日本縦断ラン 9~10日目(広島)


<9日目(4/10)>
広島県・東広島~広島県・三原市

 

●早朝ランのすすめ

ジョイフルで、一夜を明かした後、6時前に出発。
我ながら、健康的な生活リズムだ。

僕は普段から、早朝に走る。
(と言っても、夜も走るわけだが。)

朝はいろいろと邪魔が少ないからだ

夜に走ろうと思っても、予想外の仕事や用事が入ってしまい、走る時間がとれないことがよくある。

また個人的には、早朝にある程度走ってしまった方が、
「今日は既にこれだけ走ったから、夜はちょっと楽できるな。」
と、その日一日、ゆとりをもって過ごせるのが良い。

朝走らないと、
「今日は、朝走らなかった分、夜はこれだけ走らなきゃ」
と、一日中考えてしまう。

哀しいかな、これがランナーの性である。

 

●1kmを10分のペースで

20150410_083729

昨日は、脚の痛みを抱えながら一日中歩いたわけだが、今日は果たして走れるのだろうか。
恐る恐る、ゆっくり走ってみる。

やはり痛い。

だが、ちょこちょこ走ればなんとかいける。

それにしてもゆっくりだ。
GPSウォッチでペースを確認すると、1km走るのに10分近くかかっている。
早歩きくらいのペースである。

普段の練習は1km5分ペースで走っているので、同じ距離を走るのに2倍近くの時間がかかる。

なんとも情けないが、大丈夫。
速く走ることだけがすべてではない。

その時自分が出来ることを、ただ淡々とやるだけだ

 

ちなみに、マラソン用語にLSD(Long Slow Distance)というトレーニング方法がある。
ゆっくり長く走る、といういわゆる有酸素トレーニングだ。

ゆっくり走ることで普段使わない筋肉を鍛えることができる。
また、毛細血管の発達を促し、酸素を多く取り込める身体を作ることができる。

そして実は、ゆっくり走るときと速く走るときでは、使われるエネルギー源が違う。

端折って言えば、
速く走るときは、糖エネルギーが使われ、
ゆっくり走るときは、脂肪エネルギーが使われる。

そのため、体脂肪を落としたいなら、
ゆっくり走る方が良いと言われている。

ご参考までに。

 

●7時間、雨に打たれながら走る

恐らく、この日は日本縦断ラン始まって以来、最も過酷な一日だった。

20150410_093559 20150410_071629

まず、天候がずっと雨。

写真では分かりにくいが、かなりザーザー降りである。

しかも、中国地方の山道をずっと走るわけだが、
再び恐怖の“歩道なし国道”が現れる。

20150410_091328

雨で、路肩の路面状況も良くない。
足下と、車に細心の注意を払いながら走る。

大型トラックが巻き上げる水しぶきを体いっぱいに浴びながら。
毎日お仕事お疲れ様です。

20150410_092456

20km程走ったところで小休憩。
初めて見る卵の自動販売機にちょっと感動。

 

それにしても寒い。

隣町の三原市まであと20kmある

あたりを見渡すと、山と田んぼと、少しの民家だけ。
そして、田んぼの水が氾濫するほど雨が降り続いている。

本当に三原市まで辿り着けるのだろうか

 

だが、この雨だ。
なるべく一気に走り切ってしまった方が良い。

 

●誘惑とプライド

しかし、あまりにも過酷な状況にこんな考えが頭をよぎる。

誰か親切に
「車で送ってあげるよ。」
と、声をかけてくれないかなぁ。

今のところは一時避難して、また同じ場所から走りなおせばいいじゃないか。

と、妥協寸前だった。

 

でも、いざ「車で送ってあげるよ」と言われたら、

「いや、大丈夫です。車には乗らないと決めてるんで。」

って断るんだろうなぁ。

 

なんと、自分は頑固で扱いにくい人間なんだ。
うん、これで良いのだ。

 

周りに安易な期待はしない。
自分で走る。

 

と、気を引き締め直し、再び走り始めた。

 

●三原市

ようやく、三原市に到着。
修羅場を乗り越えた分、達成感がある。

距離的には40kmにも満たない短い距離(?)であったが、ずっと雨に打たれていた分、疲労感が酷い。

洗濯を済ませ、ホテルにチェックイン。
お風呂に入った後は、すぐに休んだ。

一日中、疲れ果てるまで走り続け、倒れ込むように眠る毎日。
ある意味、贅沢な生活だ。

[9日目・走歩行距離38km]

 

<10日目(4/11)>
広島県・三原市にて休養

 

●完全休養日

ここ数日、脚の痛みで思うように走れていない。
朝起きてもまだ痛みがあった。

ここで、思い切り休養をとり、痛みをとることにする。

これまでは、休養と言いながら一日中歩いたりしていて、あまり効果的な休養ではなかった。
今回は徹底して休もう

少しずつ進んでいくことも大事だが、
ある程度リフレッシュさせた状態で走ることも大切だ。

福岡のランナーの方からこんな言葉を頂いた。

「丸々1日休んだっていいじゃん。 休んだぶん、次の日は、もっと楽しく走れるよ。」

気持ちがラクになった。

 

この日本縦断ラン、各地にチェックポイントとそこまでのおおまかな到達期日を設定している。

そのノルマのおかげで、あまりランを楽しめていない自分がいた。

 

この際だから、走るのはきっぱり休んで
今日は、溜まっている仕事やブログ更新を一気に片づけてしまおう。

 

と、こんな日に限って、三原市は快晴

おいおい。
走りだしたくなってしまうじゃないか。

 

[10日目・走歩行距離1km]

 

投稿者:

Kazuma Uehara

鹿児島県・奄美市出身。 1992年生まれ。 2015年、走って日本縦断を達成しました。

“日本縦断ラン 9~10日目(広島)” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です