走ることと旅することが好き。2015年走って日本縦断を達成。「走」「旅」をメインに発信。海外のマラソン陸上情報なども。

走×旅 ~Running Journey~

旅 Journey 日本縦断ラン

日本縦断ラン 119~120日目(北海道・函館~森)

更新日:

Pocket

<119日目(7/29)>

北海道・函館市~北海道・七飯町

 

●日本一周チャリダーとの再会

20150729_095522

新潟で出会った日本一周チャリダー尚平くんと北海道にて再会。

 

無事に北海道を一周し終えて、ここ函館に戻ってきた。

お疲れ様。

 

会うのは約二ヶ月ぶりだったが、お互いにいろいろ経験してきたようだ。

 

函館定番のラッキーピエロで昼食を食べながら、

旅話に花を咲かせたり、今後について話し合ったりした。

 

彼はこれから日本本州をジグザグと南下していくそうだ。

お互い気を付けていきましょう。

20150729_122555 20150729_115227

 

 

●函館発~七飯町(ななえちょう)

三日間滞在した函館を遂に発つ。

 

青森、函館でたっぷり身体を休めたので、今日から気合を入れ直して北海道の旅を始める。

20150729_123546

 

と意気込んだものの、天候は走るには少々厳しかった。

 

連日の雨でムシムシとした空気が立ち込める中、太陽の光が容赦なく照り付ける。

湿度が高いので、身体中に熱が籠るのを感じる。

 

それでも、疲労はよくとれているので、身体は割としっかり動く。

1km6分前後のペースでじっくりと走った。

 

20150729_131422 20150729_131431

しばらくすると、函館市の隣町・七飯町(ななえちょう)に入る。

 

眼下には北海道の広大な土地が広がっている。

 

20150729_135549

そして、やはり夏の北海道はライダーチャリダーが大変多い。

走っているとひっきりなしにライダー、チャリダーとすれ違う。

 

すれ違いざまにお互いにエールを送りあうのが楽しい。

 

「頑張れー」と声をかけてくれる人もいれば、手を挙げてサインを送ってくれる人もいる。

中には、わざわざ止まって話しかけてくれる人もいる。

 

身体はキツいが、その度に元気が出る。

似た者同士、巡り合うと嬉しいものだ。

 

 

●大沼公園

20150729_144220

七飯町の市街地を抜けるといよいよ山に囲まれた道が始まった。

 

北海道は町と町の感覚が長い。

下手をすると、山や牧場のど真ん中で泊まることになりかねない。

 

そうなるとなどの獣に襲われる可能性もあるから、その惨事は避けたい。

 

隣町までの距離と道のりを頭に叩き込むなり、泊まれそうな場所を探しながら走るなり、より一層気を付ける必要がある。

 

 

なだらかな上り坂が続く。

 

そして、流石に北海道。

道が広く、車のスピードが速い

 

車にも細心の注意を払いながら走る。

 

20150729_150652 20150729_151452 20150729_174853

やがて、見えてきたのは大沼公園

新日本三景にも指定された国定公園である。

雲がかっているが、後方に駒ヶ岳も見える。

 

この日は、一気に23km走った。

後半はかなり脚が重くなってしまったが、休み明けにしてはそこそこ良く走れた方か。

 

大沼公園駅で、大量のハエと蚊の襲撃に耐えながら夜を過ごした。

20150729_175248 20150729_192154

 

 

[119日目・走歩行距離:26km]

 

 

 

<120日目(7/30)>

北海道・七飯町~北海道・森町

 

●七飯町・大沼公園発

20150729_192154

昨晩は大沼公園駅で休んだのだが、大量のハエと蚊に襲われた

 

夏という季節もあるだろうが、すぐそこに大沼が広がっているからだろう。

気が違ったように僕の身体にまとわりついてくる。

 

汗の匂いが彼らを惹きつけているのかもしれない。

寝袋で防御してみるが、それはそれで蒸し風呂のように暑い。

 

そうこうしていてその晩はまともに眠れなかった。

 

20150730_072955

翌朝7時、大沼公園駅を発つ。

 

20150730_073513 20150730_073939

大沼公園の壮観な景色は眺めていて素晴らしいのだが、やはり蚊がまとわりつく。

 

走っていてもまとわりついてくる。

何度振り払ってもまとわりついてくる。

何を思って、こう凝りもせずにまとわりついてくるのだろう。

 

広い大沼公園を隅々まで見て回ることはできなかったが、というより、まとわりつく蚊から早く逃げ出したくて、大沼公園を後にした。

後で虫除けスプレーを買っておこう。

 

 

●森町

20150730_081137

大沼公園を後にして、さらに北へ進んで行くと森町に入る。

 

だが、市街地まではさらに10km以上はあるだろう。

 

なだらかなアップダウンを淡々と走る。

 

景色はほとんど変化がない

 

道幅の広い直線道路を走る車は自然とスピードが上がる。

そんな中、歩道がない道が結構多いものだから危険だ。

 

相変わらずすれ違うライダーやチャリダーが多い。

特にチャリダーとは、止まって話をしたり、エールをかけあったりする機会が多い。

 

単調なランニングの中で、そうした一時が楽しい。

 

20150730_092456 20150730_155224

 

やがて、森町の市街地に入る。

海沿いに伸びる小さな町だ。

 

海猫の鳴き声が心地よく聞こえる。

よく見ると数えきれないほどの海猫が海岸沿いに並んでいた。

20150730_155427

 

これ以上進むと、隣町まで結構距離があるので今日はこの森町で休むことにする。

 

20150730_182627

夜の早い頃、町をフラフラしていると声をかけてくれた人がいた。

福澤さんという方で、写真は撮り損ねたが、とても親切にしてくれてこの日は福沢さんのご自宅に泊めさせてもらった。

 

20150730_211142

採れたての野菜や魚までご馳走してくれた。

 

海も山も近い森町は食材の宝庫で、米以外の食費はほとんどかからないという。

なんとも魅力的な町だ。

 

福澤さんはその後も次々と差し入れをくれるのだが、それはもう持ちきれない程であったので有難くお気持ちだけ頂戴した。

 

「寄ってくれた人にただ元気になって帰って欲しいだけ」

そう語る福澤さんの見返りを求めないおもてなしを受けてこの日は休んだ。

 

 

[120日目・走歩行距離:23km]

 







人気の記事

1

いろいろ自分をオープンにしてみようキャンペーン。   「ぶっちゃけ日本縦断するのにいくらかかったの?」 という話。   結構尋ねられることが多いので公開します。   トー ...

2

  走って日本縦断しているとき、 「荷物は何が入ってるの?」 と聞かれることも多かったので、 今回は日本縦断ランを共にした荷物たちを公開しようと思う。 バックパック まず、なんといってもこれ ...

3

「走ることの何が楽しいの?」   これはもう、めちゃくちゃ聞かれます。 あらゆる人から。   ほとんどのランナーに共通する悩みというか、あるあるというかそんな感じでしょうか。 &n ...

4

5ヶ月間で3700kmを走る日本縦断ランを終えて、僕の周りの方々からよく言われるようになった言葉がある。     「きっととても成長しただろうね」 「一回りも二回りも大きくなったは ...

-旅 Journey, 日本縦断ラン

Copyright© 走×旅 ~Running Journey~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.