と思っている。

 

加古川

加古川付近のセブンにて、通りがかりの人が話しかけてくれた。

この方も日頃から走っているそうで、応援の言葉とコーヒーを頂いた。

20150418_124256

こうしたひとつひとつの応援が本当に身に沁みる

この感情こそが財産だと思う。

 

そして、しばらく走り加古川を渡る。

走っていてとても気持ちの良い景色だった。

やはり走ってみないと分からないものがある

20150418_133312

 

兵庫県・明石市

そして、本日のゴールは兵庫県・明石市

20150418_183452 20150418_181856

20150418_181936

今日は後半はほとんど止まらずに走ることができて、
久しぶりに、よく走った感がある

今日はぐっすり眠れそうだ。

この疲労感がたまらない、というのも走ることが止められない理由のひとつだ。

20150418_185027

ふわふわ玉子で焼いた明石焼を美味しくいただいて、
駅近くのネットカフェで休む。

 

[17日目・走歩行距離:43km]

 

 

<18日目(4/19)>
兵庫県・明石市~大阪府・大阪市

 

雨のなか、明石から神戸へ

再び雨だった。

本当になかなか天候が安定しない。

 

そして、雨のためか、膝の軋みも昨日よりひどい

我ながら、老人みたいなことを口にするようになってきた。

 

明石からしばらく歩いて、神戸に到着する。

20150419_130531

 

貿易港として栄えてきた神戸ならではの街並みが目を引く。

見どころはたくさんあったが、今日中に大阪に着かなければいけないので、先を急ぐ。

 

意外と遠かった大阪

昨日、大阪にいる知人の方に

「明日には大阪に着くので、会いましょう」

といったメッセージを送っていた。

 

地図で見る分には、40kmくらいかと勝手に思っていたが、
道中の標識を見ると、

大阪まで50km

おお。

自らの脚だけで移動していると、この10kmの勘違いはデカい

 

しかも、膝の調子があまり良くないので、速くは走れない。

1km10分近いペースで、チョコチョコと走る。

恐らく、自分が走れ得るもっとも遅いペースだ。

だが、このペースで走っていけば、夕方には大阪に着きそうだ。

 

一歩一歩着実に歩を進める。

 

歩いたり、走るペースが遅かったりすると、当然目的地までの所要時間は多くなる。

目的地までの所要時間が多くなると、筋肉の強張りがひどく、速く走るのとは違う辛さがある。

この日は結局、12時間近く移動し、後半は脚の感覚が痺れ、何度も倒れるかと思った

 

通りすがりの人から
「頑張ってねー」
と声をかけられる度に、めげそうになる自分を奮い立たせる。

 

ランニングが教えてくれること

そして、ようやく大阪が近づいてくる。

20150419_150925

大阪まであと12km

 

そういえば、岡山で初めて「大阪」の標識を見た時にも写真を撮った。

20150416_114414

大阪まであと136km

 

このときには、大阪まで136kmなんて途方もない距離だなぁ、と感じていたが、

こうやって一歩一歩進んでいくことで、必ず目的地は近づいてくる

 

ランニングは、日頃の積み重ねが大事だということをいつも思い出させてくれる。

 

大阪着

18時頃、大阪市内に到着。

20150419_165917 20150419_174357

20150419_174418

結局、半日かけて到着した。

おぼつかない足取りで、市街地までもう少し走る。

 

ランの大先輩と

夜は、福岡で知り合ったランの大先輩・三井さんとお会いする。

20150419_193601

日本および海外、様々なマラソンの経験が豊富な方である。

 

そして、福岡市内の大濠公園にて、毎朝5時55分から走る

「大濠555」

というランニングチームの運営もされている。

僕も何度か参加させていただいた。
(参加頻度は、あまり高くなかったが…)

とにかく、多くの福岡のランナーに慕われている方である。

 

今春から大阪勤務とのことで、急な連絡にも関わらず、夕食をご一緒させていただいた。

ありがとうございました。
お身体に気を付けながら、新天地でお仕事もランも頑張ってください。

 

もうクタクタなので、今晩は大阪市内のゲストハウスに泊まる。

 

