走ることと旅することが好き。2015年走って日本縦断を達成。「走」「旅」をメインに発信。海外のマラソン陸上情報なども。

走×旅 ~Running Journey~

旅 Journey 日本縦断ラン

日本縦断ラン 147~148日目(豊富~稚内)[最終日]

更新日:

Pocket

<147日目(8/26)>     

北海道・豊富町~北海道・稚内市

 

●豊富町発

20150825_171505

昨晩は快適に眠ることが出来た。

翌朝7時豊富駅を発つ。

 

20150826_080900

いよいよ日本最北端の町・稚内市まで残り39km

 

これまで3600km走ってきた中の39kmと考えると短いかもしれないが、実際はフルマラソンに近い距離である。

 

30kmも一日単位でみるとやはり長いのだ。

それどころか、場合によっては1kmという距離ですらとんでも長く辛く感じることさえある。

 

ただ、こうやって毎日

「今日は何km走ろう」

と地図を見て計画し、そして走る。

 

その積み重ねがようやく3600kmに達したのだと考えると感慨深い。

 

20150826_082327

 

と、哲学的なことを言ってみたが、目の前には何もない。

何もないから哲学的なことを考える。

 

20150826_100441

途中から歩行者・自転車用の副道が現れる。

 

・・・が、何もない。

 

20150826_102041

 

18km走ってようやく稚内市に突入。

 

20150826_114503

 

したものの、見渡す限り牛乳パックの風景だ。

 

20150826_120803

そろそろ一旦休憩を挟みたいところだが、目の前にはこのような道が延々と続くばかり。

休めそうなところが全くない

 

1時間半そのまま歩き続ける。

脚は既にガチガチに固まっている。

 

20150826_121736

もういいや。

歩行者誰もいないし道端に座ってしまえ

 

恥も何もない。

 

そこに1時間程座り込んでいたが、歩道は人っ子一人通らなかったので多分誰にも迷惑はかけていない。

車の中の人からは変な目で見られたが。

 

●稚内市

 

ランを再開し、10km走って稚内市街に到着。

20150826_144948 20150826_141926

ついに日本最北端の町だ。

標識のロシア語表記がさらにその事実に現実味を与える。

 

今日は稚内市街で休み、明日日本最北端地点・宗谷岬まで走る。

 

20150826_175636

 

夕方になり澄んだ空に希薄な雲が流れる。

北海の風を肌に感じながら、この旅の終わりが近づいていることを何となく考えようとするが実感が湧かない。

 

無意識に旅の終わりという現実を脳が拒否しているのだろうか。

 

20150826_182918

 

今夜は日本最北端の駅・稚内駅のベンチにて野宿。

風が穏やかだったので寒さは昨日、一昨日ほど厳しくはなかった。

 

[147日目・走歩行距離:41km]

 

<148日目(8/27)>     

北海道・稚内市~北海道・稚内市 宗谷岬

 

●稚内市発

20150826_183320

4時半起床

さて、今日はいよいよ最終日

 

日本最北端地点。

ゴールの宗谷岬まであと30kmだ。

 

20150827_090347

 

未だに最終日の実感が湧かないままスタートする。

 

まあ今日も30km走らないといけないのだ。

浮かれている場合ではないといったところか。

 

20150827_101112

 

風が強い

とにかく風が強い

 

北海に吹き荒れる突風が何度も僕の身体を揺さぶる。

重いバックパック背負いながら走っているとさらにバランスを保つのが大変だ。

 

目にはゴミが入り、まともに前を向いて走れない。

 

誠に現実は厳しい。

最後だからといって気を抜くな、目を覚ませ、と言わんばかりの突風だ。

 

20150827_111823

 

雲の流れは早く、交通安全の旗がバタバタと音を立ててなびく。

空を舞う鳥は風に流され、華麗なバック飛行を披露する。

 

僕も結構真剣に走っているのに1km7分近くかかっている。

 

20150827_123729

強風に喘ぎながら走っていると、道端にはエゾシカが普通に現れる。

この日だけで3頭見かけた。

予想以上に大きい。

 

一瞬興奮したものの、今はとにかくゴールの宗谷岬を目指す。

 

 

●最果ての地・宗谷岬

20150827_130545

宗谷岬まであと5kmの看板。

 

この時ぐらいからようやくゴールの実感が湧き始め、ゴール時のことを妄想しながら一人でニヤニヤしだす。

 

20150827_130602

 

 

しかし、最後の最後で何度もカーブが続きなかなか岬が見えてこない。

 

氷河時代に形成されたという不規則な形の宗谷丘陵

この強風も宗谷丘陵の不規則な形が生んでいるのだろうか。

 

 

20150827_132830

 

そして長い間焦らされた末、ようやく岬が見えてきた。

 

もうゴールまであと2km程だ。

 

20150827_133924

 

あと200m

 

20150827_134231

 

 

そして、着いた。

 

福岡県・福岡市~北海道・宗谷岬

総走歩行距離:3704km

所要日数:148日(2015/4/2~2015/8/27)

11896327_818824221567784_3234192358895106943_o

 

 

日本縦断ラン、走破。

 

 

●後記

20150827_135030

ゴール後もあまり実感が湧かなかった。

ゴールの瞬間は不思議な気持ちでいっぱいだった。

 

もっと達成感に満たされたゴールになるのかと思っていたが。

 

目の前には宗谷岬の日常があり、多くの観光客がいて、シャトルバスが行き来していた。

 

20150827_143809

最北端到着証明を発行してもらった。

 

だが、僕の旅の記録はこの綺麗な証明書には記されていない。

僕は一種の虚無感すら感じた。

 

20150827_234340

5ヶ月間バックパックに貼っていた「日本縦断RUN」の旗を外した。

 

この古びた布きれ。

5か月前に手作りしたこの旗こそが旅の記録を物語っている。

 

そして自分の身体シューズも。

 

過酷な局面親切にされた経験

様々な思い出が蘇ってくる。

 

ただ走っていただけの旅とは思えない。

自分一人でここまで走って来れたとも到底思えない。

 

多くの人に支えられてきた。

人との出会いがこの旅に最高の彩りを与えてくれた。

ありあまるほどの親切をもらった。

 

振り返ってみると、毎日が、全てが、輝いていた。

 

 

・・・これ以上書くと、臭くなりすぎるから止めとこう。

 

最後になりましたが、関わってくれたすべての方々、本当にありがとうございます。

感謝しかありません。

 

20150827_234231

 

さて。

次はどんな面白いことをしようか。

 

 

[148日目・走歩行距離:30km]







人気の記事

1

いろいろ自分をオープンにしてみようキャンペーン。   「ぶっちゃけ日本縦断するのにいくらかかったの?」 という話。   結構尋ねられることが多いので公開します。   トー ...

2

  走って日本縦断しているとき、 「荷物は何が入ってるの?」 と聞かれることも多かったので、 今回は日本縦断ランを共にした荷物たちを公開しようと思う。 バックパック まず、なんといってもこれ ...

3

「走ることの何が楽しいの?」   これはもう、めちゃくちゃ聞かれます。 あらゆる人から。   ほとんどのランナーに共通する悩みというか、あるあるというかそんな感じでしょうか。 &n ...

4

5ヶ月間で3700kmを走る日本縦断ランを終えて、僕の周りの方々からよく言われるようになった言葉がある。     「きっととても成長しただろうね」 「一回りも二回りも大きくなったは ...

-旅 Journey, 日本縦断ラン

Copyright© 走×旅 ~Running Journey~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.