走ることと旅することが好き。2015年走って日本縦断を達成。「走」「旅」をメインに発信。海外のマラソン陸上情報なども。

走×旅 ~Running Journey~

旅 Journey 日本縦断ラン

日本縦断ラン 73~74日目(山形)

更新日:

Pocket

<73日目(6/13)>

山形県・山形市

 

●山形市にて連泊

 

山形市の宿、ミンタロハットの居心地が良いので連泊

スケジュール的にも急いでいない。

 

昨晩は、深夜2時半までゆんたくが続き、就寝したのは深夜3時

 

だが、昨日の昼間にしっかり休んだこともあって、

今朝は5時半起床

 

軽く汗を流しに、山形城の周りを走って来よう。

 

●霞城公園・山形城

20150613_063738 20150613_063757 20150613_064604

 

山形城の周りには、博物館美術館野球場もあり、

そこら一帯が市民の憩いの場となっている。

 

久しぶりに、バックパックの重みから解放されて走る。

ペースはゆっくりだが、やはり走りの感覚が全く違う。

 

20150613_065734 20150613_070036 20150613_070823

 

緑に囲まれて、砂利道などの不整地を走る。

これが良いリラックスになる。

 

公園内には、ラジオ体操をしている年配の人々がいる。

ジョギング散歩している人々、少年野球チームをポツポツ見えてきた。

 

穏やかな土曜日の朝だ。

 

40分程走り、軽く汗を流したところで宿に戻った。

 

 

●ミンタロ英会話レッスン

 

宿に戻って朝食をとり、他のゲスト達と話をしたりして過ごす。

午前10時から、昨日と同様に英会話レッスンが始まる。

 

興味があったので、僕も同席させてもらった。

 

英会話からどんどん話が盛り上がり、終いにはほとんど日本語でお喋り

 

まあ楽しかったから良いのである。

 

地元の方でなければ知らないような歴史話も沢山聞けた。

歴史というものは、案外、口伝によるところが重要なのかもしれない。

 

 

●ゆんたく~第二夜

 

そして、今夜もゆんたく

登山をしに来た方たちや、越県した高校生の息子に会いに来た福島のご夫婦

素敵な民謡を披露してくれた方。

オーナーとそのお仲間の方たちの合唱も聴けた。

 

常連さんから、初めての方まで、賑やかなゆんたくの時間が今宵も流れる。

 

宿代にお金をかけたくないのであれば、毎日野宿していれば良い。

寝ることだけが目的であれば、それが一番安上がりである。

 

それでも僕がゲストハウスに足を運ぶのは、

寝るだけではない別の魅力があるからだ。

 

[73日目・走歩行距離:6km]

 

 

<74日目(6/14)>

山形県・山形市~山形県・東根市

 

●山形市発

2日間お世話になったミンタロを発つ。

人と話して、ぐっすり眠って、体力・気力共にしっかり充電できた。

素敵な時間をありがとうございます。

 

 

山形市を出た後はぐるっと右にカーブを描いきながら進み、宮城県白石市を目指す。

そこで友人と会う約束があるのだ。

 

白石市は、方角的には山形市より東南に位置するため、南下することになる。

 

この日本縦断ラン、全然最短ルートを行っていない

この迷走感が良い。

いっそのこと日本迷走ランでも良い。

 

 

●天童市

20150614_151851 20150614_110734

10kmちょっと走って辿り着いたのは、

山形県・天童市

 

将棋温泉が有名な町だ。

 

巨大な王将の駒を掲げているお店が何度も目に入る。

歩道のタイル将棋盤になっているところもある。

 

20150614_110739

日曜日ということで、道の駅・天童温泉家族連れでごった返していた。

何やら公園でイベントもやっているようだ。

 

この先の長い山道に入ると、こういう人影も見かけなくなるのだろう。

 

●東根市

20150614_160456

道なりに進んでいく。

道が狭くなっていき始め、気付けば、東根市に入っていた。

 

さくらんぼ園が両脇に何度もその姿を現す。

 

20150614_170758 20150614_172754

その奥には、山形県と宮城県を隔てる奥羽山脈が見える。

その均整のとれていない山の姿は荘厳だ。

僕では想像もつかないような長い年月をかけて形成された姿なのだろう。

 

 

緩い上り坂をしばらく走っていくと、山がその姿を次第に大きくしてきた。

 

この道は国道48号線で、山形市と仙台市を結んでいる

そのため、道幅の狭い山道ではあるが、その交通量は大変多い

もちろん、の話だ。

歩行者は見かけることはできない。

 

20150614_174044 20150614_174151

山並みの奥へと進んでいくと、大滝というちょっとした観光スポットに辿り着く。

 

この先の作並温泉までは、15km程で、それまではお店も何もないという。

今夜は、ここで休むのが賢明そうだ。

 

20150614_175407

夕食に串団子を一本頂く。

観光地値段なので、あまりたくさん食べれないというのが正直なところ。

 

20150614_185041

それにしても、この場所、これまで野宿してきた中で一番の山奥だ。

 

幸い、男子トイレと女子トイレの間にベンチがあって休めそうなところがある。

ここだと夜の冷え込みもしのげるし、車通りも多いのでクマが出る確率は低そうだ。

 

しかし、夜でもそこそこの交通量がある道のトイレである。

人の出入りが多い

毎回とは言わないが、頻繁に目が覚めてしまう

 

とはいえ、全く人気のない暗闇の山中で寝るよりはマシだ

そう思いながら細切れに睡眠をとる。

 

 

[74日目・走歩行距離:29km]

 

 







人気の記事

1

いろいろ自分をオープンにしてみようキャンペーン。   「ぶっちゃけ日本縦断するのにいくらかかったの?」 という話。   結構尋ねられることが多いので公開します。   トー ...

2

  走って日本縦断しているとき、 「荷物は何が入ってるの?」 と聞かれることも多かったので、 今回は日本縦断ランを共にした荷物たちを公開しようと思う。 バックパック まず、なんといってもこれ ...

3

「走ることの何が楽しいの?」   これはもう、めちゃくちゃ聞かれます。 あらゆる人から。   ほとんどのランナーに共通する悩みというか、あるあるというかそんな感じでしょうか。 &n ...

4

5ヶ月間で3700kmを走る日本縦断ランを終えて、僕の周りの方々からよく言われるようになった言葉がある。     「きっととても成長しただろうね」 「一回りも二回りも大きくなったは ...

-旅 Journey, 日本縦断ラン

Copyright© 走×旅 ~Running Journey~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.