[18日目・走歩行距離:53km]

 

日本縦断ラン 15~16日目(岡山~兵庫)

 

<15日目(4/16)>

岡山県・岡山市~岡山県・日生

 

■岡山市発

20150416_072302

身体の疲れはだいぶとれた。

上半身はばっちり元気だ。

 

問題は、膝から下である。

 

恐る恐る走ってみる。

 

お、なんとか行けそうだ

 

久しぶりに走れたことに感動する。
走れなくなったときに、走れることの貴重さを感じるものだ。

 

・・・と思ったのも束の間。

 

4km程行ったところで、左ひざが再び軋み始める。

 

しばらく我慢して走ってみるが、
これは無理なやつだ。

 

またしても止まってしまう。

 

だが、歩きなら問題はなさそうだ。
それからしばらく、ちょこっと走っては、歩いて、を繰り返す。

 

 

本当に、普通に走れることってそれだけで素晴らしいことなんだなあ、と痛感する。

 

もはや、「走って日本縦断」というテーマが覆ってしまいそうなくらい、
歩いてばかりで、なんだか不甲斐ない。

 

■「走る」という不思議な行為

20150416_142001

新幹線の線路沿いに歩いていたが、
トボトボ歩く自分をあざ笑うかのように、スィーっと新幹線が通り過ぎる。

 

勝手に疎ましい
(いや、新幹線は全く悪くないが。)

 

 

そうだ。
人類は歩いたり走ったりしなくてもいいように、
車や電車を発明した。

 

それなのに、どういうことか。
自分は頑なに、交通機関に乗るまいと走り続けている

 

世間では、42kmも走るフルマラソンの大会に大勢の人々が、決して安くないお金を払ってエントリーする。
人気のある大会では、参加募集が始まってわずか数分で定員に達する。
いわゆる「クリック戦争」だ。

 

それまでに、「走る」ことが人間を惹きつけるのはどういうことだろうか。

 

 

備前市、日生

 

備前市を経て、日生へ向かう。
岡山県と兵庫県の県境にある町、日生
静かな港町で落ち着く。

 

個人的に面白いと思ったバス停があったので紹介したい。

20150416_122955 20150416_171709

 

手作り感満載のバス停に妙に惹かれた。

 

■日生のコンビニで出会ったおば様の話

 

日生のコンビニで休憩しながら、地元のおば様とお喋り。

見ず知らずの自分に、戦時中の身の上話までしていただいた。

明るく話されてはいたが、やはり当事者の語る言葉は重い。

 

戦争の時代を経験していない上に、豊かな日本しか知らない世代の自分には到底理解できないことなのかもしれない。
当事者の想いを受け止めて、どういう未来を創っていくか考えていくしかないと思う。

 

そして別れ際に
「今はこれだけしか持ち合わせていないけど、旅の資金にしていきなさい。」
と、千円札1枚と、いくらかの小銭を渡された。

 

なんで、見ず知らずの自分にそこまで・・・。

 

日本縦断をする中で、こんなにもらってばかりでいいのか、というくらいもらってばかりだ。
この「ギブ・アンド・ギブ」精神があれば、戦争など起こらないような気もするが。

 

とにかく、感謝しきりである。

これから、この受けたご恩を何かしらの形で還元していきたい。

 

 

日生にて、福岡の友人と再会

 

日生でも、福岡の友人が新社会人として働いていた。

11150849_755050277945179_9107535199695265045_n

大庭くん。

 

福岡市が行う学生の起業支援事業で、別プロジェクトではあるが、お互いに活動していた。行動力にあふれ、尊敬する友人だ。

 

この日は会社の飲み会があるそうで、僕は日生駅で仮眠をとりながら待機。

 

すると、夜11時頃、なんだか騒がしいので、目が覚めた。

地元のヤンキーがたむろしている。

 

うわ、絡まれたら面倒くさそうだ

 

といっても、駅で寝袋に包まって寝ているのは自分である。
格好の絡む対象でしかない

 

とりあえず、寝たふりをする
多分、それが最善の策だった。

 

