日本縦断ラン 113~114日目(青森)

<113日目(7/23)>     

青森県・藤崎町~青森県・青森市、蓬田村

 

藤崎町発

20150723_050015

 

午前4時半、頬をポツリポツリと打つ雨に起こされる。

 

雨が降りだしたようだ。

屋根がないところで寝ていたので直接雨に起こされる形となった。

 

20150723_051146

次第に雨が大降りになったので、場所を移動した。

大降りになったのが真夜中ではなくて良かった。

 

20150723_061547

6時前になると徐々に雨足が弱くなってきたので出発する。

 

今日は夕方までに青森市で人と会う約束があるので、早いうちに進んでおかなければいけない。

 

 

●浪岡

雨が降る中、なだらかなアップダウンを走り続ける。

ペースは1km6分前後

 

20150723_070057  20150723_061547

10km程走って青森市に入ると、まずは浪岡という町が見えてくる。

 

立派な道の駅があったがスルー。

 

雨の日に何度も止まるのはあまり良くない

走るのを止めると、雨で濡れた身体が冷えてしまうからだ。

それに着替えも残り少ない。

 

20150723_130245

とはいえ、青森市街まで一気に34km走るのはキツいので、16km地点のバス停で休憩を兼ねて雨宿りする。

 

雨は土砂降りではないが、それでも2時間も打たれていると身体はびしょ濡れになった。

 

 

地方のバス停に待機していると地元の老婦人たちに話しかけられる。

 

しかし、何を言っているか聞き取れない

まるで外国語である。

 

ただ、ここの人達は標準語に割とうまく切り替えられるようで、そうしてもらえば問題なく会話できる。

 

後で聞いたところでは、津軽弁と標準語はほとんど別物であるから逆に切り替えやすいという。

 

 

●青森市

20150723_131606

浪岡から再び走り始め、青森市街を目指す。

 

雨は止んだが、また蒸し暑い気候となった。

 

それでも走りの調子は悪くなく、なだらかな起伏のある道を1km5分40秒程のペースで走る。

 

20150723_143817 20150723_151217 20150723_154809

16km走って青森市の中心地に到着した。

 

青森駅県庁があるエリアだ。

時刻は3時過ぎ

 

それから、夕方に会う予定の人と連絡をとる。

 

 

●蓬田村(よもぎだむら)

 

会う約束をしていた方が住むのは蓬田村(よもぎだむら)という村だった。

青森市から津軽を北へさらに10km進んだところにある。

 

人と会う状況なので、青森市から蓬田村までは例外的に電車を使って向かった

 

3ヶ月前、長野県・売木村へ向かう際にも例外的に電車に乗ったのだが、電車に乗るのはそれ以来である。

 

これだけ電車に乗る機会が少ないと、いざ電車に乗るときに違和感がある。

 

余談だが、島育ちの僕は電車のない土地で18年間育った。

一人で切符を買って電車に乗ったのは大学受験の時が初めてだった。

 

そう考えると、元々電車に依存したくないという意識があるのかもしれない

 

11752004_1497301863895419_1691973220637072237_n 11162077_1497483483877257_6565187277741756122_n 11218866_1497483533877252_500832151607947779_n

 

兎も角、蓬田村に到着した。

 

ここでBBQの用意をして出迎えてくれたのは石田さん

仙台でお世話になった奄美料理店を営む大五郎さんを経由して、Facebook上で知り合った。

 

夜には蓬田村の消防団の方たちもたくさん集まって楽しい時間を過ごした。

 

20150723_181914

蓬田村の名産はトマト

一度にこれだけたくさんのトマトを食べたのも初めてだが、もっと驚かされたのはその甘さである。

蓬田のトマトを食べたらトマトの概念が覆りかねない。

 

 

百姓の村である蓬田は石田さんをはじめ、多くの人がトマト農園を持つ。

この夜も、トマトの品種育て方、さらには市場の状況流通売り方まで、様々な議論が熱くかわされた。

一次産業の生産者たちの自らの仕事へ誇りに圧倒されんばかりであった。

 

こうした生産者の姿が末端消費者の目に触れる機会はそれほど多くないのではないか。

そうした思いが頭をよぎった。

20150723_192934

 

[113日目・走歩行距離:34km]

 

 

 

<114日目(7/24)>     

青森県・蓬田村

 

●蓬田村にて休養

 

昨晩は、蓬田村で石田さんのご自宅に泊まらせていただいた。

布団でゆっくり寝たのは岩手の盛岡以来、3週間ぶりだった。

 

また、本州最北端の青森県まで辿り着いたということで、北海道を走る前にしばらく休養期間をとり身体をリフレッシュさせることにした。

 

20150724_140613

午前中ゆっくり過ごした後、石田さん一家と共に海水浴へ。

 

海岸線沿いにある蓬田村はすぐそばに海がある。

津軽海の幸も豊富だ。

 

海岸にはまだほとんど人がおらず、海はよく透き通っている。

 

海の向こうに見える大陸は下北半島だろうか。

天気が良い日は、この場所から北海道が見えることもあるという。

 

 

●百姓の仕事

20150724_185453 20150724_185412

家に戻ってからトマトのパック詰めなどを手伝わせてもらった。

 

収穫したトマトが大量に運ばれてくる。

これでも今日は少ない方だという。

 

この美味しいトマトが店に並び、人々に買われ、食べられるのだと考えると、パック詰めをしながらなんだか嬉しくなる。

 

農業の楽しさを垣間見た気がした。

 

20150725_094326 20150725_094212

昨今、農業は変革の時だと言われている。

 

ただ作るだけが農業ではなくなった。

生産量収穫量を計画・コントロールし、販路売り方までよく考えなければならないという。

 

会計をかじっている僕としては、農業会計といった分野も面白そうだと思った。

 

 

この旅で多くの地域を見たり人に会ったりしながら、様々な仕事の仕方や生き方を知ることが出来る。

 

いつ、どこに何があり、それらがどう繋がっていくか分からないから旅は面白い。

 

 

[114日目・走歩行距離:0km]

 

日本縦断ラン 111~112日目(青森)

<111日目(7/21)>     

青森県・平川市~青森県・弘前市

 

●平川市碇ヶ関発

20150721_063055

5時起床

昨夜は温泉に入ったので気持ち良く眠れた。

涼しい気候で、夏の虫に煩わされることもなかった。

20150721_063130

ゆっくり準備をして6時半に出発。

少しずつ運送会社の車が道の駅に寄りだしてきた頃だった。

 

今日は弘前市を目指して走る。

ペースは1km6分前後

 

柔らかい雨が降っている。

 

 

●大鰐町

20150721_065826 20150721_071610 20150721_081235

なだらかなアップダウンをいくつか越えて辿り着いたのは、青森県・大鰐町

 

一見するとそれほど大きい町ではないようだが、住人は元気が良い

朝から地元の人たちの楽しそうな会話が聞こえてくる。

20150721_081539

駅前にある観光物産館・交流センター「鰐come」といって、温泉レストラン多目的スペースなどの施設を整えている。

 

