Running across Japan Day11-12 Hiroshima – Okayama

The same article in Japanese 日本縦断ラン 11~12日目(広島~岡山)

<Day11(Apr. 12)>
Mihara, Hiroshima~Fukuyama, Hiroshima

 

●Walking day again

I had a rest day to heal legs pains yesterday.

But…

It still pains.

 

Oh, it has not be healed yet.

 

However, I couldn’t stop running for 2 days, so I decided to walk to the next place.

20150412_051246 20150412_052258 20150412_054709

At 4 a.m. I started from Mihara, Hiroshima.

Setonai-kai ocean is very calm in early morning.

As seeing the sun-rise shines around, I just walked alone.

 

Beginning of the day is so peaceful.

I felt good before the cool wind.

 

 

 

●Onomichi, Hiroshima

20150412_063248 20150412_063346 20150412_063445

20150412_064619 20150412_073017

I arrived at Onomichi, Hiroshima at 7 a.m.

It is a nostalgic small port-town.

 

 

I wanted to spend long time there, but there was no store opened.

The only ones opened were convenience stores.
I bought a local specialty, egg ice cream, at Seven-Eleven.

20150412_070152

I liked it.

It simply tastes good.

By the way, convenience stores here have large selections.

Especially, daily necessities like as cleanser and clothing are much supplied.

 

Is it a kind of small super market in this place?

In my opinion, convenience stores show local character there.

It is interesting to check it with a sense of that.

 

●Fukuyama, Hiroshima

20150412_134303 20150412_140044 20150412_131558

After walking for a while, I got into Fukuyama.

I hadn’t seen such a big city for long time.

 

 

There is Fukuyama castle near Fukuyama station.

Although Sakura was getting to fall out, there were many people see watch them.

 

As I was so tired, I took a rest and see Fukuyama castle after lunch.

 

I ate Okonomiyaki, Hiroshima’s local food, for lunch.

It is nice you can watch a process of cooking it.

 

It was delicious.

 

In Fukuyama, many people talked tome like that.

“Wonderful! You run across Japan!”

“Do your best on your journey.”

It made me energetic so much.

 

“Do your best.”

It is very simple word, but helps tired people so much.

 

Joyfull again

I stopped running as strong pain on my legs.

Even walking, it is very hard to walk 40 km one day.

 

 

And, I would stay at Joyfull tonight.

 

I swear to you.

I am not a sales man of Joyfull.

 

[Day11・ Distance 39km]

 

 

<Day12 (Apr. 13)>
Fukuyama, Hiroshima~Kurashiki, Okayama

 

●Kicked out of Joyfull at 3 a.m.

When I sleep at Joyfull, a clerk woke me up.

“It is prohibited to sleep in this restaurant.”

 

…Oh, I’m so sorry.

 

It is me that use it wrongly, so I had no excuse.

I paid and go out of the restaurant.

 

 

Still, is it heartless to kick me out in raining at 3 a.m?

Besides, there were very few people in the restaurant.

 

 

Anyway.

 

My legs were not at good condition yet.

It seemed impossible to run today too.

 

 

●Route 2 at 4 p.m.

It was raining all the day today too.

 

And, it was a very dark mountain hill road.

Many huge trucks was running on the road.

 

I was exposed to rain at 4 a.m.

In this situation, I just walked alone little by little.

I felt I was so pity.

 

But, it was me who decided to do this running journey.

I cannot blame on anybody for it.

That’s it is to go a minor way.

 

 

●Okayama prefecture

Going through Fukuyama, I got into Kasaoka,Okayama.

It was my first time to be in Okayama.

 

 

Then, same as convenience stores, traffic cultures show local characters there.

 

In Hiroshima, I didn’t see so many signals for walkers.

But, in Okayama, I saw them more.

And I felt cars there were running more slowly.

 

 

From walker’s view, not trains and bus, it is easier to discover that kind of things.

 

●Konko town

As the rain getting harder, I looked for a place to take a shelter.

And I stopped at Konko town, Asakuchi city.

 

It is named for the religion of Konko-kyo.

It is curious.

 

As the name, there is the headquarter of Konko-kyo there.

I searched it on Wikipedia later, and it seems the one of new religions opened in late Edo era.

I saw much Konko-kyo culture on many place in the town.

So curious.

 

 

But, I found no place to take a rest, so I passed through the town.

 

I regretted I couldn’t take any photo there because my phone had run out.

 

 

●Tamashima

For the next, I arrived at Tamashima, Kurashiki city.

It is a nostalgic town too.

 

To say more, I felt as I was in Edo-era play.

I wondered how it had remained old atmosphere.

 

Although it is a very my personal opinion, the towns in Okayama are so mysterious and curious.

They have so unique atmosphere.

 

I can feel as I was traveling time.

If I had more time, I hoped to walk around more.

 

●Kurashiki

As looking for a place to take a rest, I finally arrived at Kurashiki.

 

I walked 44 km today.

It made me terribly tired.

 

It is easier to run than walk the same distance because it takes less time to move.

When I run, I can move 10 km for about 1 hour.

But, when I walk, it takes more than twice time to move the same distance.

 

Walking is more hard in terms that total time of work-out is long.

 

And walking is different from running in terms that you can fully think about everything.

When you run, you couldn’t afford to concentrate to think so much.

 

When you run, your mind usually get very simple.

When you walk, your mind usually get complicated.

 

 

I don’t say which is better.

However, I am a person who usually think something seriously.

So, I prefer running since I can be crazy and simple.

 

After I recognized me as a running junkie, I stayed at a hotel near Kurashiki station.

