スター・ウォーズ名言考察<エピソード3>


 

EPIII_RotS_poster

http://ja.starwars.wikia.com/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA_%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%893/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%BE%A9%E8%AE%90

 

“最新作公開直前”特別企画。

「スター・ウォーズ名言考察」シリーズ、第3弾。

『エピソード3』の名言チョイスはこちら。

 

“All who gain power are afraid to lose it.”

「力を手に入れた者は皆、それを失うことを恐れるようになる」

パルパティーン

Tragedy

http://ja.starwars.wikia.com/wiki/%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA:%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%94%BB%E5%83%8F

 

スター・ウォーズ史に残る長編シーン。

パルパティーンの教えである。

 

権力なり、財力なり、あらゆる力を持った者は誰でもそれを失うことを恐れる

 

例えば、大金を得た者はそれを失うことを恐れ、税金対策などをし始めるかもしれない。

また、社内で権力のあるポストに就いた者はその座を失うことを恐れ、社員同士で足の引っ張り合いを始めるかもしれない。

そして、マラソン大会でチャンピオンになった者はその栄光を失うことを恐れ、2連覇、3連覇へのプレッシャーに苦しむことになるかもしれない。

 

力を追い求め続けた結果、皮肉にも脆弱になっていくわけだ。

ややもすれば、「これは私のものだ。誰にも渡さない」という極端な利権主義に陥ってしまう。

 

「もっと力を付けたい」

より大きな力を探求することは人の性である。

 

しかし、そこに何の目的もなければ、すなわち「力を得ること」が目的になってしまえば、行き着く先は不毛だ。

 

その力を何に使うのか。

何の為にその力を付けたいのか。

 

ここは自分の中で整理しておいた方が良いだろう。

 

例えば、大金を得た人でその使い方が分からない場合がある。

私腹を肥やし続けることが目的なのか、新しい挑戦に投資することが目的なのか、お世話になった人に還元することが目的なのか。

どれが正しいと言うつもりはないが、そういったことを意識しておくだけでも意義はあるように思う。

 

“力”はある意味、手段であり、道具である

道具ばかり持っていてもその使い道が分からなければ宝の持ち腐れだ。

 

結局、アナキンは絶大なる力を持つに至ったが、守るべきだった筈の大切なものを失った。

そして、その有り余る力をぶつける対象が必要になった。

自分の新たな居場所が必要になった。

 

人は“力”ですら抱え込むことが出来ないのかもしれない。

 

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション

スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー DVD-BOX<3枚組>

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー DVD-BOX<3枚組>

 

 

あと、作者の真意をより深く知る手がかりになるのは、セリフの原文を知ることだと思う。

日本語字幕も日本語吹き替えも、大抵意訳がされているためだ。

なので、より深く踏み込みたい場合は英語原文のセリフを読む(聞く)ことをお勧めする。

 

英語シナリオで楽しむスター・ウォーズ [エピソード1/ファントム・メナス][エピソード2/クローンの攻撃][エピソード3/シスの復讐]

 

英語シナリオで楽しむスター・ウォーズ [エピソード4/新たなる希望][エピソード5/帝国の逆襲][エピソード6/ジェダイの帰還]

 

投稿者:

Kazuma Uehara

鹿児島県・奄美市出身。 1992年生まれ。 2015年、走って日本縦断を達成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です