早朝から午後に近づくにつれ、地元産の野菜果物が次々と運ばれてくる。

 

地元のお年寄りたちが大勢バスに乗って温泉に入りにやってくる。

 

たちまち、駅前エリアは賑やかな雰囲気に包まれていった。

 

まさに「人が地域を創っている」という印象だ。

 

20150721_081309

大鰐町で朝食を済ませると、雨が本降りになってきたのでしばらく駅で雨宿り。

駅は広く、テレビも置かれているので退屈しない。

 

20150721_134848

休憩を終え、再び走り始める。

午後になると、天気は一変し快晴となった。

朝の雨で蒸し暑さが残る中、鋭い日差しが肌に突き刺さる。

 

そんな気候で走っているので、汗が止めどなく噴き出してくる。

服は汗で濡れ、水を被ったかの如くの様子で走り続けた。

 

 

●弘前市

20150721_140343

10km程走ると弘前市に入る。

 

20150721_142420

 

街の外れにそびえ立つ岩木山を眺めながら走る。

きれいな三角形の山だ。

 

山の後ろには、油絵で描かれたような重厚感のある入道雲が視界に入る。

その景色はまるで動きを見せず、大きく構えている。

 

20150721_145642

やがて城下町らしい街並みになって建物や車、人が増えてきた。

 

20150721_150641 20150721_152201

西洋風のレトロな建物も多く目に入る。

現代的な街並みに、和風城下町ハイカラな雰囲気が不自然なく調和している。

 

20150721_162932 20150721_163802 20150721_164310

弘前城の広い敷地の周りには、運動公園テニス場などがあり、ランニングにも適していそうだ。

 

そう思っていると、案の定地元の高校生たちが走り込みに励んでいた。

 

城の周りを歩いていたときに声をかけてくれた人は、かなり高いテンションで応援してくれた。

そういえば、街を歩く人はみな表情が明るいように見える。

 

厳しい暑さと湿度の中走り、歩き続けてきたので多少くたびれた。

 

市内で夕食を済ませ、今日はネットカフェに泊まる。

 

 

[109日目・走歩行距離:25km]

 

 

 

<112日目(7/22)>     

青森県・弘前市~青森県・藤崎町

 

弘前市発

20150722_044703

4時半に起きて弘前市内のネットカフェを出発する。

ところが、睡眠は1時間半ほどの仮眠しかとっていない。

 

というのも、ネットカフェに入っているのに寝るのが勿体ないという心境で映画ばかり見ていたのだ。

 

案の定、疲労が取れていない上、踵の痛みがさらに酷くなっていた。

 

自業自得ではあるが、割と悲惨な身体のコンディションだったのでこの日はウォーキングのみに。

 

20150722_120016 20150722_122525

この日は昨日以上に暑かった。

特に湿度が高いので、歩いているだけで蒸された身体から汗が噴き出してくる。

こういう日のウォーキングは精神的に参ってくる

 

余談だが、僕は歩いている時に気を紛らわすつもりで、よくお気に入りの洋画英語セリフをつぶやいている。

 

最近はそれにハマりだして、ネットから英語スクリプトを紙に書きだして暗記。

ひたすらそれをつぶやきながら歩いたり走ったりしている。

 

傍から見たら不審極まりないが、走りつつ英語のトレーニングも出来て一石二鳥である。

 

 

●藤崎町

20150722_124857 20150722_125045

10km歩いて、弘前市の北に位置する藤崎町に到着。

 

汗だくの状態でスーパーのクーラーを浴びると物凄く寒い。

この気温差で体調を崩さないようにしなければ。

 

20150722_131417

スーパーの休憩スペースで、弘前市で調達した本を読み漁りながら午後の時間を過ごす。

 

ここのスーパーは地元の中高生たちの溜まり場のようだ。

傍では、ママ友が会話を楽しんでいる。

勉強する主婦や一人で昼間の酒を嗜んでいるおじちゃんもいる。

 

地方のスーパーは単なる「買い物する場所」ではいけないのかもしれない。

 

そして、いつものように閉店間際の値下げ惣菜で夕食を済ませた。

 

この日は熱帯夜

外でも寝袋は要らない程の暑さだったが、虫除けのために堪えて寝袋に包まって寝た。

 

 

[112日目・走歩行距離:10km]

 

日本縦断ラン 109~110日目(秋田~青森)

<109日目(7/19)>   

秋田県・大館市  

 

●大館市にて休養  

昨晩はネットカフェで溜まりに溜まったブログ更新をひたすら片づける。

下書きだけは書いていたのでなんとか間に合った。

 

だが、その他の作業も重なり2時間弱しか眠れなかった

 

睡眠不足ということもあり、この日は大館市内で休養することにする。

 

足底の強張りが酷くなってきた。

のあたりを揉むと激痛が走る。

 

今まで踵を痛めることは殆どなかった。

だから原因は恐らくランニングではなく、走った後にそのまま何kmも歩き続けることだと思われる。

走った直後の疲労が足底に残ったまま歩き続けることで、その負荷が踵にかかっているのかもしれない。

 

走る分にはそれほど問題ないので、深刻な怪我にならようにケアしていきたい。

 

少し大館市内を歩いた後、街の北にあるイオンで読書などしながら過ごす。

ここでも地元の方に差し入れを頂いた。

20150719_111851

 

店内はクーラーが効いていて震えるほどに寒い

僕はジャージを二枚着していた。

 

毎年この時期になると熱中症で倒れる人のニュースを頻繁に聞くが、

個人的にはその原因はクーラーの効いた室内と暑い屋外の温度差だと思う。

 

要は、人間はクーラーに慣れ過ぎてしまい、外の暑さに耐えられなくなったのではないか、と。

 

僕は自宅では真夏でもクーラーは使わない。

クーラーを浴びると逆に体調が悪くなるからだ。

 

とは言ったものの、生鮮食品を扱うスーパーでクーラーを効かせるのは仕方ないことなのだろう。

だが、生鮮食品を扱っているわけでもない、例えば銀行や郵便局でクーラーが効きすぎているのが僕には辛い。

取り留めもないことを書いた。

この晩は、イオンのベンチで寝させてもらった。

 

[109日目・走歩行距離:4km]

 

<110日目(7/20)>     

秋田県・大館市~青森県・平川市

 

●大館市発

午前5時半に起床。

イオンのベンチで寝ていたところ、朝勤務のおばちゃんたちと少し話した後、7時に出発する。

20150720_071029

 

昨晩は一晩中雨が降っていたようで少し肌寒い。

日本各地で梅雨が明けていく中、ここ秋田はまだ入梅したばかりなのだ。

 

だが雨模様だったのは早朝だけで、次第に青空が姿を見せ始め日差しが強くなってきた。

20150720_080924 20150720_080436 20150720_090705

 

辺りの景色は、平地の田園風景から険しい山道に変わっていった。

前方にはいくつもの山々がそびえ立っている。

 

この峠を越えると青森県に入る。

遂に本州最北端の県である。

 