 

[Day12・ Distance 44km]

 

 



Running across Japan Day9-10 Hiroshima

The same article in Japanese 日本縦断ラン 9~10日目(広島)

 

<Day9 (Apr. 10)>
Higashi-Hiroshima, Hiroshima~Mihara, Hiroshima

 

●Recommendation of running early morning

After staying at Joyfull 1 night, I started running at 6 a.m.

What a healthy life style.

 

I usually run in early morning.

 

Because there are no disturbance in early morning.

Even when you think to run at night, it often appears unexpected job and something to do and you lose time to run.

 

Besides, when I run in early morning, I feel like this.

“As I’ve already run in this morning, I can feel easy tonight.” 

It is great to spend the rest of the day with breadth of mind.

 

When I don’t run in the morning,

“I have to run much tonight to make up for no running in this morning ”

I think like that all the day.

 

It is kind of sad.

This is a character of a runner.

 

 

●Speed 10 mins/km

20150410_083729

Yesterday, I walked all the day with having hurt legs.

I was just wondering if I can run or not today.

I started running very carefully.

 

It pained as I expected.

But, it seemed alright if I run slowly and carefully.

 

It was so slow.

As I checked my GPS watch, it took near 10 minutes per km.

It is almost same speed as fast walking.

 

I usually run with pace of 5 mins/km, so it is almost twice time to run same distance.

 

I felt miserable, but it is o.k.

It is not everything to run fast.

I just do what I can now.

 

 

By the way, there is a marathon training, LSD(Long Slow Distance).

It is training to run long distance slowly, so-called aerobic exercise.

 

As running slowly, you can train muscle you usually don’t use.

Also, it develops capillary and makes a body takes in oxygen.

 

Besides, when you run slowly, you use different source of energy from that of when you run fast.

 

When you run fast, you use glucose energy.

When you run slowly, you use fat energy.

That is why it is said that you had better to run slowly to burn fat.

 

 

●Running exposed to the rain for 7 hours. 

Perhaps, today was the hardest day since running journey started.

20150410_093559 20150410_071629

At first, it rained all the time.

Though it might be hard to recognize, it was a heavy rain.

 

 

Second, I had to run the hill of Chugoku.

It appeared horrible “The route with no sidewalk”.

20150410_091328

Because of the rain, the condition of ground was not good.

I paid attention to my step and cars.

 

Huge trucks sprayed a splash on me.

Thank you very much.

They work hard everyday.

 

20150410_092456

After running about 20 km, I took a rest.

It was my first time to see eggs vending machine.

That’s cool.

 

And yet, it was cold.

I had to run 20 more km to Mihara city, which is the next town.

 

As I looked around, I recognized nothing but mountains, rice fields, and a bit of houses.

I just wondered if I could reach to Mihara city.

 

Anyway, it was such rain.

It was better to run at a time.

 

 

●Temptation and Pride

However, it was so hard time that this idea came to my mind.

 

I hoped someone kindly talk to me like that.

“Get on my car. I will take you to Mihara.”

 

 

I was about to compromise.

Why don’t I take shelter and restart running at the same point?

 

 

But…

Even if someone suggest that he or she gives me on a ride, I would reply like that.

“No, thank you. I would not use any transportation.”

 

 

What a stubborn and hard to be treated person I am!

 

Yes, it is ok.

I would not easily expect out of me.

I would run by myself.

 

As bracing myself, I restarted running.

 

 

●Mihara

Finally, I arrived at Mihara.

I had a sense of accomplishment as I had had so hard time.

 

Though I had not run so long today (less than 40 km), I got tired terribly because I had been beaten by rain all the time.

 

I did laundry, and then checked -in a hotel.

The instant I took a shower, I went to bed.

 

After running all the day and getting tired so much, I fall down on the bed.

It is a king of extravagant life.

 

 

[Day9・ Distance 38km]

 

 

<Day10 (Apr. 11)>
Mihara, Hiroshima

 

●Rest day

In last few days, I couldn’t run as I expected because of  pain on my legs.

It still pained when I got up.

 

Then, I decided to take a rest all the day today.

 

Before then, I walked all the day as a rest.

But, it was not a efficient rest.

This time, I would take a rest thoroughly.

 

Although it is still important to run little by little, it is also important to run with fine condition somewhat after recovering.

 

I had given this message.

“It is ok to take a rest all the day. If you do that, you can enjoy running more in the next day.”

I felt so easy because of that message.

 

 

In this running journey across Japan, I set some goal points and dead-line.

Because of those goals, I didn’t enjoy running sometimes.

 

On this chance, I would quit running temporarily and finish my job at a time.

 

 

At that time, I recognized beautiful blue sky.

 

 

Oh, my god.

It makes me feel like to go run.

 

[Day10・ Distance 1km]



『EAT&RUN』スコット・ジュレク著【書評】

『EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅』 スコット・ジュレク著

512-Whv8YWL._SX343_BO1,204,203,200_

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4140815868/ex-bit-22/

 

勝手に書評・第1弾は、ウルトラマラソン界のレジェンドスコット・ジュレク氏の著作。

『EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅』

ウルトラマラソンとは・・・

 

まず、「ウルトラマラソン?何それ?」という方もいると思うので軽く説明すると、

一般的には、「フルマラソンの42.195kmよりも長い距離を走るマラソン」のことである。

 

ウルトラマラソンにもいろいろ種類があって、まず距離でいえば、50km100km100マイル(約161km)200km を超えるレースもある。

世界最長のレースは3100マイル(約5000km)にも及ぶんだとか。

 

002

http://trail-session.fr/wp/wp-content/uploads/2013/04/002.jpg

 

さらに、ウルトラマラソンでは山道のコースを走る大会も多い。

フランスウルトラトレイル・デュ・モンブラン(通称UTMB)米国ウエスタンステーツ・エンデュランスランが有名だ(ともに100マイル)。

ウルトラトレイル・デュ・モンブラン

ウエスタンステーツ・エンデュランスラン

 

