5年


20160311_170642

東日本大震災から5年。

僕は去年初めて被災地に足を運びました。

それぞれの町で復興の状況は違うし、もっと言えば一人一人によっても状況は違います。
だから、「被災地」という言葉ではとてもひとくくりには出来ませんが。

津波の爪痕を残す風景、復興に突き進む町の人達の力強さ、未だ癒えない心の傷。

様々なものが目の前に現れ、ただただ呆然としてしまいました。

自分に何が出来るのだろう?

それはまず、自分があの時東北で感じた思いを忘れないことなのかな、と。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地の復興を願ってキャンドルを灯します。


5 years have passed since the great earthquake in East Japan.

I visited there last year.


There are so many aspect on that disaster that it cannot be explained by simple words.

When I went there, I just lost my words.


Only I can do is not to forget those feelings l had there.


Pray for 3.11.

ともしびプロジェクト

226

投稿者:

Kazuma Uehara

鹿児島県・奄美市出身。 1992年生まれ。 2015年、走って日本縦断を達成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です