なんとかやり過ごした。

11148377_755050257945181_665903411221126513_n 20150417_061709

12時前に大庭くんと合流し、この日は彼の家に泊めてもらった。

野宿だと海風が寒かっただろう、助かった。

ありがとうございます。

 

ちなみに、ここでは野生の鹿が目の前を普通に横切る。
あと、黒豚もいた。

20150417_062400

もののけ姫の世界のようで、たまらない。

 

[15日目・走歩行距離:38km]

 

 

<16日目(4/17)>

岡山県・日生~兵庫県・姫路市

 

日生のスクールゾーン

 

午前6時過ぎに日生を発つ。

大庭くんからもらった湿布を痛みのある箇所に貼るも、まだ走れる状態ではない。

仕方なく、昨日同様ひたすら歩く。

 

一本道では、通学中の子供たちとよくすれ違うが、

みんな、見ず知らずの自分によく挨拶をしてくれる。

 

最近の都会では、知らない人には声をかけないように、

という指導がされたりもするようだが、そういうことを聞くとなんだか寂しい。

 

 

ついに関西突入

 

しばらく歩くと、兵庫県・赤穂市に入る。

ついに、関西突入だ。

20150417_074152

 

自らの脚だけで旅をしていると、一つの目的地に到達するだけで、かなりの喜びがある。

交通機関でひとっ飛びしてしまうのとは、わけが違う。

 

かつて列車もなかった時代の旅人も同じような気分だったのだろうか、と歴史に思いを馳せてみる。

 

周りから聞こえてくる言葉も、いよいよ関西弁に変わった。

 

まさかの転機

20150417_083525

赤穂市で休息をとった後、もう一度走ろうと試みる。

 

おや、今度はいけそうだ

さっきまで痛かったのに。

 

どうやら走り方に問題があったようだ。

 

膝から下には、ほとんど力を入れず、ほとんど摺り足で移動する。

大腿や大殿筋を上手く使いながら走ると良さそうだ。

 

まあ、それは理屈的には当たり前のことで、

膝下の小さな筋肉よりも、大腿や臀部などの大きい筋肉を使った方が効率的だ。

 

だが、頭では分かっていても、実際に身体を動かすのは相当に難しい。

今のうちにこの走り方を身体に覚え込ませなければ。

 

ともかく、ひとつ大きな壁を乗り越えたようで嬉しかった。

1km7分半くらいのペースでそれほど速くはないが、以前は1km10分かかっていたことを考えると上出来だ。

歩いているときとは全然違うスピード感に感動する。

 

だが、調子に乗りすぎてはいけない。

まだ左膝に違和感は抱えたままだ。

慎重にいかなければ。

 

人生、思い通りにいかず

 

・・・と良い感じに走れていたのだが、

それも12km程度しか続かなかった。

 

またしても、左膝が痛み始める。

 

ううむ。

 

人生、思い通りにいかず

 

再び、黙々と歩き始める。

 

この日の終着点は、兵庫県・姫路市

明日、また良くなっていることを祈る。

20150417_162517

 

[16日目・走歩行距離43km]

 

日本縦断ラン 13~14日目(岡山)

<13日目(4/14)>
岡山県・倉敷市~岡山県・岡山市

 

休養について

20150414_104424

相変わらず、左ひざは軋む。
それに、右足の甲の腫れがひどい。

 

休養も兼ねて歩いてはいるが、
なかなか走れる状態までは回復しない。

各方面の方々から、

「無理しないように」
「しっかり休んで」

といったお言葉をいただく。

自分としては、歩くことで休んでいるつもりだったが、
どうも脚は中途半端にしか休めていないようだ。

完全休養をとるべきか悩みながらも、結局歩いてしまう。

 

「休む勇気が必要」

とは、よく言われることである。

その所以は、大きく2つだろう。

 

①体力の低下に対する恐れ

 

僕みたいな凡才ランナーは日頃から走っておかないと、すぐに体力が落ちる。

ランニングは「走る」という単純な動作であるからこそ、
体調の変化に気付きやすく、体力の衰えにも敏感になる。

したがって、体力の低下を恐れて、休養をとることに抵抗を感じる。

 