日本でも数多くのウルトラマラソンが開催されている。

僕も地元の奄美大島で「OSJ奄美ジャングルトレイル」という50km のトレイルレースに出たことがある。(実際には53kmだったが。)

041

http://www.powersports.co.jp/osjtrail/15_amamijungle/report.htm

OSJ奄美ジャングルトレイル

 

 

来年あたりは、阿蘇カルデラスーパーマラソン100kmを走ってみようかなとか思っている。

 

他には、24時間走り続けるマラソン砂漠マラソン(7日間で250kmを走る)南極・北極を走るマラソンもある。

 

要するに、ウルトラマラソンとは「変態レース」のことである。

 

 

ヴィーガン(完全菜食主義者)のスコット・ジュレク

img_eedd20fa01f24499f9aa76c543049de8430729

http://number.bunshun.jp/articles/-/822296

 

そのウルトラマラソン界でレジェンドと呼ばれるスコット・ジュレク

彼はウエスタンステーツ100マイル7連覇スパルタスロン3連覇24時間走アメリカ記録樹立など輝かしい成績を誇る。

今年の夏には、北米・アパラチア山脈を縦断するアパラチアン・トレイル(AT)で、3489kmという距離を46日8時間7分アメリカ新記録で完走。

 

僕が日本縦断したときは、3700km148日間かけて走ったので、その約3倍の速さだ。

 

とにかく信じられないくらいの超人なのだが、実は彼はヴィーガン(完全菜食主義者)でもある。

 

ウルトラマラソンのような過酷なスポーツにおいて、果たして菜食だけで第一線で走り続けられるのだろうか?

 

彼の「走ること」や「食べること」についての考え方が綴られているのが本書というわけだが、読み進めていくと、スコット氏がもっと根源的なところに思いを深めていることが分かる。

 

それは彼の「走りと食と生の哲学」である。

 

 

地球とともに走る

07-veg-20140417-scott

http://vegepples.net/2014/04/17/scott/

 

もっと根源的なところとは何かというと、スコット氏の「地球とともに走る」という意識だ。

 

周知のとおり、彼は常にウルトラマラソン界の第一線で走っていて、数々の大記録を樹立した。

しかし、彼がそういった偉業を成し遂げたことを自慢することはない。

 

自然は人間がいかにちっぽけな存在かを気づかせ、そして力を与えてくれる。自分がこれほど小さいと感じたことはなかった。こんなに大きな存在だと感じたのも初めてだった。 (本書より)

 

スコット氏ほどの大偉業を成し遂げた人間でも、地球の大自然の前では自らの小ささを感じるようだ。

強い人ほど自分の小ささを知っているのかもしれない

 

疑うまでもなく、ウルトラマラソンは世界で最も過酷なスポーツの一つだろう。

 

極度の疲労、身体の痛み、内臓疲労、睡眠不足、意識混濁。

嘔吐を繰り返したり、幻覚を見ることも常だという。

さらには、厳しい気象条件、路面状態とも向き合いながら走らなければならない。

 

そうした極限状態に立たされた人間の悟りは一体どのようなものだろうか。

 

その状態の人間が考えることは、きっと「タイムの速さ」「順位」ばかりではないと思う。

自分の“外”ではなく、徹底的に自我の奥底へと思いを巡らせ、ただ「今」という瞬間を感じるのだろう。

 

そうしたシンプルな思考領域に入ったことのある人間だからこそ、「食べる」「走る」という極めてシンプルで、動物的で、本能的な活動の意味を悟ることができるのかもしれない。

 

彼は「速く走るため」とか「大会で勝つため」だけに走っているわけではなく、また菜食の生活を送っているわけでもない。

 

ただ、地球という大きな環境の中に存在するひとりの人間として、より自然で、よりシンプルに生きることの喜びを知っているのだと思う。

 

こう言うとウルトラランナーが徹底的な個人主義者のように思われるかもしれないから付け加えておくと、スコット氏は本書でこのようなことも述べている。

 

最も大切にしている友情が、一人でだれにも頼らず挑戦する孤独なスポーツから育まれたことは、何という皮肉だろう。ウルトラマラソンはチームで戦うものではないのに、この徹底した個人主義のスポーツを通じて培われた絆が、僕の人生で何よりも強いのだった。 (本書より)

 

孤独を知るからこそ、他者との関係性の中で生きることの喜びも見えてくるのかもしれない。

 

長々と書いてしまったが、結局こういうものは「まず、やれ。そして、体感せよ」の世界だ。

 

僕も近いうちに、ウルトラマラソンで100kmとか100マイルとか走って、新たな世界を自分の身体で感じてみたい。

 

走らない人でこの感覚が分かる人いるかなぁ・・・。

 

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー2015年の予言が当たっているかどうかは、どうでもよい

431dd52f

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52128279.html

2015年10月21日

5caa9766

http://livedoor.blogimg.jp/aixca/imgs/5/c/5caa9766.jpg?ac2a966a

いまや“名作”と言ってもいいだろう。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ三部作

本日、2015年10月21日は、『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』にて、主人公のマーティとドクがタイムトラベルをしたまさにその日である。

いわば今日は「バック・トゥ・ザ・フューチャー記念日」であり、SNSやニュースサイトではしきりにこの話題が上がってくる。

そして、その内容は大体こういうものが多い。

「映画で描かれた2015年と実際の2015年を比較してみた」

といった類のものだ。

僕もバック・トゥ・ザ・フューチャー(以下BTTF)の一ファンとして、2015年10月21日というのは特別な日だと感じていて、もちろんこのワイワイ騒ぎが嫌なことはない。