●矢立峠

20150720_084537

それほど急ではなかったが、いくつか大きなアップダウンを走り続ける。

 

秋田県と青森県を分かつこの峠は矢立峠という。

かつて多くの偉人達もこの峠を越えていったというから感慨深い。

 

道の傍には立派な秋田杉が空高く真っ直ぐに伸びている。

20150720_092313 20150720_092408

そして、この矢立峠を丁度上りきったところにある道の駅で休憩をとる。

 

運良く、馬肉煮込み定食半額で500円だったのでそれを頂いた。

20150720_114312

ここで日本一周二週目のチャリだーにも会った。

その方は北海道を回ってきたばかりだそうで、最北端の宗谷岬6月でも気温が10℃を切っていたという。

恐ろしい。

 

 

●平川市碇ヶ関

しばらく道の駅で休んだ後、再び走り始める。

20150720_154303 20150720_154609

県境はすぐそこにあった。

青森県突入だ。

 

あまり実感が湧かないが福岡からここまで走ってきてしまったことになる。

そしてこれからもただ走り続けるだけである。

やり切った後に見えてくるものがあるだろうと信じながら。

 

20150720_162046 20150720_162615

やがて小さな集落が見えてくる。

 

青森県に入ってから、心なしか民家が密集しているように見える。

秋田や岩手ほど面積が広くないからだろうか。

 

20150720_162947 20150720_163112 20150720_163252 20150720_165804

青森に入って初めての町は、平川市碇ヶ関

津軽の玄関口である。

 

3連休の最終日ということもあってか道の駅の中は賑わっていた。

そうでなくても訪れた人を何かワクワクさせるような観光案内や展示物が多い。

 

関所の門構え江戸時代風の建物も見ていて楽しい。

 

20150720_170203

 

道の駅に隣接する温泉に入る。

入湯料は300円。

 

かつて、吉田松陰伊能忠敬らも矢立峠を越えて津軽に入る際、この湯で旅の疲れを癒したという。

何か恩恵に預かれそうな気がしながら湯に浸かる。

 

温泉に入った後、マルメロカレーを食す。

20150720_182203

 

今夜は道の駅のベンチで休んだ。

20150720_190111

 

 

[110日目・走歩行距離:24km]

日本縦断ラン 107~108日目(秋田)

 <107日目(7/17)>     

秋田県・能代市~秋田県・北秋田市鷹巣

 

●能代市発

20150717_054107

午前6時半能代市を発つ。

 

東から早朝の陽光を浴びながら歩き始める。

早朝の内は、まだ空気は冷えている。

 

20150717_055126

 

澄んだ空気を吸いながら、北東北の内陸へ向かって進む

能代市の次は国道7号線に沿って、北秋田市から大館市そして青森へと走る予定だ。

 

20150717_072038 20150717_072754

そして、次第に景色は平地から山道へと変わっていく。

 

徐々に気温が上がっていき、初夏の空は深い青色に輝いている。

薄い雲が気ままに漂い、これから訪れる本格的な夏を前に空全体が躍動しているようにも見える。

 

絵葉書にでも見るような景色の中で、時折電車が走っていく。

 

車通りはそれほど多くなく、あたりの景色を眺めながら走る余裕がある。

 

20150717_080419

しばらくこのような景色を淡々と走り続ける。

ペースは1km5分台

だいぶこのペースに身体は慣れてきた。

 

20150717_080934 20150717_080801

 

 

一級河川の米代川が見えてきた。

米代川は秋田の内陸から能代港へと流れている。

昔からこの川を伝って伐採した秋田杉を能代港まで運搬し、それから日本全国へと出荷していたという。

 

秋田の林業史において非常に大きな役割を果たしていた米城川であるが、近代までは氾濫が絶えず、このあたりに田を耕すことにも大変な労力を要したという。

 

走りながら何気なく見ているこの美しい田園風景は、先人たちの多大な努力の上に出来たものであるのだ。

 

こうやって農村を走り続けていると、その歴史や成り立ちにも興味が出てきた。

 

 

●二ツ井、きみまち阪

20150717_083623 20150717_110153

17km走って辿り着いたのは、道の駅・二ツ井

この地域は「きみまち阪」というロマンチックな名前ももつ。

 

「きみまち阪」という地名は、明治天皇が東北巡幸の際に名付けたものである。

この時、宮中にいる皇后から送られた手紙には次の詩が綴られていた。

 

「大宮の うちにありてもあつき日を いかなる山か 君はこゆらむ」

 

このことがきっかけで、後日この地に「きみまち阪」という名前が付けられたという。

 

今も昔も旅人の帰りを待つ人の気持ちは似たようなものなのだろうか。

僕はどちらかというと旅をする側の人間だからあまり分からない。

なんとまあ無責任な。

 

 

●北秋田市鷹巣

20150717_160937 20150717_162822 20150717_164645

二ツ井で休憩をとった後、走りを再開。

 

道路上の気温表示には、32℃と表示されている。

早朝の涼しさはすっかり去って、陽光が容赦なく空気を温めていた。

 

流石に朝のように軽快には走れなかったが、ペースを落としてじっくり走った。

 

とにかく腰の位置を落とし過ぎないことを意識した。

何度も言うが、上半身を上手く使ってバックパックの負荷を全身に分散させて走るとかなりラクになるのだ。

20150717_172608 20150717_172731 20150717_175748

そうして到着したのは、北秋田市鷹巣

山間部にあって広々とした町だ。

田んぼに囲まれていながら、店もそれなりにある。

 

人通りも割と多く、明るく声をかけてくれる人もいる。

住人たちの楽しそうな会話が聞こえ、活気がある印象だ。

 

20150718_061739

そして、ショッピングモールの駐車場の広さは期待を裏切らない。

スカッとするほどの広さだ。

写真一枚に収まりきらないのが惜しい。

 

今夜は、またまたITOKUさんの前で休ませていただく。

丁度良い具合に屋根付きのバス停があったので、そこで寝た。

 

9日連続の野宿

20150718_061943

 

[107日目・走歩行距離:34km]

 

 

 

<108日目(7/18)>     

秋田県・北秋田市鷹巣~秋田県・大館市

 

鷹巣

20150718_064517

昨晩は、野宿の割には快適な夜だった。

 

電灯に集る大量の虫もおらず、人や車に眠りを妨げられることもなく一夜を過ごせた。

たったこれだけのことが久々の体験であった。

 

20150718_065513

 

空は曇り気味でいつ雨が降ってもおかしくない。

身体のコンディションでいうと、足底の強張りがひどく歩くのも憂鬱だ。

休めそうなところまで移動して、午前中は様子を見よう。

 

20150718_071429

3km程歩いて道の駅・鷹巣に寄る。

 

太陽こそ雲に隠れているが、湿度が高く蒸されるような暑さがある。

 

ブログ記事を書いたりしながら過ごしている間、やはり天候は安定していなかった。

スコールのような雨が降ったかと思えば陽光が差し、その蒸し暑さは道の駅に集まる人達に悲鳴を上げさせた。

 