 

②自らに課したノルマを達成できないことに対する罪悪感

 

罪悪感とまで言うと大げさかもしれないが、自分で決めたタスクを予定通りに消化できないと、あまり良い気分はしないものだ。

 

ランニングは、究極の自己肯定型スポーツだと僕は思っている。

自ら考え、練習メニューや目標タイムなどを設定し、実行する。
その成果が、タイムや順位などの数字として表れたときには、何物にも代えがたい達成感がある。

 

ランニングは、努力が成果として表れやすいスポーツである。

自己と向き合い、努力を重ねることで、人は自己肯定感を得られる

 

逆に、設定した練習や走行距離をこなせない日々が続けば、自己肯定感が得られず、自己嫌悪に陥る。

だからこそ、予定外の「休養」をとることには、少なからず躊躇いがつきまとう。

 

 

と、長々と丁寧に説明させていただいたが、休養をとるにも相当の勇気が必要なわけである。

そして、そんなことを考えている間に岡山市まで20kmほど歩いてしまった。

 

今日はこれくらいにしておこう、と宿を探す。

 

ゲストハウス「KAMP」

20150414_17425320150414_173827

20150414_17500120150414_162729

今回の旅では、野宿や、ビジネスホテル、ネットカフェに泊まってばかりで少々寂しかったので、この日はゲストハウスに泊まることにする。

ドミトリー式の相部屋なので低価格で泊まれる。その上、外国人を含め、多くの人と知り合えるので、個人的にはビジネスホテルよりこちらの方が好きだ。

11008596_10153265759068377_8383281805538445025_n

ロベルトは、イタリアのお医者さんだ。

大学の医学部を卒業した後、日本を旅しているそうだ。

 

僕が走って日本縦断していることを伝えると、

僕は「ジャパニーズ・フォレストガンプ」ということになった。

 

いいね。

 

せっかく海外の友人も旅のレポートを楽しみにしてくれているので、

このブログの英訳版を書いてみても良いかもしれない。

 

[13日目・走歩行距離:20km]

 

 

<14日目(4/15)>

岡山県・岡山市にて休養

 

■完全休養日

 

なんだか、最近休養ばかりとっている気がするが、この日は走りも歩きもしないことにする。

いわゆる完全休養だ。

 

これだけ走らない期間が続くのは本意ではないが、

「休む勇気も必要」

と、自分に言い聞かせる。

 

ちょうど、福岡の友人が岡山で新しく務める会社の研修を受けているということで、夜に会う約束をする。

 

それまでの間は、岡山市内でゆっくりすることにする。

 

■読書タイム

 

そういえば、4月に入って本を1冊も読んでいない。

 

完全に活字離れしてしまっている。

 

頭に栄養を与えるつもりで、古本屋にて本を2冊購入し、一気に読了。

20150415_102950

1冊200円で、計400円

 

『働かないアリに意義がある 長谷川英祐』

 

働かないアリ=自分、と見立てたのか、自らを慰めるかのように購入。

 

個人的にポイントは2つ。

・働かないアリが、「余力」として存在している方が、社会は長続きする。

・効率性の追求には限界がある一方で、「無駄」に思えるようなことが、社会の進化の可能性を拡げる。

 

生物界全体の歴史に比べたら、人類の歴史はちっぽけである。

社会の構造を考える上で、生物学から学べることは多いのではないか。

 

『海も暮れきる 吉村昭』

 

小豆島で晩年を過ごした文豪・尾崎放哉の死を描く。

ちょうど、自分が明日、小豆島付近を通過するということで購入。

 

死に際の人間と、その荒んでいく様子が描かれているが、

自然と今の自分の生き方も考えさせられる。

 

「死」は、生きることの一部である。

「死」を意識することで、「生きる」ことをもっと大事にしていきたい。

 

■福岡の友人と岡山で

 

夜は桑原くんと会う。

20150415_205024

大学時代、同じ陸上競技部に属していた。

僕に負けず劣らず、走ることが大好きである。

 

