コメント

    • 上原 ヱリ子
    • 2015年 5月 11日

    今、初めて知ったことだけど、私のこのコメントも誰か他の人が読むことができるの?
    (白川郷)の方のコメントが公開されているので何気に読ませてもらいました。
    目には見えないけれど暖かさが伝わる内容なので、こちらまで嬉しくなるけれどこれって、我が家の事情の踏み込んだところまでは書けないって事なの?う。。。。。。ん。???

    毎日、外にいるわけだから、日焼けも半端ないね。UVカットのクリームは塗っているの?
    節約生活だろうからそんなものに金は使わないかな。
    男性は肌のきめも粗いし、肌のケアも無頓着だから、そのままほっとくと真っ黒で髭も伸び放題だともう立派なホームレスだからね。姉弟一の色白で美肌だったのに見る影もなくなりましたね。
    行く先々で親切にしてもらっているようで安心もしているのだけれど、何せ、私たちが経験したことの無い生活だから想像するにも限界があるのよ。
    おじいちゃんに話したら絶句していました。親が金を送っているからそんなことが出来るんだと疑惑の目を向けられた。
    完全否定したけど納得してないねあの顔は。
    価値観が違うと言えばそれまでだけど、あの時代のひとには理解してと言ってもとても、とても無理。
    私の場合は半分ぐらいわかる気がする。未だに自分探しをしているところがあるしね。モリトリアムしてるだけだったかもしれないけれど、ある時、言われたんだよね、”~さん、もう、夏休みってないんだよ。学生じゃないんだから。”
    はっとしたのね。そう、毎年夏休みは来る物だったのよ。学生時代が終わったという認識が無いから学生気分のまま何か良いことを待っているような。。。。。。
    その言葉が強烈に胸に刺さってからは超現実的な生活に自然に馴染んで言った様な。。。。。。
    貴方をみているとつい自分の青春時代がおもいだされますね。
    家入一真という人の本で”お金がおしえてくれること”を読みました。
    若い人にとっていい時代なのかも知れないね現代は。選択肢がいっぱいだ。

    選択肢が”国の為に死ぬこと”だった興太郎じいちゃんの本がワシントン大学にあるらしいことはしっているよね。
    いよいよ。6月8日~16日の予定でそれを確かめる旅に出発します。ついでにニューヨークまで足を延ばして楽しんでくるね。
    久しぶりの海外旅行だからちょっぴり不安かな。
    我々が帰国しても貴方はまだ、青函トンネル辺りなのかな???
    怪我とか病気とかにならないでね。祈ることしかできないよ。離れているのだから。

    朱里があなたがお世話になった人達(大阪に転勤になったおじさま、白川郷の渡邊さん)にfacebookでお礼を伝えたら、
    すぐにお返事をもらってこちらまで知り合いになった気分になりました。

    HAPPY BIRTHDAY !のつもりだったのに長々文になったね。
    おおいに悩んで、考えて、全然、答えが見つけられなくても、まっ、いいかで終わっても、考えたことを実行したことは
    ひとつの答えにはなるんだろうなあ。書いていて訳が分からなくなっている母より。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ◆9ヶ月後の告白 今更ではあるが。 9ヶ月前の3月1…
  2. 『阿蘇「熊本地震」復興応援ピクニックラン』 …
  3. 「ただ悩みたいだけの人」がいる。 …
  4.      18日22時 【阿蘇周辺で役に立つかもしれ…
  5. 鹿児島マラソン2018 今シーズン最後のフルマ…
  6. 凄い揺れですが、ひとまず怪我なく生きてます。 Bi…
  7. Team阿蘇RC 2018年走り初め~初詣ラン~ …