走ることと旅することが好き。2015年走って日本縦断を達成。「走」「旅」をメインに発信。海外のマラソン陸上情報なども。

走×旅 ~Running Journey~

ランニング日誌 ランニング練習 走 Running

吾輩はファンランナーである【400m×10 interval】

更新日:

Pocket

◆自堕落な生活

ここ2週間ほど、ランナーとして自堕落な生活が続いている。

前回の記事でも書いたように、1週間以上走っていない日が続いた。

リハビリラン&GoPro撮影練習【奥八女黒木ハーフマラソン】

 

そんな練習不足の状態で臨んだ『奥八女黒木ハーフマラソン』

開き直ってリハビリランとして気楽に走ったわけだが、これはこれで楽しい。

後方からスタートし、スタートしてからも周りと競わない

抜かれても気にしない。

いわゆる“競技的なレース”はしなかった。

 

巷では、これを“ファンラン”という。

一般的には、記録(タイム)や順位を気にしないランニングのスタイルのことを指す。

 

それに対して、“シリアスラン”という言葉は記録(タイム)や順位を重視するランニングのスタイルを指す。

世間一般のイメージではこれらの類のランナーはストイックなアスリート気質ファンランナーとは対照的な人種として捉えられている。

 

最近の自堕落な生活を送る中で、

「僕はどういうスタイルでランニングを楽しみたいのか」

なんていうこれまた面倒くさいテーマを悶々と考える時間があった。

 

そして、やはり僕もマラソンのベストタイムを更新したいなどといった「自分の競技力をレベルアップさせたい」という“シリアスラン”の気持ちは依然としてあるわけだ。

だが、それでも敢えて僕は自分のことを“ファンランナー”だと名乗りたい。

 

◆“シリアスラン”と“ファンラン”は対立関係ではない

そもそも“シリアスラン”“ファンラン”は対立関係にあるのだろうか。

 

否。

 

これらは両立する、と僕は思っている。

競技として走ることは楽しくない、なんてことはない 【AM 10km Jog Trail & Road 雲仙・仁田峠 / PM 400m×10 interval】

似たような記事を以前も書いていたので、貼っておく。

 

両立する、というよりは、“ファンラン”の中に“シリアス(競技的)ラン”が含まれているといった方がイメージしやすいだろうか。

タイムの向上を目指す“シリアス(競技的)ラン”に取り組む中でも、その根底にはやはり「走ることが好き」という“ファンラン”の気持ちが基盤として存在するのは何ら不思議なことではない。

 

世界には大勢のランナーがいて、走力のレベル目指すところランニングのスタイルに違いはあれど、「走ることが好き」という気持ちは共通項となり得るのである。

(稀に、根っからのアスリートの方で「走るのは大嫌い」と公言しながら、高い競技レベルで走り続けている選手もいる。例えば、新谷仁美選手など。)

 

というわけで、僕はやはり“ファンランナー”を名乗ろう。

昔、走ることが嫌いになった時期もあったし、今でも時々走ることが嫌になることはあるが、それもこれも全部ひっくるめて僕は走ることが好きな“ファンランナー”なのである。

 

◆400m×10 interval

さて、本日も『Team阿蘇』水曜練習会

 

相変わらず走るモチベーションは低いが、開き直って気楽に走ろう。

走るモチベーションが上がらない自分を責めるばかりではなく、認めてあげることも大事。

 

うん。

我ながら、ゆとり世代らしい考え方である。

 

それに、そういうことであれば今日の練習はGoPro撮影に徹するというやり方もある。

ただ自分が走るだけでなく、自らメディアとして発信する役割を担うのだ。

 

そうだ、“メディア系ランナー”になるのもアリだろうか。

僕は前々から、何かしら影響力のあるランナーになりたいという思いを持っている。

 

そういう思いを持っていても、自らの競技力では周りに影響を与えることはできないと嘆くことがあるかもしれない。

しかし、競技力の高いランナーだけしか影響力のあるランナーにはなれない、なんていう決まりはない。

 

誰でも発信できるようになった今の時代、もはや“やったもん勝ち”の世界である。

これからも個人メディアの力はどんどん大きくなっていくはず。

 

<GoPro動画>

※編集終えたら、追加しまーす

 

というわけで、今回はGoPro撮影しながら400mインターバル。

腕が疲れた。

 

動きは割と400mという短めの距離なら大丈夫のようだ。

長い事走ってなかったおかげで、溜まりに溜まったバネで走り切れる。

 

ただし、心肺機能はアウト

練習不足時特有の、あの肺からヒューと空気が抜けるような音がする。

 

出力は低めの安全運転走行だったので、それなりに余裕はあったが、体力レベルが低下しているのはあまりに明白である。

危機感とまでは言えないものの、多少やる気レベルが閾値に近づいた。

 

ちなみに、実際の疾走区間距離は400m足らず、おそらく380mくらいだろう。

それゆえに、タイムはあてにならない。

GoPro撮影に注力していたため、タイムは計らず、あまり意識もせず

動き心肺機能に、スピード刺激が入ればOKだ。

 

 

先日、おかやまマラソン念願のサブスリーを達成したタニムラさん(右)。

おめでとうございます!

『Team阿蘇』での練習の成果と言ってくださり、この上ない喜び。

 

同じくサブスリーを狙う『Team阿蘇』のメンバーお三方もタニムラさんを追随していくことだろう。

岡山土産のきび団子を食べてサブスリー祈願!である。

 







人気の記事

1

いろいろ自分をオープンにしてみようキャンペーン。   「ぶっちゃけ日本縦断するのにいくらかかったの?」 という話。   結構尋ねられることが多いので公開します。   トー ...

2

  走って日本縦断しているとき、 「荷物は何が入ってるの?」 と聞かれることも多かったので、 今回は日本縦断ランを共にした荷物たちを公開しようと思う。 バックパック まず、なんといってもこれ ...

3

「走ることの何が楽しいの?」   これはもう、めちゃくちゃ聞かれます。 あらゆる人から。   ほとんどのランナーに共通する悩みというか、あるあるというかそんな感じでしょうか。 &n ...

4

5ヶ月間で3700kmを走る日本縦断ランを終えて、僕の周りの方々からよく言われるようになった言葉がある。     「きっととても成長しただろうね」 「一回りも二回りも大きくなったは ...

-ランニング日誌, ランニング練習, 走 Running

Copyright© 走×旅 ~Running Journey~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.