社会人としての新生活についての話を聞き、楽しくやっているみたいで何よりだ。

 

みんな、それぞれの道を歩んでいるなあ、としみじみ思う。

それぞれのフィールドでお互い輝いていたいものだ。

 

Tシャツに寄せ書きも書いてもらった。

20150415_203034

「休む勇気も必要」

 

まさに、今の自分にピッタリの言葉をいただいた。

ありがとうございます。

 

[14日目・走歩行距離2km]

 

日本縦断ラン 11~12日目(広島~岡山)

<11日目(4/12)>
広島県・三原市~広島県・福山市

■本日もウォーキング

先日は、脚の痛みをとるため、一日休養したわけだが、

・・・まだ痛い。

ほとんど治っていないじゃないか。

 

とはいえ、二日連続全く進まないわけにもいかないので、この日は終日ウォーキングで先に進むことにする。

20150412_051246 20150412_052258 20150412_054709

午前4時に広島県・三原市を発つ。

早朝の瀬戸内海は静かだ。

朝焼けがあたりを照らしていく様子を眺めながら、一人黙々と歩く。

一日の始まりはこんなにも穏やかなのかと、なんだか気持ちが落ち着く。

早朝の冷たい風すら心地良い。

 

■広島県・尾道市

20150412_063248 20150412_063346 20150412_063445

20150412_064619 20150412_073017

午前7時に、広島県・尾道市に到着。

レトロな雰囲気の港町だ。

実は、この尾道という地は、知人に勧められていたこともあり、以前から訪れてみたいと思っていた。

ゆっくりしていきたいところだったが、日曜の早朝だったこともあり、どこのお店も開いていない。

開いているのはコンビニだけだ。

町で唯一(?)のセブンで、とりあえず「尾道名物」らしきものを入手。

20150412_070152

うん。
素朴さが良い感じで美味しかった。

それにしても、このあたりのコンビニは、品揃えが凄い。

特に、洗剤や衣料品などの生活用品が充実している

ちょっとしたスーパーのような立ち位置になっているのだろうか。

コンビニの様子はそこの地域性をよく反映するというのが僕の持論である。
ちょっと意識して見てみると面白い。

 

■広島県・福山市

20150412_134303 20150412_140044 20150412_131558

しばらく歩くと、福山市に入る。

久しぶりに、なかなか大きい街だ。

駅のすぐ隣に福山城があり、活気がある。

桜は散りかけていたが、福山城の周りは花見客で賑わっていた。

 

自分は歩き疲れてヘトヘトだったので、昼食をとったあと、福山城を眺めながら休憩。

ちなみに、昼食は広島に入って初のお好み焼き。

焼く過程を全て間近で見れるので面白い。

美味しくいただきました。

 

福山では、

「走って日本縦断してるの?凄いね。」

「頑張ってね。」

と、声をかけてくれる方が多く、とても力になる。

「頑張ってね。」

とは単純な一言だが、疲れ果てている人間にとっては絶大な効果があったりする。

 

以前は、そういった一言をプレッシャーに感じることもあったが、
最近は、

「(自分なりに)頑張ってね。」

という意味だと、勝手に自分の都合が良いように解釈している。

 

人からの応援がプレッシャーになるという人もいるが、
このくらいの緩い捉え方でも良いのではないか。

と、個人的には思っている。

 

再びジョイフル

出来る限り進もうと歩き続けるが、脚の至る所が痛み出し、5km程行ったところでストップ。

歩きでも、1日中、40kmも歩くとなかなかの負担だ。

 

そして、今宵も再びジョイフルのお世話になる。

ここまで来ると、ジョイフルの回し者かと思われるかもしれないが、
一応否定しておく。

 

[11日目・走歩行距離:39km]

 

 

<12日目(4/13)>
広島県・福山市~岡山県・倉敷市

 

■夜中3時にジョイフルを追い出され

ジョイフルで睡眠をとっていると、
店員さんに起こされて、

「お客様。当店ではお休みはお断りしてます。」

 