20150718_132118

 

14時、雲が厚くなり少し涼しくなったところで走り出す。

 

次の目的地・大館市までは16km

 

サクッと走ってしまおう。

 

 

●大館市

20150718_140541

コースはなだらかな上り坂と下り坂が繰り返し続いたが、自分でも驚くくらい軽快に走れた

久しぶりにストライド(歩幅)を広くして走ってみたりもした。

 

平均ペースは1km5分15~20秒だったので、普段通勤ランをするときとあまり変わらない。

走るペースやリズムが一段階上がると爽快感もかなり違う。

久しぶりのスピード感を味わえて良かった。

 

小雨が降り、蒸し暑さが程よく去っていたのも幸いした。

 

20150718_172525

そうして、大館市に到着する。

 

秋田県から青森県に入る手前の町である。

 

それなりに大きい街で、店が立ち並ぶ道をしばらく走った。

雨が強くなり出したところでストップ。

 

20150718_174446 20150718_174136

再三、ITOKUさん。

 

もちろん駐車場は尋常ではない広さ。

駐車場の端から店まで歩くのに少し疲れるほど。

 

夕食を済ませた後は、ネットカフェに泊まる。

溜まっているブログ更新などを今日こそ片づけなければ。

ついに連続野宿は9日でストップした。

 

ゆっくり休もう、といきたいところだったが、夜通しでブログ更新などの作業をしていて殆ど眠れなかった。

 

20150718_173022

 

[108日目・走歩行距離:22km]

 

 

 

日本縦断ラン 105~106日目(秋田)

<105日目(7/15)>

秋田県・男鹿市~秋田県・大潟村

 

●男鹿市発

20150715_062331

昨晩は羽立駅で休んだ。

午前5時半頃、駅の利用者がポツポツとやってくる。

20150715_061632

その中で声をかけてくれたおばちゃんから差し入れを頂く

朝から人の優しさに触れると、やはり気持ち良く一日を始められる

 

20150715_064601

今日のコースはなかなかタフだ。

男鹿半島の根本を突っ切った後、海岸沿いの山道が延々と続く

 

心して向かわなければ。

 

20150715_070524 20150715_070926

再び景色は内陸のそれへと一変する。

 

傾斜が10%はあろうかという坂が何度も現れ、僕の脚力を奪っていく。

 

それでも平均1km5分台のペースで走れている。

 

地元の農家の方たちに声をかけてもらう度に元気をもらってなんとか走り続ける。

 

農道を歩くおばあちゃんに

「今日は暑くなるよ。」

と声をかけられ、

 

「はい、ありがとうございます。」

と訳の分からない返事をしてしまった。

 

20150715_074816 20150715_075515 20150715_075608

男鹿半島の根元を走り抜き、再び日本海を臨む道へ出た。

 

海沿いに伸びる道の景色は素晴らしく美しいのだが、走るコンディションは過酷だった。

 

小刻みなアップダウンを走り続け、脚は消耗していく

日差しが強く、全身から汗が噴き出していた。

 

海から吹く風が辛うじて涼みを与えてくれるが、

少し浜から離れるとそれは温風となり、熱気を僕に打ち付けてきた。

20150715_084226

 

流石にバテてきて、そろそろ止まろうかという時に農家のおばあちゃんから

「頑張ってねー」

と言われると、止まるに止まれない。

 

 

●大潟村

20150715_085013

道脇の森からは、鳥とは思えぬ奇妙な物音が何度も聞こえてくる。

 

かつて男鹿半島と本州とは海で分断されていたという。

見知らぬ動物たちが住み着いているのかもしれない。

 

20150715_105414

やがて進路をにとり、海岸から離れる。

 

向かったのは大潟村

 

日本で唯一の干拓地だけで成り立つ自治体だ。

国内2位の広さを誇っていた湖沼・八郎潟50年前に干拓して出来上がった地域である。

20150715_105127 20150715_105131 20150715_105818

 

僕はとにかくこのくたびれた身体を休める場所を探した。

 

この時にはもう1km7分を超えるペーストボトボと走っていた

 

20150715_110810

そして到着したのは、道の駅・大潟

 

ここで水分補給昼食を済ませて、なんとか命を繋いだ

 

 

●ポルダー潟の湯

今日は距離的にはそれほど多く走ったわけではないが、コースがタフだったので相当くたびれた。

 

午後はこの大潟村でゆっくりすることにした。

20150715_130201 20150715_130513

丁度良く温泉がある。

 

丁度良くというのは、盛岡を出発してから一週間も風呂に入っていなかったからだ。

まさに念願の温泉である。

 

ポルダー潟の湯は、モール温泉という。

 

温泉の説明書きによると、

 

「モール」とは、ドイツ語で「腐植質」を意味する。

火山活動による温泉ではなく、大潟村の大地の地下900mにある地層で地下水が温められて出来たもの。

その地層と言うのは、なんと400~500万年前に形成されたそうである。

 

八郎潟を干拓して誕生した大潟村ならではの非常に珍しい温泉といえる。

 

湯の色は茶褐色肌触りは滑らか

 

・・・とうんちくを振りかざしたが、

とにかく一週間ぶりの入浴は格別であった。

 

 

入浴後、施設内に血圧計があったので測定してみた。

20150715_170209

血圧は問題ないとして、脈拍が45/分

 

成人男性の正常値は60~100/分と言われているから、まあ少ない方だろう。

 

しかし脈拍が少ないことは長距離ランナーとしては普通で、血液循環の効率が良いともいえる。

 

20150715_211907

この日は、道の駅に戻って休んだ。

 

7日連続の野宿だ。

 

 

[105日目・走歩行距離:26km]

 

 

 

<106日目(7/16)>

秋田県・大潟村~秋田県・能代市

 

●大潟村発

 

昨晩はよく眠れなかった。

 

道の駅の休憩スペースで寝たのだが、その室内に虫が大量に集っていたからだ。

20150715_213039

真夏という季節に加え、田畑が広がる田舎の夜であるから、灯りに集る虫の数は尋常ではない。

室内とはいえ、公共施設であるから扉が開く度に虫がいとも簡単に侵入してしまうのだ。

 

とにかく虫にまとわりつかれるのを避けるためだけに寝袋に包まったのだが、これが暑くて仕方がない

しかし、寝袋を脱ぐと全身に虫がまとわりつくというジレンマ。

 

室内野宿が必ずしも良いわけではないようだ。

 

 

そうしてようやく朝を迎えるも、どうも疲労が抜けていない気がする。

20150716_113443

午前中はゆっくりして、午後から走ることにした。

 

ブログ記事を書いたり、読書したりして過ごしているとあっという間に午後の3時になる。

 

ダラダラし過ぎた。

 

今日の目的地は、秋田県・能代市

ここ大潟村から距離にして約24km

 

一気に走ってしまおう。

 

20150716_154900 20150716_161655

延々と続く直線道路を走り続ける。

大潟村は干拓地であるので、碁の目のように規則正しく道路が伸びている。

 