むしろこの映画の魅力を再認識する人が増えてくれたら幸いだ。

だが、僕はここで“筋金入りのBTTFファン”として物申したい。

2015年の予言が当たっているかどうかは、どうでもよい

bt2tf1158

http://matome.naver.jp/odai/2141987957604737101/2141988245305480303

 

このBTTF記念日が近づくにつれて、SNSやニュースサイト、まとめサイトでは「2015年の予言がどれだけ実現したか」を検証する記事が爆発的に増えた。

 

正直なところ、僕はそのような検証は「うん、まあそうだよね」と思うくらいで、あまり面白くない。

 

それは、僕がこの話題には常にアンテナを張っていたから新鮮味がないだけで、別に記事そのものを否定しているわけではない。

 

 

しかし、興味深い話もある。

 

BTTF三部作の脚本を務めたボブ・ゲイルは、『PART2』の未来を描いた場面を振り返ってこう語っている。

 

「ぼくは未来を描いた映画が嫌いで、今回も未来を描く気はなかった」

「未来を描いた映画に正しいものはない。キューブリックでさえ未来を正しく予言できなかった」

(DVD『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』 三部作の秘密:第二章より)

 

そう。

そもそも、脚本家のボブは未来を正確に予想しようなどとは毛頭思っていなかったのである。

 

代わりに、BTTF製作陣は、2015年という未来をただ単純に「明るいもの」「ジョーク」として作中で描くことにしたのだ。

 

 

BTTFの真髄は「未来は変えられる」というテーマ

01

http://www.denofgeek.com/movies/16532/the-plot-holes-and-paradoxes-of-the-back-to-the-future-trilogy

 

いわずもがな、BTTFの魅力は「時間旅行」というテーマだけではなく、「人間ドラマ」としての奥深さにもある。

 

その「人間ドラマ」の奥深さを引き出しているのは、

「未来は変えられる」

という前提条件である。

 

・『PART1』は、いじめられっ子だったジョージ(マーティの父親)が作中で成長し、自ら「未来」を変えていく話。

 

・『PART2』は、人間の悪意によって未来の情報が過去に持ち込まれ、「未来」が悪い方向へ変わってしまう話と、それを正すために奔走する話。

 

・『PART3』では、恋に落ちたドクが自らの決断で自分の望む「未来」を掴み、マーティは短気な性格が災いして起こるはずだった「未来」の悲劇を自らの成長によって退けた

 

こうしてみると、BTTFが単なる「時間旅行」の話ではないことは一目瞭然だ。

 

BTTFでは、「未来」とは常に流動的に変わっていくものであり、その一瞬一瞬の出来事や行動によって「未来」は大きく変わる可能性がある、という主題が滲み出ているように僕は思う。

 

Back-to-the-future-3

http://ciatr.jp/topics/52768

それは、ドクのセリフにも表れている。

 

「道だと?これから行くところに道など要らん」

“Roads? Where we’re going, we don’t need roads.”

(『PART1』より)

 

「人間の未来はすべて白紙だっていうことさ。未来は自分で作るのだ」

“It means your future hasn’t written yet. No one’s has. Your future is… whatever you make it.”

(『PART3』より)

 

しびれる。

 

タイムトラベルの映画というと、やはりどれだけ時代再現が正確かといったことに目が行きがちだ。

 

しかし、僕はむしろBTTFの「未来の移ろいやすさ」に注目したい。

一瞬一瞬こそが「未来」を作るのだということをこの映画は折々のシーンで伝えてくれているような気がする。

 

端的に言ってしまおう。

 

分かり切った未来などつまらない。

「未来」は予測できないからこそ面白い

 

ヘモグロビン数値が低くて献血できなかったので・・・

20151020_123047

今日は、本当に「徒然なるままに」書いてみる。

 

先日、人生初の献血に行ってみた。

ふと、少し血液の状態でも見ようかと思い立って、そのついでに自分の血液を寄付してみる気になったのである。

 

 

結果を簡単に言うと、、、

 

血できず!

 

 

現在、全国で献血に参加している人数は約607万人(平成25年度実績)。

そのうち、92万人は献血ができずに帰ってしまうそうである。

(日本赤十字社調べ)

 

つまり、献血参加者の約15%が献血できないということになる。

ああ、残念。

 

 

今回僕が献血を拒否された理由は、ヘモグロビン数値が低いから、とのことであった。

 

ヘモグロビンを簡単に説明すると、赤血球に含まれるたんぱく質のことで、身体中に酸素を供給する働きをもつ。

ヘモグロビン濃度が低いと、酸素が全身に上手く回らず、めまい立ちくらみを引き起こす。

いわゆる「貧血症状」だ。

 

事実、僕は昔からよく立ちくらみする方で、今でも頭がボーっとして上手く物事を考えられなくなることがある。

 

 

ちなみに、日本人のヘモグロビン濃度の標準範囲は以下の通り。

 

男性・・・13.3~17.4g/dL

女性・・・11.2~14.9g/dL

 

そして、今回の僕のヘモグロビン濃度は12.8g/dL

男性の標準値をわずかに下回っているということで献血が出来なかったのである。

 

高校時代は11.0g/dLを切ることもあったので、これでも結構回復した方なのだが・・・。

 

 

 

僕は基本的に自分がそこそこ健康体だとは思っているのだが、このヘモグロビン値ばかりは気にかかる。

 

そもそも長距離ランナーにとって、ヘモグロビン濃度が低下するのは避けられない症状でもある。

 

一般的に言われるのは、ランニングは長時間にわたって同じ運動が繰り返されるので、その衝撃の積み重ねで赤血球が破壊されていくというものである。

 

つまり、走れば走るほど赤血球が壊れ、ヘモグロビン濃度が低下する。

身体を酷使して走る人ほど、ヘモグロビン濃度が低いということもあり得る。

ヘモグロビン濃度が10.0g/dLを切るエリートランナーも割と多いのではないか。

 