・・・はい。すみません。

本来の使い方とは違う使い方をしているのは自分なので、
何も文句は言えない。

大人しく支払いを済ませ、店の外へ。

ただ、
何も雨が降りしきる午前3時に追い出すことはないんじゃないか。

店内はガラガラである。

 

まあ、仕方ない。

 

そして、肝心の脚の状態も相変わらず良くない。

今日も走るのは無理そうだ。

 

■午前4時の国道2号線

この日も終日雨だった。
なかなか天候が安定しない。

あたりは暗闇の山道
国道を走るのは、大型トラックばかり。

午前4時に雨に打たれながら、一人トボトボ歩く自分が流石に不憫に思えてくる。

 

ただ、自分で選んだ道。
誰のせいにも出来ない

マイノリティーの道を行くとは、そういうことだ。

 

■岡山県突入

福山市を抜けた後は、岡山県・笠岡市に入る。

初岡山だ。

 

さて、コンビニとともに、そこの地域性がよく表れるのが、交通文化である。

広島では、歩行者専用の信号が少なかったが、岡山に入ると、徐々に歩行者専用信号が増えてきた

車の走るスピードも少し遅くなった気がする。

電車やバスではなく、歩行者目線で旅をすると、こういうことによく気づく。

 

■金光教の町

雨がさらにひどくなり、休憩できるところはないかと立ち寄ったのが、
浅口市の金光町。

金光教という宗教が町の名前になっている。

今時珍しいな、と思いながら足を踏み入れる。

名前の通り、ここには立派な金光教の本部がある。
後でWikipediaで調べてみると、金光教とは幕末時に開かれた新興宗教の一つのようだ。

なんだか、町全体に金光教の文化が染み込んでいる感じで非常に興味深い。

ただ、休憩できそうな場所がなかったので、今回はゆっくりするのは見送った。

携帯の充電が切れていて、写真が撮れなかったのが惜しい。

 

■レトロな町・玉島

次に到着したのは、倉敷市の玉島。

ここもまたレトロな町である。

ここのレトロは、江戸時代劇に出てきそうなレベルだ。

どうして、ここまで昔の状態が残っているのかと不思議なくらいだ。

 

誠に個人的な所感であるが、岡山の町はなんだか謎めいていて面白い。

金光町にしても、玉島にしても、独特の雰囲気を醸し出している。

まるで、タイムスリップをした気分になれる。

時間にゆとりがあれば、もっとじっくり探索したい場所である。

 

■倉敷市

結局、倉敷市まで来てしまった。

この日は、44km歩いた。
我ながら、よく歩いた。
もうヘトヘトだ。

同じ距離なら、走った方がサクッと移動できるからある意味ラクだ。

10kmなら1時間ほどで走ることができるが、
10kmを歩くとなると、2倍以上の時間がかかる。

ウォーキングは、全体のワークアウト時間が長くなるという点でランニングよりもキツい。

ただ、いろいろ物思いにふけることができるのが、ランニングとは一味違う。

ランニングをしているときは、じっくり物思いにふけることができるほどの余裕はあまりない。

 

走っているときは、基本的にはバカになっているので、思考がシンプルになる

歩いているときは、どちらかというと、複雑化して物事を考える

 

どっちが良いというわけではないが、自分は普段から考え込んでしまうタイプなので、
「バカになれる時間」であるランニングの方が好きだ。

走っていると、いろいろどうでもよくなる

 

と、ランニングバカな自分を再認識したところで、今日は倉敷駅近くのホテルで休む。

 

[12日目・走歩行距離:44km]

 

日本縦断ラン 9~10日目(広島)

<9日目(4/10)>
広島県・東広島~広島県・三原市

 

●早朝ランのすすめ

ジョイフルで、一夜を明かした後、6時前に出発。
我ながら、健康的な生活リズムだ。

僕は普段から、早朝に走る。
(と言っても、夜も走るわけだが。)

朝はいろいろと邪魔が少ないからだ

夜に走ろうと思っても、予想外の仕事や用事が入ってしまい、走る時間がとれないことがよくある。

また個人的には、早朝にある程度走ってしまった方が、
「今日は既にこれだけ走ったから、夜はちょっと楽できるな。」
と、その日一日、ゆとりをもって過ごせるのが良い。

朝走らないと、
「今日は、朝走らなかった分、夜はこれだけ走らなきゃ」
と、一日中考えてしまう。

哀しいかな、これがランナーの性である。

 

