走ることと旅することが好き。迷えるランナーのブログ。2015年走って日本縦断を達成。

走×旅 ~Running Journey~

ランニング日誌 ランニング練習 走 Running

そのペースを設定する根拠はあるか【10000m変化走】

更新日:

Pocket

◆そのペースを設定する根拠はあるか

 

台風接近の本日も『Team阿蘇』水曜練習会

お題は・・・

 

*10000m変化走

(3200m + 2400m + 1600m + 800m + 400m)

R = 400m Jog

 

これを1周400mのトラックで行うため、

8周+6周+4周+2周+1周をそれぞれ設定したペースで走り、

間のリカバリーは1周400m Jog。

トータルで10000m走る計算だ。

 

設定ペースの目安は

3200m = マラソンペース

2400m = LTペース

1600m = LTペースより少し速め

800m = インターバルペース

400m = フリー

 

リカバリーの400m Jogもそれなりのペースで走り、10000mトータルでしっかり走り切るイメージ。

 

ちょっと変化球な練習メニューであるが、練習の狙いとしては以下のようなものが上げられる。

 

  1. ペース変化に柔軟に対応出来るようになる。
  2. それぞれのペースにおいて自分の身体がどのように反応するか確認し、自分の現状が把握できる。
  3. 10000mを5つのセクションに分けているので、1本1本集中して走ることが出来る。
  4. ペースコントロール力が鍛えられる。
  5. スピードを意識した走りをしながら、同時にそれなりの距離を踏むことが出来る。

 

さて、今日の練習は“ペース設定”が要となるのだが、

これが理屈が分かっていないと難しい。

 

ところで、『Team阿蘇』の練習メニューはほとんど全て僕が考えているのだが、

チーム内には様々な走力の人がいる。

その中で、グループ練習としてペースを設定する際には

「1kmを〇分〇秒」

というような絶対的タイムに縛られるのは良くないと思っている。

 

絶対的タイムのことだけ考えていると、速ければ速いほどいい、と自分を追い込み過ぎてしまうからだ。

そして、速過ぎるペースを設定して、それを達成できなかったときに酷く落胆してしまうランナーをよく見かける。

 

はっきり言うと、設定ペースは速ければ速いほど良いわけではない

我武者羅に追い込んで走ればいいというほど単純なものでもない。

 

要するに、“それぞれの人に適したペース”というものがある。

各人の走力、体調によって設定ペースは柔軟に変化させて良い。

 

じゃあ、グループ練習でどうペースを設定するのかと言えば、

マラソンペース、LTペース

といったようなある程度幅が効くペース設定をすることがオススメ。

その方が、メンバー各人の走力や体調に合わせて柔軟に対応できるからだ。

 

それにしても、マラソン経験が浅い人の中には、

自分のマラソンペース、LTペースが分からないという人も少なくない。

 

ここは、僕も今頭を悩ませているところなのだが、

一度、『ペース設定』についてチームのみんなで勉強する機会があってもいいのかな、と思っている。

 

ちなみに、

「1km〇分〇秒」というペース設定が悪いといっているのではなく、

“そのペースを設定する根拠”があった上での「1km〇分〇秒ペース」というのなら全く問題ないと思っている。

 

「1km〇分〇秒ペース」という設定をする前に、

「なぜその設定タイムを設定するのか」というワンクッション、思考プロセスを挟んでほしい。

 

◆素足+シューズで10000m変化走

いつものごとく、御託をウジャウジャと並べたところで、今日の練習報告。

 

先週の竹田市ナイターで素足にシューズで走ったところ、まあまあクセになりそうな感覚があったので、今日も素足にシューズスタイル。

 

レースにレースウェア一式を忘れる【竹田市ナイター②1500m & 5000m】

ランニング界隈でのインフルエンサー。

信州最速プロジェクト牛山さんもオススメしているスタイルだ。

私が靴下を履かない理由

 

さて、今日は台風の影響で風は強かったが、一部区間だけ我慢すれば問題なし。

むしろ涼しい。

 

3200m3:45/kmペースで淡々と。

走り始めは身体が重く感じたが、リズムに乗り出すと気持ち良く力を使わずに走れた。

 

2400m3:35/kmペースで、これもラクに走り切れた。

3200mより身体が軽くなってきた感覚。

 

1600m3:25/kmペース。

少し動きが切り替わったが、それなりの余裕はあり、しっかり身体を動かせた。

 

800m3:15/kmペース。

ここもしっかり余裕を保ちつつ、動きのキレを意識して走れた。

 

400mはフリーで67秒

ラスト100mのキレは悪くなく、大きい動きで走り切れた。

 

R = 400m Jog2:00~2:055:00/kmペース。

このリカバリーJogを4:30/kmくらいで回せたら、なお効果があったと思う。

 

*10000m変化走

(3200m + 2400m + 1600m + 800m + 400m)

R = 400m Jog

 

Lap

11:58 (R=2:01)

-8:37 (R=2:00)

-5:28 (R=2:05)

-2:35 (R=2:01)

-1:07

 

Total = 37:51

 

ちなみに、時計は3200mを走っている時以外はほとんど見ず、感覚で走った。

タイムは後で確認したもの。

自分の感覚と実際のペースがほぼ一致しているのは、良い兆候。

 

全体的には、10000mという距離をリズム良く走り通せたので、ひとまず良かった。

基礎スタミナを付けてよりラクに走れるようにしたい。

 

 

 

甲子園のお土産せんべいとスイカの差し入れを頂いて解散。

練習後の疲れた体に染み渡る美味しさ。

ありがとうございました。

 







人気の記事

1

いろいろ自分をオープンにしてみようキャンペーン。   「ぶっちゃけ日本縦断するのにいくらかかったの?」 という話。   結構尋ねられることが多いので公開します。   トー ...

2

  走って日本縦断しているとき、 「荷物は何が入ってるの?」 と聞かれることも多かったので、 今回は日本縦断ランを共にした荷物たちを公開しようと思う。 バックパック まず、なんといってもこれ ...

3

「走ることの何が楽しいの?」   これはもう、めちゃくちゃ聞かれます。 あらゆる人から。   ほとんどのランナーに共通する悩みというか、あるあるというかそんな感じでしょうか。 &n ...

4

5ヶ月間で3700kmを走る日本縦断ランを終えて、僕の周りの方々からよく言われるようになった言葉がある。     「きっととても成長しただろうね」 「一回りも二回りも大きくなったは ...

-ランニング日誌, ランニング練習, 走 Running

Copyright© 走×旅 ~Running Journey~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.