 

まあ、そんなこんなで今回は大事を取って献血出来なかった。

 

献血を断られる理由としては、

「献血する人の健康を守るため」「輸血を受ける人の健康を守るため」に大別される。

 

今回僕が献血出来なかったのは、前者の理由による。

 

 

人間、月に500km以上も走っていると身体が異質なものになってくるようだ。

 

やはり運動だけでは本当の健康は手に入らないようである。

 

健康を支えるのは、「運動」「栄養」「休養」の3本柱。

 

そして、健康は生きる上での基盤。

 

健康あってこそランニングも人生も楽しめるのだから、そこをおろそかにしているといつか痛い目に遭いそうだ。

 

良い戒めになった。

もっと鉄分を摂ろう。

 

僕の場合、おそらく食生活に改善の余地が多分にある

 

 

それから、健康への投資は今後明らかに世の中の流れになっていくだろうな。

 

どれだけ社会が成熟しても、社会を形成するのが人間である限り、

健康はその基盤であり続けるはずだから。

 

 

多分、僕の今後の活動も「健康」が一つの軸になると思う。

 

 

まあ、ストイックになり過ぎずにね。

 

 

『ランニング飛脚便』最終日 (10/15) 「凄いね」より「ありがとう」

『ランニング飛脚便』 4日目<最終日> (10/15)

福岡県・大牟田市~熊本県・熊本市

 

●大牟田市発

20151015_061428

5時半起床。

燃え上がる朝日に起こされる。

20151015_061444

昨晩は最低気温9℃と、それほど寒くなく、野宿していても凍えることはなかった。

いつものように体操と筋トレで身体を温めながら目覚めさせる。

 

20151015_070459

走り出す前にトイレを借りる為に寄ったコンビニで店員さんが声をかけてくれた。

「熊本まで手紙を届けに行っているところなんです」

と言うと、とても感心してくれて差し入れまで頂いた。

 

20151015_070436

この旅で初の差し入れ

一気に元気が出た。

朝からこんなに良い触れ合いができるのも「旅ラン」の良いところ。

 

20151015_072130

7時半大牟田市を出発。

早朝の空気を吸い込み、親切にしてもらったことなどを思い出す。

 

さあ、今日も元気よく走ろう。

 

 

●熊本県突入~予定変更

20151015_075634

大牟田市を駆け抜けて、熊本県・荒尾市に突入。

 

いよいよ熊本県に入ったが、まだ県の北端に入ったに過ぎない。

目的地の熊本市まではあと40km以上ある。

 

20151015_081615

荒尾市を走っている間にちょうど僕は迷っていた。

というのは、明日熊本市に到着するように走るか今日熊本市まで走り切ってしまうか、ということであった。

 

元々この旅は、5日間かけて福岡から熊本まで走るという予定だったが、今日の走りの様子だと4日目の今日、熊本市までゴール出来そうな感じがしたのである。

 

ただし、今日中にゴールするにはあと40km以上走らなければならない。

つまり、今日一日で50km以上走ることになる。

 

ちょっと頑張らなければいけないが、意外と身体が元気だったので結局、今日ゴールの熊本市まで走り切ってしまうことにした

 

僕は『ランニング飛脚便』の手紙受取人の方に到着が早まることをお知らせして、再び走り始めた。

 

20151015_093913

荒尾市から玉名市にかけては大型車両の交通量が増え、また、歩道が狭いところも多々あり、肝を冷やす場面が多かった。

 

その一方で、車から声援を送ってくれる方もいて大いに力をもらった。

 

20151015_102012

空は快晴。

気温はどんどん上昇していった。

 

身体も良く動いてくれて、5:30/kmペースで淡々とリズムよく走る。

20kmはあっという間に走ってしまった

 

 

●玉東町

20151015_104324

27kmくらいから脚が固まり始めたものの、この日は午前中に30kmちょっと走った。

時刻は午前11時

 

それに思い返してみたら、朝起きてから一切飲まず食わずで走り続けていた。

どうやら僕は、空腹状態の方が走りやすいらしい。

 

とにかく、午前中で随分と距離を稼げたので、午後は余裕を持って走れる。

 

熊本市の隣町、玉東町で休憩した。

20151015_112627

 

 

●熊本市

20151015_112137

玉東町を15時過ぎに出発し、一路熊本市を目指す。

 

20151015_154334

ほどなくして、熊本市に入ったのだが、熊本市の中心まではあと18kmある。

まだまだ気は抜けない。

 

20151015_154904 20151015_161650

秋を感じる風景を眺めながら、ほぼ無心の状態で走る。

脳の活動は結構エネルギーを食うもので、省エネで走りたいときは無心になるのが一番だ。

 

僕もこの時点で既に40km走っていたので、無心モードに切り替えて走っていた。

 

20151015_165802

45km地点、ようやく熊本市街地が見えてきた。

 

デカい

 

そして、ゴールが近づいてきたことの実感が少しずつ大きくなる中、僕は一歩一歩走り続ける。

 

この頃になると、アドレナリンか何かが分泌されたのだろうか、逆に身体が元気になってきた

 

下校途中の小学生たちに声をかけてもらったりして、ラスト10km足らずの距離を走り切る為のパワーをもらう。

 

 

●『ランニング飛脚便』、完遂

20151015_164614

熊本市中央区

18時前、僕は無事に手紙を『ランニング飛脚便』で受取人の方に届けることが出来た。

 

この日走った距離:52km

福岡から走った累計距離:126km

かかった日数:4日

 

『ランニング飛脚便』、完遂。

 

20151015_225148 20151015_230918

 

今回、手紙を受け取ったくれたのはOさん

ネットでの素顔公開は遠慮してほしいとのことだったので、このように書かせていただく。

 

