日本縦断ラン 143~144日目(北海道・小平~初山別)


<143日目(8/22)>     

北海道・小平町~北海道・羽幌町

 

●小平発

午前5時起床

昨日の寝床は道の駅・小平

 

今朝の目覚めは、カラスの足音

カツンカツンと音がするものだから何かと思えば、

カラスが室内に侵入しているではないか。

20150822_043741

終いには何度も窓ガラスに頭から突進しては跳ね返されている。

外に出たいが、窓ガラスに阻まれ大変困惑しているようだった。

 

すぐそこに扉があるのだが、カラスは気付かない。

少し哀れだが、こう何度も騒音を立てられては敵わない。

早いところ出発した。

20150822_045749

 

今朝もよく冷える。

頬にあたる風が冷たい。

指先も上手く動かせない程だ。

20150822_045753

 

 

●苫前町

 

相変わらず海沿いの道が続くオロロンラインを走っていく。

 

20150822_105840 20150822_112025

 

やがて、小平町の北隣、苫前町に入る。

丘陵にそびえる39基もの風車の列が伸びている。

 

この辺りは確かに風が強い。

沿岸に延々とのびる丘陵から日本海へ絶え間なく風が吹き下りている。

 

20150822_115510 

少し海岸線から離れると、起伏の激しい丘を走らなければならない。

傾斜10%近くありそうな上り坂もあり脚の力を奪っていく。

 

自転車の人たちも辛そうに上り坂を駆け上がっていく。

 

20150822_121416

16km走り、苫前町市街に到着。

ヒグマのモニュメントがお出迎え。

 

この辺りは大正時代に起きた日本最大の獣害・三毛別羆事件の舞台でもある。

体長3mのヒグマがたった数日で7名もの人間を殺害した。

この事件は吉村昭氏によって小説化もされていて僕もこの旅中にその本を読んだが、実に恐ろしい。

タイトルは『羆嵐』

 

20150822_154234 20150822_154930

程なくして、道の駅・苫前に到着。

別名「風Wとままえ」

 

「風W」と書いて「ふわっと」と読ませる。

キラキラネームの名付け親も顔負けの当て字だ。

 

20150822_154222

日本海を広く一望できる温泉のある苫前の道の駅。

 

ここで意外な人に会う。

20150822_132420

鹿児島・指宿出身日本一周チャリダーさん。

 

なんと元鹿児島県下一周駅伝ランナーだそうで。

 

県下一周駅伝と言えば、鹿児島の長距離ランナーであれば誰しもが走りたいと思う鹿児島の一大スポーツイベントだ。

僕もいつか走りたいものである。

 

陸上関係で共通の知り合いもいて話が盛り上がる。

北海道の端っこでこんな内輪話ができるとは思わなかった。

20150822_125619

プリプリの甘えび丼を奢っていただいた。

ありがとうございます。

 

●羽幌町(はぼろちょう)

道の駅・苫前で休憩後、走りを再開。

7km走って羽幌町(はぼろちょう)に到着した。

20150822_163628 20150822_164540

 

こちらの道の駅の名前は「ほっと♡はぼろ」

20150822_164723

キラキラネームの次は、ハートマークを使いだした。

小さい町だが、遊び心があって楽しくなってくる。

 

20150823_060239

元々あったホテルに道の駅がくっつけられたという感じである。

500円温泉に入ってゆっくり身体を休めた。

 

20150823_055405

今日の寝床はこちらのベンチ。

トイレの真向いなのでキャンピングカーで旅している人達によく話しかけられた。

みな気さくに話しかけてくれる。

 

寒くなって夜の虫も減ったので、割と快適に眠ることが出来た。

 

[143日目・走歩行距離:27km]

 

 

<144日目(8/23)>     

北海道・羽幌町~北海道・初山別村

 

●羽幌発

20150823_055955

5時半起床

今日も引き続きオロロンラインを北上し、隣の初山別村を目指す。

 

20150823_080356 20150823_080419

みるみる道の傍の草原が手つかずになっていく。

いよいよオロロンラインの本領発揮というところか。

 

●初山別村(しょさんべつむら)

20150823_093636 20150823_094649

18km走って初山別村(しょさんべつむら)に到着。

こじんまりとした村で人通り車通りも少ない。

海と草原が広がり開放感のある印象だ。

 

20150823_183256 20150823_124350

そこから4km歩いて到着したのが道の駅・初山別

別名は「☆ロマン街道しょさんべつ」

 

ハートマークに続いて、今度は星マーク

 

20150824_083142

その時、空から声をかけられた。

「どこから歩いてきたの?」

 

庭の木の整備をしていた男性だった。

 

「福岡からです」

と僕が答えるとそのまま話が弾み、そのまま家に招待してくれた。

 

20150823_092142

須貝さんご夫婦

とても仲の良い素敵なご夫婦で、昼食をご馳走してくれた。

それから昼の間ずっと会話を楽しむ。

 

オロロンライン沿いにあるご自宅の前を常に多くの旅人が通っていく。

その数があまりにも多いため、最近は旅人に声をかけることも少なかったそうだ。

 

20150823_182146 20150823_182336

さらには温泉に連れて行ってくれ、焼き肉もご馳走してくれ、自家製の新鮮野菜までたくさん頂いた。

本当に有難い。

丘から見下ろす道北の海岸線は実に壮観である。

 

ご主人の話は面白かった。

「田舎はやる気になればすぐ変わる」

 

30年前はほとんど原野であったというこの地域は現在、キャンプ場天文台温泉喫茶店もある。

須貝さんはその殆ど全てに立ち上げから関わっているという。

 

福祉施設を運営しながら、共同経営の飲食店喫茶店で施設利用者の雇用を生み出している。

8月初めには職員一丸となって花火大会も開催している。

 

「福祉で町を支える」

という言葉通り、複合的な取り組みで町を盛り上げているのだ。

 

「札幌市みたいな大きな街を変えようと思っても簡単には変わらない」

と須貝さんは語った。

 

話していて勉強になることは多々あったが、ここでは割愛させていただく。

興味のある方は「風連別学園」のホームページでその取り組みの一端を確認できる。

http://city.hokkai.or.jp/~shinsei/

20150823_182054

そうして今日は須貝さん宅に泊めさせてもらった。

 

一週間野宿が続いていた上、この先もゆっくり休める場所が少なそうな状況だったので本当に助かった。

ありがとうございました。

 

[144日目・走歩行距離:24km]

投稿者:

Kazuma Uehara

鹿児島県・奄美市出身。 1992年生まれ。 2015年、走って日本縦断を達成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です