●1kmを10分のペースで

20150410_083729

昨日は、脚の痛みを抱えながら一日中歩いたわけだが、今日は果たして走れるのだろうか。
恐る恐る、ゆっくり走ってみる。

やはり痛い。

だが、ちょこちょこ走ればなんとかいける。

それにしてもゆっくりだ。
GPSウォッチでペースを確認すると、1km走るのに10分近くかかっている。
早歩きくらいのペースである。

普段の練習は1km5分ペースで走っているので、同じ距離を走るのに2倍近くの時間がかかる。

なんとも情けないが、大丈夫。
速く走ることだけがすべてではない。

その時自分が出来ることを、ただ淡々とやるだけだ

 

ちなみに、マラソン用語にLSD(Long Slow Distance)というトレーニング方法がある。
ゆっくり長く走る、といういわゆる有酸素トレーニングだ。

ゆっくり走ることで普段使わない筋肉を鍛えることができる。
また、毛細血管の発達を促し、酸素を多く取り込める身体を作ることができる。

そして実は、ゆっくり走るときと速く走るときでは、使われるエネルギー源が違う。

端折って言えば、
速く走るときは、糖エネルギーが使われ、
ゆっくり走るときは、脂肪エネルギーが使われる。

そのため、体脂肪を落としたいなら、
ゆっくり走る方が良いと言われている。

ご参考までに。

 

●7時間、雨に打たれながら走る

恐らく、この日は日本縦断ラン始まって以来、最も過酷な一日だった。

20150410_093559 20150410_071629

まず、天候がずっと雨。

写真では分かりにくいが、かなりザーザー降りである。

しかも、中国地方の山道をずっと走るわけだが、
再び恐怖の“歩道なし国道”が現れる。

20150410_091328

雨で、路肩の路面状況も良くない。
足下と、車に細心の注意を払いながら走る。

大型トラックが巻き上げる水しぶきを体いっぱいに浴びながら。
毎日お仕事お疲れ様です。

20150410_092456

20km程走ったところで小休憩。
初めて見る卵の自動販売機にちょっと感動。

 

それにしても寒い。

隣町の三原市まであと20kmある

あたりを見渡すと、山と田んぼと、少しの民家だけ。
そして、田んぼの水が氾濫するほど雨が降り続いている。

本当に三原市まで辿り着けるのだろうか

 

だが、この雨だ。
なるべく一気に走り切ってしまった方が良い。

 

●誘惑とプライド

しかし、あまりにも過酷な状況にこんな考えが頭をよぎる。

誰か親切に
「車で送ってあげるよ。」
と、声をかけてくれないかなぁ。

今のところは一時避難して、また同じ場所から走りなおせばいいじゃないか。

と、妥協寸前だった。

 

でも、いざ「車で送ってあげるよ」と言われたら、

「いや、大丈夫です。車には乗らないと決めてるんで。」

って断るんだろうなぁ。

 

なんと、自分は頑固で扱いにくい人間なんだ。
うん、これで良いのだ。

 

周りに安易な期待はしない。
自分で走る。

 

と、気を引き締め直し、再び走り始めた。

 

●三原市

ようやく、三原市に到着。
修羅場を乗り越えた分、達成感がある。

距離的には40kmにも満たない短い距離(?)であったが、ずっと雨に打たれていた分、疲労感が酷い。

洗濯を済ませ、ホテルにチェックイン。
お風呂に入った後は、すぐに休んだ。

一日中、疲れ果てるまで走り続け、倒れ込むように眠る毎日。
ある意味、贅沢な生活だ。

[9日目・走歩行距離38km]

 

<10日目(4/11)>
広島県・三原市にて休養

 

