日本縦断ラン 141~142日目(北海道・北竜~小平)


<141日目(8/20)>     

北海道・北竜町~北海道・留萌市

 

●北竜町発

20150819_225348

昨晩の宿のバス停があまりにも快適だったため、この日は遅くまで寝ていた。

一晩中外気に曝されて寝るのと室内で寝るのは大違いだ。

 

20150820_071826

 

さらには、ここのバス停は3~4時間に1本しかバスが来ない上、結果的に僕の滞在中は誰も利用者がいなかった

ということで、我が家のようにここに寛いでいたわけである。

 

さて、今日はここから留萌市を目指すわけだが、その距離は35km程

距離的にはそれほど長くないが、地図を見る限りなどなかなか険しい道が多いようだ。

 

20150820_071836

セイコーマートで食料、水分を調達する。

偶然居合わせたライダーの旅人と少し話した後、出発。

 

20150820_124058 20150820_124352

澄んだ青空に白い雲青々とした田んぼがよく映えている。

 

昨日までの寒さとは打って変わって、強い日差しが照り付ける。

風が渇いているので不快感は少ない。

 

20150820_133555

ところが、峠道に入ると天候は急変。

スコールのような雨が降り始めた。

 

なかなか天候が安定しない。

 

20150820_133543

美葉牛峠を越えて留萌市に入ったが、市街地まではまだまだ遠い。

 

 

●留萌市

20150820_144339

20km走ったところで一旦休憩を挟み、再び9km走って留萌市街に到着。

 

20150820_163601

内陸から下ってきた留萌川(ルルモッペ)が留萌市街の中心に流れている。

 

20150820_164412

国道沿いこそ店や人通り、交通量が多かったが、横道に入ると急に静かになる。

僕が留萌市街に到着したのが既に夕方だったので、程なくして街は暗くなっていく。

 

夜9時にもなると駅前の大通りですら閑散としていて、道行く歩行者の声が通り全体に響いた。

 

僕はセイコーマートで夕食を済ませ、寝床を探し始める。

留萌駅は締め切られたので、商店街の空き店舗の前にあったベンチで寝た。

 

今晩もよく冷える。

 

[141日目・走歩行距離:34km]

 

<142日目(8/21)>     

北海道・留萌市~北海道・小平町

 

●留萌市発

昨晩は商店街のベンチで寝た。

 

午前4時半、目覚めるとバックパックの傍にお供え物が。

20150821_042302

 

顔も知らない方の優しさに朝からジーン。

 

お礼の一言も言えなかったので置き手紙を残して商店街を後にした。

 

20150821_042321

 

さて、留萌より先のルートはずっと日本海沿いの道を北上していくことになる。

 

目指すは日本最北端の町・稚内市

11903892_815760968540776_3327432850711392287_n

稚内までは距離にして約200km

延々と海沿いの道を走ることになる。

 

しかも稚内まで「市」はない。

心して行かなければ。

 

 

●オロロンライン

20150821_112720

この留萌から稚内へと続く海沿いの道は、オロロンラインと呼ばれ、その雄大な景色は多くのライダーチャリダーに愛されている。

 

そして、北海道は観光シーズン真っ盛り

オロロンラインを走っていると数えきれないほどのライダーやチャリダーが僕を追い越していく。

中には挨拶をしてくれる人もいて、こちらも気持ちよく走ることが出来る。

 

20150821_112919 20150821_163000

空は青く澄み渡り、遠くまで良く見える。

左手には深青の日本海が広がり、右手には生き生きとした緑の丘陵が伸びている。

風が気持ち良く吹いている。

 

これこそ旅の前にイメージしていた北海道の風景だ。

 

 

●小平町

20150821_113603 20150821_160556

留萌市から10km程走って小平町市街に到着。

そこで休憩を挟んだ後、再びオロロンラインを走り始める。

 

20150821_162247

最初こそ海沿いの雄大な景色に興奮していたが、やがて延々と続く同様の景色に飽きてくる。

この先うんざりするほどこの海沿いの道が続くのだろう。

なんせ200kmである。

 

20150821_162329 20150821_172824

13km走って道の駅・小平に到着。

 

おびら鰊番屋という別名を持つこの道の駅。

隣接する本物の番屋は、鰊(にしん)漁で栄えてきたこの地域をよく物語っている。

道の駅内も立派な造りになっていて観光客を飽きさせない。

20150821_172944 20150821_173402

今日はここで休むことに。

 

20150821_172737

道の駅に着いたのは既に午後6時手前で、売店は閉店直前の頃であった。

 

ああ、今日も晩飯抜きかな。

 

と、思っていたところ、お店の方が親切にも差し入れをくれた。

20150821_174721 20150821_174824

名前は忘れたが、トマトを揚げたもの

トマトと衣の相性は意外に良く、これが美味しい。

 

量は全然足りなかったが、これで夕食とした。

 

20150821_182314

やがて夕日が日本海の向こうへ沈んでいく。

このオロロンラインは夕日が綺麗にみえることでも有名だ。

 

どこまでも続く水平線を眺めながら寝ることが出来る。

なんと贅沢なのだろう。

 

[142日目・走歩行距離:26km]

 

投稿者:

Kazuma Uehara

鹿児島県・奄美市出身。 1992年生まれ。 2015年、走って日本縦断を達成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です