道の横にはだだっ広い田園風景が続いている。

20150716_164436

その景色はまるで、カナダオーストラリアといった国土の広い国を彷彿させる。

北海道もこれと似たような景色が延々と続くのだろうか。

 

 

●能代市

20150716_170125

やがて干拓地を抜け、大潟村を離れた。

 

その後、三種町を走り抜けて能代市に入る。

 

能代市に入ってもしばらくは、ただただ広がる田園が視界に広がっている。

 

秋田はとにかく田畑が多い

それに伴って至る所にコイン精米機を見かける。

 

20150716_174829 20150716_184002

20kmを超えた頃からようやく街並みが見えてきた

 

もう黄昏近い

 

結局この日は一気に22km走り、その後今夜休めそうな場所を探した。

 

20150717_054107

やはり今夜もITOKUさんである。

 

能代の東方にあるショッピングモールにある。

 

例に漏れず、ここも駐車場の広さが尋常ではない

夜になると駐車場をまるでサーキットコースのように車が駆けていく。

 

とにかく、今夜で8日連続の野宿である。

 

 

[106日目・走歩行距離:25km]

 

日本縦断ラン 103~104日目(秋田)

<103日目(7/13)>

秋田県・秋田市和田~秋田県・秋田市土崎

 

●和田発

昨晩は秋田市和田のイオンで休んだ。

5時頃から散歩を始める地元のおばちゃん達が鳴らす足音で目が覚める。

 

昨日で4日連続の野宿だったので、あまり疲れが抜けていない気がする。

野宿だとどうしてもぐっすり眠れない。

 

そろそろ布団で寝たいところだが。

いや、せめて室内で寝たい。

 

秋田市街地までは13km程

 

走り始めると身体は割と良く動く。

起伏のある道を1km5分台のペースで走る。

 

そして6km走ったところでファミリーマートを発見。

休憩スペースがあったので、昨日切れてしまった携帯の充電も兼ねてそこへ寄る。

20150713_102249

それにしても、この休憩スペースの広さたるや

およそコンビニのものとは思えない。

 

なんと30席もあるらしい。

もはやカフェだ。

 

しかも、平日の朝ということもあってか利用者は少なく広々と使えた。

 

そもそも秋田や岩手などの面積が広い地域は、あらゆる施設が広いのだ。

同様に駐車場スペースも広い

ここらでは、福岡のように駐車場を探し回ることはあまりないのだろう。

 

 

●秋田市

充電などを終え、再び出発。

 

 

12時を過ぎて日が強烈に照り付ける。

さらに、市街地が近づくにつれ建物や車のこもった熱気がたちこめてくる。

 

汗はとめどなく流れ、さすがに意識が朦朧としてきた。

 

それでも距離が短かったのが幸いで、7km走って秋田駅に到着した。

20150713_130941 20150713_131107

 

駅周辺は店も多く賑やかだ。

 

「アルヴェ」というビルの名前の由来は、

秋田弁の「あるべ」をカタカナにしただけらしい。

 

それで格好良く聞こえるから面白い。

 

20150713_134034

駅から少し離れると人が急激に減り少し寂しい。

 

だが、この秋田市の中心にあって下町情緒を残す通りがいくつかあり、歩いていて楽しい。

 

それでも、やはり店が少ない。

 

昼食がとれる場所を探す。

おそらく国道沿いならあるだろう。

 

20150713_142153

と、無事にラーメン屋で昼食をとることはできたのだが、そこそこ秋田市の中心から離れてしまった

 

駅まで戻ってもっとゆっくり見て回ろうかとも思ったが、先に進むことにした。

 

これでまたしばらく野宿の日々が続くことになりそうだ。

 

 

●土崎

20150713_161350

秋田市の北部に位置する土崎で足を止める。

 

土崎港は、秋田を代表する港だ。

 

20150713_182444

ここに来て久々に日本海の風を浴びた。

 

日本海沿いを走るのは新潟の糸魚川以来であるから、実に2ヶ月ぶりだ。

 

この日は海を目にすることはなかったが、ほんのりと磯の香りが風に乗ってくる。

 

今晩は地元のスーパー・ITOKUで夕食を済ませ、閉店後のベンチで寝る。

 

山間部に吹く風とは違い、少し生温かい海風を浴びながら夜を過ごした。

20150713_215754

 

[103日目・走歩行距離:19km]

 

 

 

<104日目(7/14)>

秋田県・秋田市土崎~秋田県・男鹿市

 

●土崎発

20150714_064824

秋田市の土崎を出発する。

 

空は雲に覆われ、今にも雨が降り出しそうな天気である。

 

休養日にしようかと迷ったが、ゆっくり休める場所も近くになさそうなので、先へ進むことに。

 

20150714_084002

秋田市を抜けて、次に向かうのは男鹿市

なまはげで有名な町だ。

 

さて、多少の疲労感はあるが、1km5分台のペースで走れている。

 

秋田市を抜けたあたりから景色は変わり、道の両脇には林が茂ってきた。

それほど深い森ではない。

 

その頃から、空が耐えかねたように雨が降り始めた。

 

早いところ、雨宿りできる場所へ行かなければ。

 

 

●潟上市、道の駅 天王

20150714_085632 20150714_085821

そうして辿り着いたのは、潟上市にある道の駅 天王

 

ここもまた、かなり広い敷地を持つ。

 

温泉運動場レストランなど各レジャー施設が広々と整備されている。

 

地元の食材を売る食菜館には人が多いが、観光客らしき人は少ないようだ。

 

よく見ると、地元の人と思われる人がほとんどである。

 

平日ということを考慮しても、もう少し観光客がいても良い気がする。

 

20150714_091551

ちなみにこの道の駅は、スサノオノミコトを祀っているのだとか。

マスコットキャラクターは、スサノンである。

 

最近、日本神話を読み直したのだが、神話はあらゆる地域に根付いているので旅とセットで読んでみると面白い。

 

 

●男鹿市

 

休憩を終え、潟上市から男鹿市へ向けて走る。

20150714_154346

間もなく、巨大な二体のなまはげが出迎えてくれた。

 

なかなかの迫力だ。

 

男鹿市街へは、ここからさらに10km程先にある。

20150714_161606 20150714_161622

道の脇には、なまはげを祀る神社が何度か姿を見せる

 

20150714_162842 20150714_162855

そうしてしばらく走ると海沿いの道になり、半島の姿がはっきりと見えてきた

 

空は厚い雲に覆われ、荒れ気味の日本海が堤防にその波を打ち付けている。

 

太平洋の穏やかな海とは対照的である。

 

20150714_173236

そうして浜風を浴びながら海沿いを走り続け、男鹿駅に到着

 

地元の高校生が駅で電車を待っている。

やはりここでも僕は変な目で見られるのであった。

 

20150714_174635

このまま海岸沿いに走ることも考えたが、地図を見ると相当険しく長い道に見える。

 

結局ある種の妥協をして、半島の根本を突っ切っていくことにした。

 