今回僕が届けた手紙には、Oさんの愛犬・アラレちゃんの写真が5枚添えられていた。

 

手紙の送り主・園田くん旅するカメラマンで、Oさんとは熊本で出会い、これらの写真はその時に撮影されたものである。

 

20151015_193836

手紙を受け取ったOさんはとても喜んでくれて、僕をお家にもてなしてくれた。

 

調理師のOさんと一緒に夕食を作り、(と言っても手取り足取り教えてもらっただけだが)美味しく頂いた。

 

 

僕に『ランニング飛脚便』を依頼してくれた送り主の園田くんとも電話で話して、無事に手紙を届けることが出来たと報告するととても喜んでくれた。

 

 

「ありがとう」

 

その言葉は、「凄いね」と言われるよりも嬉しかった

 

 

秋の訪れを感じさせる冷たい風が、疲れた身体を心地よく包んでくれた。

 

 

[4日目・走行距離:52km]

[累積走行距離:126km]

 

ランニング飛脚便 福岡~熊本最終日

 

『ランニング飛脚便』3日目(10/14)

『ランニング飛脚便』 3日目(10/14)

佐賀県・吉野ヶ里町~福岡県・大牟田市

 

●吉野ヶ里町発

20151014_063137

5時半起床。

昨晩は幸運にも24時間営業のコインランドリーにありつけたので、室内でそこそこ温かく寝ることが出来た。

そこそこというのは、室内でも微妙に寒かったからである。

外で眠っていたらかなり厳しかっただろう。

 

さて、もう10月中旬で日が昇るのが遅くなった

九州はさらに日が昇るのが遅いので、6時前からようやく明るくなりだす。

それまで、体操や筋トレをして身体を温める。

20151014_063638

 

6時半吉野ヶ里モールを出発。

空気はまだまだ冷たく、指先は冷え切っている。

吐く息も白く染まっていた。

20151014_063700

周りには平野が広がるばかりで、少し北海道と似ているなと思った。

 

20分程走ると、身体がポカポカと汗ばんできた。

ジャージを脱ぎ、半袖シャツになってからエンジンがかかる。

それから、5:30/kmペースで淡々と走り続けた。

 

早朝の空気は特に気持ちが良い。

昇り始めたばかりの太陽が秋の空気を温め始めていた。

 

20151014_072151 20151014_072201

先日と同じく385号線をしばらく走っていくと、筑後川にぶつかる。

 

この筑後川も佐賀と福岡の県境である。

橋を越えて、僕は再び福岡県に入った。

20151014_072218

川を一つ渡っただけなのに交通量が増えだすのが面白い。

 

 

●柳川市

20151014_080124

そのまましばらく385号線を走り続けると、福岡県・大川市などを経由して、柳川市に入る。

ここまで19km走った。

 

柳川市は福岡県の南部に位置しているが、この辺りは福岡に住んでいる自分もあまり行ったことがない。

江戸以前の古い日本の情緒が残る観光地として有名だ。

 

せっかくの機会なので、軽く歩いて散策してみよう。

20151014_105433

閑静な古い町並みの中心に流れる川はとても穏やか。

平日なので観光客はそれほど多くなく、たまに年配の方々がツアーで町を歩いているのを見かけた。

 

それから、有名な「柳川の川下り」の光景も目にする。

船の漕ぎ人が歌う歌が静かな街並みに小さく響いていた。

 

20151014_100158

 

続いて、柳川藩主・立花家の旧邸も覗いてみた。

実はここは、今回の『ランニング飛脚便』の受取人の方が、柳川を通るならぜひ寄ってみて、とお勧めしてくれた場所である。

 

展示品はどれも保存状態が良く、当時の人々の生活がありありと想像される。

20151014_104052

そして、中庭の立派なこと。

この庭園は「松濤園」といって、国指定名勝でもある。

立派だけれども、どこか寂しさも感じられる。

 

身体の力が抜けていくような、落ち着く場所だ。

いや、ただ単に走り疲れただけかもしれないが。

 

20151014_110219

中にまでは入らなかったが、詩人・北原白秋の生家も見て回った。

生家は酒蔵であったらしい。

 

知らなかった。

いつまでも勉強不足である。

 

 

●柳川発

20151014_164900

柳川散策を終え、昼休憩。

朝6時から20km近く走りそのまま歩き回っていたので結構くたびれた。

 

つまり計6時間ほど一度も腰を下ろしていなかった。

こういう場合、ランよりも「+αの歩き」の方がきつかったりする。

 

まあとにかく、いつものようにJoyfullでブログ更新やら読書やらして過ごす。

 

20151014_172316

少し長めに休憩をとり、再び走り始めたのは17時

 

有明海の方面に沈む夕日が青空を美しいグラデーションで染める。

希薄な秋雲が海の彼方に吸い込まれるように伸びていた。

 

 

●大牟田市

20151014_173600

 

次第に日が暮れていくにつれ、気温も下がってきた。

肌寒い空気を切るように走り続ける。

 

身体は良く動いてくれて、5:20/kmペース

荷物を背負っていることを考慮すると上出来か。

 

20151014_174942

13km走って、大牟田市に到着。

福岡県の南端である。

 

この先はいよいよ熊本県だが、今日はこの辺で休む。

 

20151014_180712

大牟田市街に到着する頃には既に日が落ちていた。

 

今日も良いタイミングでショッピングモールを見つけたのでそこで寝れそうだ。

今夜は寒さが厳しくないことを祈る

20151015_061444

まあ、いざとなればネットカフェが近くにあるのでそこに駆け込むかもしれない。

 

 

[3日目・走行距離:32km]

[累積走行距離:74km]

ランニング飛脚便 福岡~熊本3日目

 

『ランニング飛脚便/福岡~熊本』2日目 (10/13)

