ヨーロッパランに向けたクラウドファンディング実施のお知らせ


●現在、走って日本縦断中の僕ですが、これを終えた後は、世界各地を走ってこようと思っています。

第2弾は“ヨーロッパラン”

資金面では、クラウドファンディングを活用します。

 

●まず「クラウドファンディングとは何ぞや」というところから

一般的には「ネットを利用した寄付金集め」と説明されることが多いです。

ところが、この「寄付」という捉え方はふさわしくありません。

クラウドファンディングでは、あるプロジェクトに対して支援者がお金を支払い、そしてプロジェクト実行者は、支援者に対して相応のお返し(リターン)をしなければなりません

つまり、クラウドファンディングで100万円集めたならば、100万円以上の価値を提供する必要があります。

「寄付」ではなく、「事前購入」をするという考え方です。

よって、クラウドファンディングで集まったお金は、会計処理上も「売上」として計上されます

 

●現在のプロジェクトのお財布状況

日本縦断ランでは、宿泊費、食費等に関して、僕が去年1年間かけてバイトで稼いだお金を使っています。
(フルタイムと夜勤のバイトを掛け持ちしたり…)

ただ、貯金を食い潰しながら走っているので、とても継続的なプロジェクトとは言えません

バイトで稼いで、走って旅をして、またバイトで稼いで、走って旅をして…

というのも美談っぽくて良いものですが、人生一度きりとするならば、バイトで稼ぐ時間がもったいないと僕は考えてしまいます。
(もちろん、バイトから学ぶことも多いですが。)

 

●では、何か価値を提供しながら(収入を得ながら)、「走る旅」を続けることはできないか?

僕はこのプロジェクトを通して、本当に応援されてばかりです。
応援があるから走れています。

だから、それに対して僕なりの価値を創っていきたい

旅の経験をシェアすることはもちろん、支援者に対するリターンとして、オリジナルゴムバンドTシャツ等の製作も現在進めているところです。

※詳しいリターン内容は、リンクをご覧下さい。

 

自分が今やってることにどれだけの価値があるかを試す

大学を卒業し、企業にも就職しなかった以上、「自らお金を稼ぐ」ということにいつまでも目を背けてはいられません

もちろん、人からお金を頂くということは簡単なことではありません。

ただ、やってみないと分からない。

見切り発車です。
経験も浅いです。
至らないところはたくさんあるかと思います。

上手くいかなければ、より価値があるものを提供できるように改善を重ねるのみです。

 

これからも僕の「走る旅」を楽しみにしてくれる方がいらっしゃれば、是非ご協力頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

https://faavo.jp/fukuoka/project/581

投稿者:

Kazuma Uehara

鹿児島県・奄美市出身。 1992年生まれ。 2015年、走って日本縦断を達成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です