●完全休養日

ここ数日、脚の痛みで思うように走れていない。
朝起きてもまだ痛みがあった。

ここで、思い切り休養をとり、痛みをとることにする。

これまでは、休養と言いながら一日中歩いたりしていて、あまり効果的な休養ではなかった。
今回は徹底して休もう

少しずつ進んでいくことも大事だが、
ある程度リフレッシュさせた状態で走ることも大切だ。

福岡のランナーの方からこんな言葉を頂いた。

「丸々1日休んだっていいじゃん。 休んだぶん、次の日は、もっと楽しく走れるよ。」

気持ちがラクになった。

 

この日本縦断ラン、各地にチェックポイントとそこまでのおおまかな到達期日を設定している。

そのノルマのおかげで、あまりランを楽しめていない自分がいた。

 

この際だから、走るのはきっぱり休んで
今日は、溜まっている仕事やブログ更新を一気に片づけてしまおう。

 

と、こんな日に限って、三原市は快晴

おいおい。
走りだしたくなってしまうじゃないか。

 

[10日目・走歩行距離1km]

 

日本縦断ラン 7~8日目(山口~広島)

<7日目(4/8>

山口県・岩国市~広島県・西広島

 

岩国からのろのろラン

 

相変わらず、左ひざは痛む。

のろのろと走る。

 

「ゆっくり、だが、着実に一歩ずつ。」

 

ランの先輩から頂いた言葉で、

このラン旅で、僕が常に自分に言い聞かせている言葉でもある。

 

3000kmを超える途方もない距離を走るわけであるが、一歩一歩着実に走っていけば必ずゴールは目の前に現れる。

 

「一歩一歩を楽しめ。」

 

 

広島県突入

20150408_095005

岩国を抜けると、広島県の大竹市に入る。

 

海の景色が増えてきた。

町の雰囲気も人の雰囲気も少し変わった気がする。

 

20150408_105131

しばらく走っていくと、かの有名な宮島が見えてきた。

 

しかし、僕は左ひざの痛みに悶えながら走り抜ける

 

正直あまり景色を楽しむ余裕がなかった。

 

 

西広島へ

20150408_151219 20150408_151340

 

今日は本当に我慢の走りだ。

黙々と一歩一歩走る。

いくつもの爆弾を抱えた脚を慎重に運んでいく。

 

精神的にも疲弊するためか、やたらと腹が減るので、間食が多い。

日本縦断ランをして、かえって太りそうなくらいだ

 

西広島に到着。カラオケを宿にすることにする。

ナイトパックで1500円程度。なかなかリーズナブルだ。

 

広島の店員さんはなんだか元気が良い。

 

[7日目・走歩行距離46km]

 

 

<8日目(4/9>

広島県・西広島~広島県・東広島

 

ウォーキングデー

 

どうも左ひざの痛みがひかないので、今日は休養日として、ウォーキングのみとする。

 

といっても、結局37km歩いたわけだが

 

それにしても、ウォーキングは、ランニングとはまた違った感覚を味わえる。

 

一言で表すと「暇」

 

ああ、高校時代や陸上競技部に属していた時代も、故障した時は惨めな気持ちで、トボトボ歩いていたな、と思い出す。

どうも暇なのだ。

 

いやいや、せっかくの日本縦断ランなんだぞ

楽しまないと損じゃないか

 

そうだ。

ウォーキングは良いトレーニングになると聞いたことがある。

ランニングとは違う筋肉を使うから、ランニングでは鍛えられない箇所を鍛えられるそうだ。

 

そう考えるとウォーキングも急に楽しくなってくる。


1
8時間も歩くとなると、楽しむためにいろいろ知恵を絞るようになる。

 

 

国道2号線の恐怖

20150409_135510 20150409_135512

2号線の一部はこんな感じである。

 

人が通ることを想定して造られていないようだ。

 

気は抜けない。

 

ラン旅が普及するためには、道路の整備も重要になってくるだろう。

すぐに実現できることではないが。

 

 

●東広島に到着

 

この日は、8時間歩いて、ようやく東広島に到着。

 

そして、宿を探す。

見つけたのは、再びジョイフル

 

いや、本当にお世話になります。
ジョイフル様。

 

[8日目・走歩行距離37km]