2km程道を引き返し、国道に戻る

 

20150714_164157 20150715_062331

今夜も再びITOKUさんで夕食を済ませ、寝床は男鹿駅の一つ手前の羽立駅

 

6日連続の野宿だった。

 

 

[104日目・走歩行距離:32km]

 

日本縦断ラン 101~102日目(秋田)

<101日目(7/11)>

秋田県・仙北市田沢湖~秋田県・仙北市角館

 

●田沢湖発

20150711_041720

寒さに凍えながら、田沢湖の夜を過ごす。

3時過ぎに冷え込みがピークに達し何度も目が覚めたが、外はまだ暗い。

 

4時前にようやくぼんやり明るくなってきたので、そそくさと出発する。

 

脳をしっかり休めないと身体も動かない。

やはり睡眠は大事だ。

 

夜が更けていく中、山間の道を歩き始めた。

20150711_042600 20150711_052634

歩きながら少しずつ温まり、時が経つとともに気温も上昇してきた。

それでも気温は13℃であったが。

 

恐らく3時頃の気温は10℃をきっていただろう。

 

●刺巻駅

5km程歩いたところで、屋根と壁のある駅を発見。

20150711_090902

刺巻駅

 

昨晩はほとんど休めなかったので、ここで眠り直し

 

土曜の朝なので人は少なかったが、数名、おそらく部活動へ行くであろう高校生が電車に乗っていく。

 

まだ7時にもなっていないのに感心する。

 

その彼らに僕は変な目で見られるのだが。

 

20150711_093402

仮眠をとった後、9時再出発

 

走り始めから随分と体が軽かった。

 

僕が体調を確認する指標の一つとして、「足のむくみ」というのがある。

 

足のむくみがないときは、接地の感覚が心地良く軽快に走れるのだ。

 

この時も、足のむくみが少なくシューズに余裕があった

 

ペースは1km5分半を切っているが、速いという感覚はない。

20150711_100610 20150711_101223

相変わらずのだだっ広い田園風景の中を走っていく。

 

どこまでも続きそうなその田畑の上には、絵のように澄んだ青い空が広がっている。

 

 

●角館(かくのだて)

20150711_103713 20150711_114100

15km程走って辿り着いたのは、角館(かくのだて)という町。

 

なんだか時代劇に出てきそうな武家屋敷が目に入ってくる。

 

角館は「みちのくの小京都」と言われ、秋田県屈指の観光名所であるのだが、

恥ずかしながら僕はその存在を知らずにこの町にやってきた。

 

どうりで道中、観光バスと多くすれ違ったわけだ。

 

20150711_114127 20150711_114853 20150711_115415 20150711_114611

奥に進むと武家屋敷がずらりと立ち並ぶ区画に入る。

 

20150711_115934 20150711_112642

町全体が江戸時代の情緒を再現している。

 

川沿いに伸びる桜並木も見事である。

 

現在も住居として使われている武家屋敷もあり、公開されているものと未公開のものがある。

 

そこに垣間見える現代の風景が程良くリアリティを生んでいる

嘘っぽい時代劇のセットとは違う。

 

20150711_134240 20150711_120056 20150711_134305

武家屋敷が立ち並ぶ区画を離れても、駅や民家、小さな商店も昔ながらの景観を見せる。

 

町全体が一つの観光地を創り上げていて見事だ

 

 

今夜はこの角館の江戸情緒に浸りながら、ベンチで休む。

 

田沢湖ほど山に囲まれてはいないので、夜は昨日ほど冷え込まなかった。

20150711_205755

 

[101日目・走歩行距離:23km]

 

 

 

<102日目(7/12)>

秋田県・仙北市角館~秋田県・秋田市和田

 

●角館発

20150712_053928

5時起床

なんだか今日も身体は軽そうだ。

 

角館を後にして、西へ進み、秋田市を目指す

ここから秋田市まではほとんど店はないから、一気に走ってしまうのが良さそうだ。

 

20150712_060853

案の定、身体は軽い

アップダウンが続くコースにおいて、

1km5分台のペースで淡々と走れている。

 

20150712_072407 20150712_075057

それにしても、秋田の内陸の風景はほとんど変化がない

 

このように果てしなく広がる田園風景か、深い森に覆われた山道である。

 

これらの景色が交互に眼前を過ぎていく。

 

実は単調な景色は、上手くリズムに乗りさえすれば集中しやすい

 

この時も、特に気が紛れることなく一気に21km走り切った。

 

 

●道の駅 協和

20150712_085515

道の駅 協和で休憩をとる。

 

これまたかなり広い。

20150712_085819 20150712_093015

陶芸体験やグランドゴルフ場などのレジャー施設と一体化しており、もはや単なる休憩場所ではない。

 

20150712_093007

朝食と昼食を兼ねて山菜そばを頂く。

お店のおばちゃんが少しまけてくれた。

 

さらに“ババヘラ”なるアイスを頂く。

 

“ババヘラ”とは、秋田県に出没するアイス売りのおばさんたちのことである。

20150718_141340

 

また、他の秋田の人から話しかけたりもしたのだが参った。

 

秋田弁、聞き取れない

 

ようやく岩手弁に慣れてきたところだったが、秋田弁はまた全然違うのである。

 

イントネーション云々ではなく、聞いたこともない単語や接続詞が聞こえてくる。

 

日本語って奥深い。

20150711_160217

 

 

●秋田市

20150712_124404 20150712_125625

協和を発ち、さらに西へと進んで行く。

 

時刻は正午を過ぎ、強烈な日差しが降り注ぐ。

気温はこの秋田でも30℃を超えた

 

だが、その酷暑の中でもペースは遅くない。

1km5分台でアップダウンをしっかり走れている。

 

やはり夏男。

 

20150712_140439

15km程走り、秋田市に到着

 

しかし、足を止めたのは秋田市の中心街からは15km程離れた和田駅の近く。

 

街に出る前に、ここらで静かに一泊する。

 

いつものようにスーパーで夕食を済ませ、閉店後のベンチで休ませていただく

 

 

今夜も星が良く見える

目を凝らすと銀の塵が続々と浮かび上がってきて夜空全体をそれらが覆っていく。

 

星空を眺めながら寝るのは、郊外で野宿をするときの楽しみだ。

 

[102日目・走歩行距離:39km]

日本縦断ラン 99~100日目(岩手~秋田)

<99日目(7/9)>

岩手県・盛岡市~岩手県・雫石町

 

●盛岡市

20150709_140040

またこれだ。

 

率直に言うと、走るスイッチが入らない。

 

踵に多少の疲労はあるが、今回は精神的な部分が大きいだろう。

 

 

まあ、嫌々走ってもあまり良い気はしないので、午前中はゆっくり読書などして過ごす。

 

こういう時にカフェで何時間も粘るのは、あまり自慢できないが僕の得意分野だ。

20150709_093257

 

 

●盛岡市発

20150709_165558

16時、日差しの強さがピークを過ぎたところで盛岡を出発する。

 