『ランニング飛脚便』 2日目(10/13)

福岡県・那珂川町~佐賀県・吉野ヶ里町

 

●那珂川町発

20151013_070221 20151013_064733

昨晩は、福岡県・那珂川町の中ノ島公園で野宿をして夜を明かす。

 

福岡の中心からたった20km離れただけで山に囲まれた静かなエリアに入る。

そこでは、19時を過ぎるともう、まばゆい星空が頭上に広がっている。

 

山の向こうには福岡市の街灯りがぼんやりと輝いているのが見えた。

 

20151013_070429

そして、朝。

「寒い!」

川の傍ということもあって、朝晩の冷え込みは予想以上だった。

 

考えてみたら、もう10月中旬である。

そりゃあ寒い。

寝袋のみでの野宿は今週いっぱいまでだろう。

 

実際、寒さのあまり夜中に何度も目が覚めた。

久しぶりの野宿の洗礼であった。

 

余談ではあるが、寒い環境=過酷な環境でこそ人間の身体は逞しく成長するそうだ。

それは科学的にも証明されているようで、寒い環境下におかれると体内のミトコンドリアが活性化するそうである。

 

なるほど。

日本縦断ランで野宿で凍えてばかりいた僕が一度も風邪をひかなかったのも少し納得がいく。

 

軽く体操と筋トレをして身体を温めた後、7時半に中ノ島公園を発った。

 

20151013_074239

 

早速、急勾配の上り道が続く。

まずは、この脊振山(せふりやま)を越えて佐賀県に突入する。

20151013_074335 20151013_075043 20151013_080012

古い日本を感じられるような雰囲気のある山道を走っていく。

上り坂なので、ペースは7分/km近くかかっていた。

 

筋トレのつもりでじっくり走る。

 

20151013_081953 20151013_083100 20151013_082807

やがて峠を上り切った。

10kmも走らないうちに500m程上った。

もう目の前に広がるのは山並みばかり。

この人界を脱した感が少しワクワクする。

 

20151013_083308 20151013_084100

東脊振トンネルの手前で佐賀県に入る。

20151013_083801 20151013_085134

このトンネルは有料らしいのだが、料金表に「歩行者料金」が記載されていない。

 

まさか、歩行にはお金はかからないだろう。

うん、多分大丈夫だろう。

 

何も言われなかったので、そのまま通過した。

 

20151013_085300

トンネルを抜けた途端、それまでの山道から一気に景色が開けた。

佐賀のイメージらしく平野が広がっている。

秋晴れの澄んだ空気が気持ち良い。

20151013_090210

道の駅・吉野ヶ里(さざんか千坊館)にて休憩。

駅の人と話したり、メールのやりとりなどをしたりして時間を過ごす。

20151013_133956

いけすで泳いでいるヤマメを捕ってその場で調理する「ヤマメの塩焼き」が美味かった。

 

●吉野ヶ里町

20151013_142306

昼過ぎに道の駅・吉野ヶ里を発つ。

道中、2度イノシシの遺骸を見かけた。

やはり東北などを走っていた時とは見かける動物が違うなとしみじみ感じる。

20151013_150910

脊振山を下りると、佐賀の平野が眼前に広がる。

黄金色の稲が美しい。

 

20151013_160609

吉野ヶ里市街に入ると、取り敢えずここへ。

日本最大級の環濠集落遺跡・吉野ヶ里歴史公園

 

近くにあるにも関わらず中々行かないので、この機会に入ってみた。

有名観光地と聞くとちょっと冷めてしまう天邪鬼な僕だが、それでも普通に楽しめた。

入場料420円は少し高い気もしたが、公園自体がかなり広く見所が沢山あるので、十分元が取れる。

20151013_155019 20151013_155124 20151013_161101 20151013_161403

 

それにしても昔の人たちの頭の良さというか知恵には本当に驚かされる。

 

吉野ヶ里の史跡全体が、太陽の動きなどを基に緻密に計算されている。

櫓から伸びる影を基に季節ごとの稲作を営んでいたそうだ。

 

そしてその構造はエジプト、マヤ、黄河など世界中どの文明においても同じらしく、つまりは、農業がどの世界でも絶対的な重要性を持っていたことを意味する。

 

時計もコンパスもない時代に、食糧を確保する手段を昔の人たちはあれこれ考えたことだろう。

そこに知恵が育まれる

 

僕が生まれた時代の日本は既に、今日明日の食べ物を心配することはなかった。

昔の人たちとは根本から意識が違うのかもしれない。

 

さらに科学的にも、昔のやり方が現代のやり方よりも機能的であったという話も最近よく聞くところだ。

特に栄養学運動生理学

 

一日三食は食べ過ぎだとか、ご飯とみそ汁で十分な栄養が摂れるとか、靴のクッション性に頼りすぎるのは身体に良くないとか…

まあ、これらは実践するのが難しいのであるが。

 

現代と古代、優劣の問題というよりは、「見直すべき歴史がある」といったところだろう。

 

 

さて、吉野ヶ里歴史公園で古代に想いを馳せたところで、寝床を探す。

すぐ近くに吉野ヶ里モールがあったので、閉店するのを待ってから野宿しようとする。

 

ところが、寒い。

 

深夜1時でこの寒さなら、夜明け前にはさらに寒いだろう。

野宿するのが億劫になっていた僕の目は奇跡的にあるものを捉えた。

 

20151014_011115

24時間営業のコインランドリー

24時間営業というのが意外と珍しいのだ。

 

人もほとんどいないようだったので、少し寝させてもらった。

翌朝早く出ていくので許してください。

 

 

[2日目・走行距離:23km]

[累積走行距離:42km]

ランニング飛脚便 福岡~熊本2日目

 

