日本縦断ラン 5~6日目(山口)


<5日目(4/6>

山口県・周南市~山口県・光市

 

周南発、左ひざの激痛治まらず

20150405_183321

午前6時、周南のジョイフルを出発。

昨晩はあまり眠れなかった。

ほとんど座って寝ていたため、足がパンパンにむくんでいる。

靴がキツキツだ。

 

とにかくコンディションは良くない。

走り始めてみても、昨日の左ひざの痛みはひいていなかった。

ちょこっと走っては、ちょこっと歩いて、の繰り返し。

 

ううむ。

思い切り、休んだ方が良いのかもしれないが、今日はどうしても行かなければならない場所がある。

 

光市

山口県の光市で会う約束をしている人がいた。

20150407_134733

井上さん。

とても明るく優しい方だ。

初めてお会いしたのは、今年2月に僕の地元・奄美大島で行われたOSJジャングルトレイルという大会だった。

山口県から、遠く鹿児島県の奄美大島まで走りに来てくれた。さらに、その大会だけでなく、奄美で行われる他のレースにも多数出場されている“奄美ファン”である。

 

そんな縁で、今回の日本縦断ランでも会う約束をしていたので、必ず今日のうちに光市に辿り着かなければならない。

 

しかし、脚は痛い。

左脚を引きずりながら歩く。

そして、雨はどんどん強くなる。

 

走っている分には、身体が温まるので雨でも構わないのだが、歩いていると身体がもろに冷えてしまう。

これはかなりやられた。

 

しかし、公共交通機関は使わないという、これまた厄介なプライドがある。

 

とにかく、一歩一歩歩くのみだ。

 

結局17km4時間雨に打たれながら歩き、光市に到着。

約束の10時、なんとか無事に井上さんと合流できた。

 

休息日

流石に脚のコンディションが悪いので、午後からは光市でゆっくり休養をとることにする。

20150406_153604 20150406_193809

20150406_185904 20150406_101726

光市では、井上さんとそのランニング仲間の方たちのお世話になった。

たくさんご馳走して頂き、ランニングのお話をたくさんして盛り上がった。

本当に楽しい時間を過ごすことができた。

 

彼女たちもちょうど昨日、さが桜マラソンを走ったばかりだという。

お互い、実によく走る。

 

また、いろいろな話をする中で、皆さんが僕に対して、「すごいねー」「偉いねー」と褒めちぎってくれるのだが、なんてことはない、僕は自分の好きなように走っているだけだ。

 

もちろん、褒められて嫌なわけではない。

とても有難いことには間違いない。

 

ただ、自分のやっていることが褒められることに対して、どこかまだ困惑の気持ちがあった。

 

[5日目・走歩行距離17km]

 

 

<6日目(4/7>

山口県・光市~山口県・岩国市

 

光市応援団に見送られて

 

なんと、井上さんたちが僕のランニングを車で先導してくれるという。

国道は歩道がなくて危険だから、もっと安全な近道を先導してくれるとのこと。

 

いやいや、どんだけ優しいんですか。

 

もう走りながら感謝感激である。

 

左ひざの痛みはだいぶ良くなっていた。

この日の午前中は一気に34km走った。

20150407_094453 10933887_1637497423136451_4745571887893009310_n

11091174_749536991829841_8296366422708694611_n 20150407_101156

光市応援団のおかげで、とても楽しく走ることが出来た。

本当にありがとうございます。

 

すると、光市応援団の方からも「元気をもらえた」「涙が出てきた」なんていう言葉まで頂いた。

 

いやいや、自分なんて本当に好きなように走っているだけなのに・・・。

 

でも、そう言っていただけるのは、この上ない喜びである。

自分が走る理由がまた一つ増えた気がする

 

 

玖珂から岩国へ

午後は、再び左ひざが痛み始めたが、ちょこちょこ走ればなんとかなりそうだ。

あとは、普段使わない筋肉を使って走る。

膝への衝撃を減らすために、大腿で衝撃を吸収するようにして走る

 

徐々に寒風が吹いてくるようになってきた。

走るスピードが上がらないため、身体が冷える。

 

岩国に着くころには、完全に身体が冷え切ってしまっていた。

夜はさらに寒くなる。

 

野宿は諦め、ビジネスホテルに宿泊。

 

15940円。

 

なかなか値段が張ったが、仕方ない。

しかも、またwi-fiが使えないという。

 

とにかく、疲れ果てていたので、さっさと休んだ。

 

ちなみに、岩国でテレビをつけると、既に広島の放送局のようで、カープの情報ばかり流れていた。

ちょっとした変化が面白い。

 

[6日目・走歩行距離59km]

 

投稿者:

Kazuma Uehara

鹿児島県・奄美市出身。
1992年生まれ。
2015年、走って日本縦断を達成。

One thought on “日本縦断ラン 5~6日目(山口)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です