軽く走って、隣町くらいには行っておこう。

 

あまりにも長時間じっとしていたので、脳をリフレッシュさせた方が良い。

動かないと、なぜか悲観的なことばかり考えてしまう。

 

多分、僕は走っていないと精神を病める性質なのだろう。

 

20150709_172756

西陽を浴びながら走る。

 

身体はよく動いている。

 

ずっと上り坂にも関わらず、1km6分を切るペースで走れている。

 

やはり走るとスッキリする。

さっきまで悲観的なことばかり考えていたのが嘘のようだ。

 

前向きになるとか、楽観的になる、というよりは、

「いろいろなことがどうでもよくなる」

と言った方が相応しい気がする。

 

 

●雫石町

20150709_175829 20150709_175850

しばらく走って峠を越える。

 

すると、雫石町に入る。

盛岡の西に位置しており、岩手と秋田の県境である。

 

 

田園の緑が眩しいほどに映えている。

 

ここまで来ると、都会の喧騒からはだいぶ逃れた気がする。

 

夕日を眺めながらのランも悪くない。

20150709_181616

岩手と秋田を分かつ山々に太陽が沈んでいくのをその目で追いながら淡々と走る。

 

朝日の爽やかさとはまた違った、哀愁のある景色にため息がこぼれんばかりだ。

 

20150710_064609 20150710_062853

今晩は雫石駅近くのローカルスーパー・JOISで夕食を済ませ休むことに。

 

今日は星が良く見える。

 

夜闇に目が慣れてくると、さらに多くの星が見えてくる。

もう山と空の境界すら認められない。

 

途方もなく広い宇宙を想像するのに埒があかないことに気付いて、そして眠った。

 

 

 

[99日目・走歩行距離:15km]

 

 

 

<100日目(7/10)>

岩手県・雫石町~秋田県・仙北市田沢湖

 

●雫石町発

20150710_064819

午前7時雫石町を発つ

早朝こそ周りは霧に覆われていたが、すぐに空は快晴となった。

 

昼と夜で気温差が激しいようだ。

 

20150710_072054 20150710_074255

相変わらず、田園が眩しいほど青々としている。

すっかり夏の風景だ。

 

20150710_075943 20150710_082423

次第に峠道に入り、ゆるやかな上り坂が続く。

 

時々姿を見せる川が景色に変化をもたらしてくれる。

 

20150710_080031

その間ずっと、陽光はジリジリと照り付ける。

気温は30℃まで上がったらしい。

 

 

●道の駅・雫石あねっこ

 

10km程走ったところで到着したのは、

道の駅・雫石あねっこ

20150710_083210 20150710_083106

山の中にあるが、かなり広くて設備が整っている。

しばらく、ここで外の酷暑から逃れることにした。

20150710_103408

室内の休憩スペースはかなり立派で、まで用意されていた。

僕はそこに身体を横たえて休んだ。

 

週末の観光客が増えてきたが、構わず寝る。

 

これくらいのことでは恥ずかしいと思わないようになった。

 

それが良いか悪いかは分からないが。

 

 

●秋田県へ

20150710_161421

16時頃、道の駅を発つ。

 

秋田県は近い。

 

今走っているのは、秋田駒ヶ岳の山腹を通る仙岩峠である。

この仙岩峠を越えると秋田県に入る。

20150710_162946

かなり上りの傾斜が急になってきた。

 

20150710_163857 20150710_162824

さらに、これを見てほしい。

歩道があることにはあるのだが、雑草がそれを侵食し完全に道を塞いでしまっている

 

それは、しばらく歩行者がこの道を通っていないことを物語っている。

 

20150710_164406 20150710_164504

峠を上りきると、今度はトンネルがいくつも続く

 

本当に山が多い地域なのだ。

 

トンネルは2500mに及ぶものもあったが、このくらいの長さにはもう慣れている。

 

20150710_170000

さて、連続するトンネルを走っているうちに、秋田県に突入したようだ。

 

九州から来た身としては、秋田はいわゆる秘境

もちろん初上陸である。

 

これでやっと、

「ああ、秋田?この間走って行ってきたよ。」

と、堂々と言えるようになったわけである。

 

20150710_170126 20150710_171846 20150710_173049

トンネルを抜けると、雄大な渓谷がいくつも続く。

深い谷に架かる橋をいくつも越えて走るのだが、その一つがこの橋。

 

20150710_170557

「熊見橋」

 

明らかに熊が出没しますよ、という名前が付けられているではないか。

おっかない。

 

20150710_174715

そんなこんなで峠を下りきった。

 

こちらは仙北市・田沢湖

 

やはり秋田も土地が広く、仙北市だけでもかなりの面積がある。

 

車は今までほとんど見たことのなかった秋田ナンバーだらけだ。

 

とりあえず、人里に下りてきたことに安心する。

 

20150710_175223

夕食はこちらのスーパーで済ませた。

今時、19時に閉まるスーパーは珍しい

 

20150710_191438

さて休もうか、という時に驚愕した。

 

外が寒すぎる

およそ7月のそれとは思えない。

 

縮こまってみたが、それでも寒い。

 

ようやく眠れたかと思いきや、夜中に寒さで目が覚める。

 

さすが秋田。

7月でも野宿は簡単では無いようだ。

 

今回の旅を始めて100回目の夜は、秋田の寒さに凍えながら過ごした

20150710_192316

 

[100日目・走歩行距離:28km]

 

日本縦断ラン 97~98日目(岩手)

<97日目(7/7)>

岩手県・紫波町~岩手県・盛岡市

 

●紫波町発

20150707_055055

午前7時紫波町を発つ

7時にもなると既に陽の光は照り付けている。

 

こういう時に、暑さに強い身体は頼りになる。

 

1km5分半~6分のペースで淡々と走る。

 

ここのところ一日の走歩行距離が20km程度の日が多いが、

旅のはじめは連日50km走っていたことを考えるとかなりペースは落ちた。

 

だが、このくらいの距離に抑えることで、比較的フレッシュな状態の身体で一回一回のランに取り組める

それはそれで良い気がする。

怪我も減った。

 

 

●矢巾町~盛岡市

20150707_071035

間もなく、矢巾町に入る。

矢巾と書いて“やはば”と読む。

 

ここらでは特に止まることなく、周りの田園風景を眺めながら走り続ける。

20150707_071439 20150707_071443

見事なまでに快晴だ。

東北の空は本当によく澄んでいる

 

気温が高く日差しが強いが、空気がカラッと乾いているので、それほど辛くはない。

 

20150707_074518 20150707_074556 20150707_081300

さらに進んで行くと、

岩手の県庁所在地・盛岡市へ。

 

さすがに大きな街になってきた。

 

中心街からは4km程手前のところで脚を止めて散策する。

20150707_101101 20150707_091443

街は雄大な山々に囲まれていて、街の中をいくつもの河川が流れている。

その河川の一つに北上川があり、僕にとってはこれで何度目かの再会である。

 

20150707_103037

早速声をかけてくれたおじちゃんから差し入れと激励をもらう。

 