『ランニング飛脚便/福岡~熊本』1日目 (10/12)

『ランニング飛脚便』 1日目(10/12)

福岡県・福岡市~福岡県・那珂川町

 

20151012_123406

2015年10月12日13時福岡県福岡市・大濠公園

今日から5日間かけて、福岡~熊本間を“走って手紙を届ける”旅に出る。

 

名付けて『ランニング飛脚便』だ。

 

これを行うことになったいきさつは過去記事に書いたので、割愛させていただく。

走って手紙を届けます『ランニング郵便』

 

 

さて、今回の旅路自体は、今年の4月~8月にかけて走って日本縦断をしたことと比べると比較的ライトなものと言えるだろう。

 

日本縦断ランで走った距離は約3700km

かかった期間は約5ヶ月

 

それに対して、今回の熊本までの『ランニング飛脚便』で走る距離は約120km

かかる期間は5日間の予定だ。

 

もはや、すぐ近所に行くようなものである。
20151012_114352

 

だが、今回の試みには日本縦断ランと大きく異なる点がある。

それは“走って手紙を届ける”というミッションがあることだ。

 

「何のために走ってるの?」

とは、日本縦断中に数えきれないほど聞かれた質問だが、その度に僕は返答に窮していた。

 

それは、日本縦断ランに対して僕自身が「独りよがりに過ぎないのではないか」という後ろめたさ、またその自分本位のチャレンジに何か社会的意義を含ませなければならないというある種の束縛があったからでもある。

 

それに関して言えば、今回の『ランニング飛脚便』では、これを僕に頼んでくれた「依頼者」がいて、また僕が届ける手紙の「受取人」がいる。

本プロジェクトの根幹に、自分以外の「他者」が存在する。

 

それは、少なくとも「何のために走ってるの?」と聞かれたときに

 

「ある人に手紙を届けるために走ってます」

と答えることが出来るということだ。

 

 

だから何だ、と言われるかもしれないが、

5ヶ月間走りながら「自我」というものに延々向き合ってきた僕にとって、この違いは結構大きなもののように思える。

 

つまり、今回の試みが独りよがりから進歩したものになるのではないか、ということだ。

 

いや、日本縦断ランにおいても他者とのかかわり合いはもちろん沢山あったし、あのチャレンジが100%独りよがりのものではなかったと、今では思える。

 

もっと言えば「感動をありがとう」というこの上なく嬉しいお言葉も頂いたことがある。

 

ただ、「感動」とは曖昧な言葉で、何をしたから人はこれだけ感動するとかいう法則があるわけではない。

「感動」とは非常に抽象的測定困難なものだ。

 

そこで、今回の取り組みでは“走って手紙を届ける”という具体的な活動を以て「感動」にアプローチしてみたいと思う。

 

こう言うと「感動」を狙いに行っているように思われるかもしれないが、まあ、あながち間違いではない。

だが、狙って得られるようなものではない気もする。

 

実のところ、僕は「感動」というものがよく分らないのだ。

 

だから、具体的な活動を以て「感動」という謎に満ちた人間の心理を少しでも解明したいという気持ちすらある。

 

 

ああしまった、いつものように語りすぎた。

 

 

まあそんなわけで、僕は今回も福岡のランニング仲間の方々に見送ってもらって大濠公園を走り出した。

 

毎回ありがとうございます。

12166674_10206777046917157_1672149042_n

走り慣れた福岡市街の道を大きなバックパックを背負って走るのは、どこか違和感がある。

 

出発したのが昼過ぎだったので、今日は控えめに20km程度走れば良いところだろうか。

今回の旅程には距離的に余裕を持たせている

 

20151012_140406

 

しばらく走ったところで、385号線に乗りそのまま福岡市街を南下。

ここも何度も走ったことのある道だ。

 

そして、10km程走ったところで那珂川町に入る。

少しずつ都会的な建物群が減っていき、山と田んぼの景色が姿を見せ始める。

 

20151012_142128

 

おお。

1ヶ月半前に終えた日本縦断ランの感覚が少しずつ戻ってきた

 

20151012_150319

15km地点

ファミレスのJoyfullで遅めの昼食をとって休憩。

 

まだ15kmしか走っていないが、この先にある福岡と佐賀の県境・背振山(せふりやま)が微妙に険しそうなので今日足を踏み入れるかどうか迷った。

 

雰囲気でも大体分かるが、この先に食料が買える店はなさそうだ。

そして山道に入れば寝る場所を確保できるかどうかが怪しくなってくる

 

ああ、思い出した。

 

事前に自分が走ろうと決めた距離きっかりのところで寝る場所があるとは限らないのが「旅ラン」の難しいところだ。

 

20151012_184529

結局、様子見でもう少し進んでみる。

 

時刻は18時を過ぎ、街灯の少ない山道は暗闇に近い。

(写真には何も写らない)

 

少し心細かったが、幸運にも4km走ったところでちょうど良く休めそうな場所があった。

 

20151013_065600

市ノ瀬という地区の中ノ島公園だ。

屋根もあり、広さも申し分ない。

(写真は後日のもの)

20151013_064733

さあ、久しぶりの野宿。

生ぬるい環境に馴染みかけた自分の身体にちょっと刺激を与えてやろうか。

 

[1日目・走行距離:19km]

[累積走行距離:19km]

ランニング飛脚便 福岡~熊本1日目

 

2015/10/10

2015/10/10

<昼練>

7km Jog [荷物あり]

 

<昼練>

7km Jog [荷物あり]

 

共に5:10/km程度のペース。

滑らかに身体が動いてくれたので、気持ちよく走れた。

体幹トレーニングをした後に走ったおかげか、上半身の筋肉が程よく締まって安定した走りが出来た。

 

★日間走行距離:14km

★月間走行距離:110km