盛岡市に入ってまだわずかな時間しか経っていないのに、声をかけてくれたのは既に3人。

 

きっとここも良い街だ。

 

 

●焼き肉チャレンジャー

20150707_182430 20150707_191557

ブログを書いたりして昼の時間を過ごした後、盛岡のさらに中心へ向かう。

 

向かったのは、

“焼き肉 チャレンジャー”

 

20150707_200057

一関でお世話になった“焼き肉 政”さんのご紹介で訪ねた。

 

実は、この“焼き肉 チャレンジャー”。

ボクシングの元世界王者・佐藤洋太さんが営んでいる焼き肉店なのである。

 

20150707_202332

物腰柔らかく穏やかな方で、とても世界を相手に殴り合った人とは思えない。

 

能ある鷹は爪隠す、とでも言おうか。

 

その後、この店の常連さんとも絡ませていただいた。

閉店後は店長がギターを弾いてくれたり、語り合ったりして楽しい時間を過ごした。

 

それからなんとそのまま常連さん、小保内さんが今夜泊めてくれることに。

 

全く予想外な展開が続くものだ。

 

その日の宿が決まっていないからこそ起こり得ることでもあろう。

 

登山家で地層にも詳しい小保内さんからは、お守りに鉄鉱石水晶を頂いた。

20150708_081140

地層、鉱石。

こうして様々な人と会うことで、自分の知らない領域に触れられるのも旅の楽しみの一つかなと思う。

 

 

[97日目・走歩行距離:19km]

 

 

 

<98日目(7/8)>

岩手県・盛岡市

 

●盛岡市散策

20150708_141227

今日は休養日と位置付け、盛岡市を散策することに。

 

朝は小保内さん宅でゆっくりさせていただいた。

 

20150708_101303 20150708_132031

まず足を運んだのは盛岡城

またの名を不来方(こずかた)城という。

天守閣は明治時代に焼失し、現在は石垣しか残っていない。

20150708_100526 20150708_100649

 

 

盛岡市は、岩手県最大の都市でありながら、城下町としての昔ながらの雰囲気も残している。

街を横切るいくつもの川がさらにその情緒を際立たせている。

20150708_130825 20150708_135000

 

一通り散策してから、ブログを書いたり読書をしたりして過ごす。

 

ところで、脚の状態は悪くないのだが、今日もボチボチ歩いたので踵に疲労が溜まっているようだ。

まだ痛みは酷くないが、気を付けて旅を続けよう。

 

今夜はネットカフェに泊まった。

 

[98日目・走歩行距離:5km]

 

日本縦断ラン 95~96日目(岩手)

<95日目(7/5)>           

岩手県・奥州市~岩手県・花巻市

 

●奥州市発

20150705_112201

午前中はブログ記事の編集等に時間を割く。

 

相変わらず、この類の作業はあっという間に時間を食っていく。

 

20150705_113045

11時に出発し、外はもう陽光が照り付けている。

気温では27~28℃くらいだろうか。

 

道は平坦である。

東北を縦に真っ直ぐ伸びているこの道を行く限りは、それほど険しい山道に入ることはないだろう。

 

最近は無理して距離を伸ばすことはしていない。

余裕を持って走っているので、身体は割とフレッシュな状態をキープしている。

少なくとも疲労困憊、脚ボロボロの状態で走り始めることはほとんどない。

 

この日も1km5分半のペースで淡々と走れた。

 

 

●金ヶ崎町~北上市

20150705_113237

20150705_112659 20150705_113056

金ヶ崎町に入る。

胆沢城跡阿弖流為の里を横目に走り進んでいく。

 

ルートは単純に北へ、北へ

 

20150705_120809

ほどなくして、北上市に入る。

 

言うまでもなく、北上川に由来する地名だ。

 

一関、奥州と同様、大きい街である。

特に、交通量が多い。

 

車道が広く直線が続くので、車のスピードが速い。

だが、歩道にも十分なスペースがあるので、ランナーとしては特に問題はない。

 

また、横断歩道を渡る際には、車が道を譲ってくれることが多い

 

むしろランナーに優しい道と言ってよいだろう。

 

 

とりあえず、この北上で昼食と休憩をとる。

 

 

●花巻市

 

20150705_165631

17時、日が西へ沈みかけた頃に走り始める。

相変わらず、脚は軽快に動いてくれる。

 

走りと休憩のリズムが上手く掴めてきた感じがする。

 

もっともこれは短い間隔で休憩できる場所があるからであるのだが。

 

深い山道に入ってしまうと休憩できる場所も簡単には見つからないので、そう上手くはいかない。

 

それに比べると、やはり規則的な活動の方がラクである。

 

毎日6時に起きて10km走り、19時から15km走る・・・という風に。

 

けれども、そんなルーティンワークを続けていると人は「つまらない」と言い出す。

 

人間とは無いものねだりの生き物なのだと、つくづく思う。

 

20150705_174256

 

やがて花巻市に到着。

 

夕食をとると、あたりはもう暗くなっていたので早めに休むことにした。

 

岩手は土地が広いので、お店一つ一つにおける駐車場が異常に広い

そのため、寝る場所は見つけやすい。

 

今晩はしばらく使われていないであろうよく軋むベンチで休んだ。

 

 

[95日目・走歩行距離:28km]

 

 

 

<96日目(7/6)>           

岩手県・花巻市~岩手県・紫波町

 

●花巻市発

20150706_064208

朝は少しゆっくり過ごし、午前7時半、花巻市を発つ。

 

引き続き北上し続け、岩手県の県庁所在地・盛岡市を目指す。

20150706_075951

花巻空港がすぐそばにあることもあって、地形は引き続き、平らである。

 

さらには直線道路なので走りやすい。

20150706_075944

若干殺風景ではあるが、広々とした田園風景の中を淡々と走るのは嫌いではない。

 

20150706_080602

道中見かけた名木・逆ひば

 

木をまじまじと見ることなどほとんどないが、この木は明らかに存在感が違った。

 

特に仰々しい観光案内があるわけでもなく、あくまで自然にそこにあった。

一種の妖艶さすらこの木にはある。

 

・・・と感じるのは、走り過ぎたせいだろうか。

 

 

●紫波町

20150706_084208

花巻と盛岡の中間に位置する紫波町に到着。

 

ここまでで18km走った。

 

今日は発汗が激しい。

汗の水分が飛び、塩の結晶が腕や脚、首筋に浮かび上がっている。

 

人間の身体はよく出来たものだ。

 

20150706_092331

紫波町は、交通量が少ないところでも道が広く綺麗に整備されている。

 

岩手の県庁所在地・盛岡市が近く、人はそれなりに多いようだが、騒がしくなくて落ち着く。

 

20150706_092642

この後、ユニバースというスーパーでひたすらブログ記事を書いたり読書したりして過ごす。

 

休憩後、盛岡まで走る予定だったが、本に読みふけってしまい予定変更。

盛岡へは明日行こう。

 

 [96日目・走歩行距離:19km]