走ることと旅することが好き。迷えるランナーのブログ。2015年走って日本縦断を達成。

走×旅 ~Running Journey~

お知らせ News 地域 Local 走 Running

【NEXTプロジェクト】阿蘇の雄大な景色を眺めながら仕事ができるコワーキングスペースを作る③

投稿日:

Pocket

◆鳥取は米子駅にて

只今、2019年1月8日 午前6時

鳥取県米子駅にてこのブログ記事を書いている。


年の瀬から2週間程、自分をとりまく状況が目まぐるしく変わった。

自分でもこの展開の激しさに付いていけてない気すらする。


でも、本当に大事なことってこれくらい怒涛のスピードで進んでいくんだろうなぁ。


というわけで、今回はいろいろ追加された近況をいくつか記しておきたい。



◆『阿蘇にコワーキングスペースを作る』プロジェクトの続編

参考記事①

参考記事②


簡単に言えば、

この冬(1~2月末)ゲストハウス“阿蘇び心”のスペースを間借りして『コワーキングスペース』を運営してみよう。


という話なのだが、とある問題が残されている。

それは、


「冬の阿蘇は全然人が来ない」問題だ。

熊本県外の人や九州外の人には意外かもしれないが、阿蘇という地域は東北の青森と同じくらい寒いと言われている。



1月~2月のこの時期だと最低気温“マイナス4~8℃”がざら。

一日中氷点下の日もある。



九州だからといって舐めてはいけないレベルの寒さだ。


また、四方八方を山に囲まれた阿蘇はどこから入るにも山を越えなければならないのだが、それには路面凍結の恐れが常についてまわる。

2016年熊本地震の前は国道57号で山道を越えずとも阿蘇入りできたのだが、57号線は未だに不通

この間、Google Map からも消されたようだ。


地震以降、どうしてもアクセスが悪くなった感は否めない。


元々、冬の阿蘇観光客数や訪問者数が落ち込む時期

その上、このアクセス状況では、冬季に外からのお客さんを見込むのは正直に言って厳しい

なにしろ僕も冬は路面凍結が怖いのでなるべく車で山越えはしたくないし。。。


そんな条件の厳しい冬期のみで事業をやっても、事業としては正確な評価ができない。

(もちろん、外からの人だけでなく、地元の人達にもたくさん利用してもらいたいと思っているけれども)





◆『コワーキングスペース』を冬期のみではなく、通年でやる




というわけで、『コワーキングスペース』を冬期のみではなく、通年で行うことにした。


“阿蘇び心”の宿業?は3月から再開するので、

3月以降“阿蘇び心”と僕のコワーキングスペースがコラボ状態ということになる。


“阿蘇び心”オーナーのじゃけんさんとも合意済み。


“阿蘇び心”阿蘇店ブログ↓

"阿蘇び心"阿蘇店じゃけん⇒若いスタッフへ交代!


年の瀬のある日、じゃけんとあまみん会いました。
”あまみん”今年、南米へワーホリに行く予定
それが話をしていくと……
 
じゃけん=阿蘇店をより活性化させたい=違う視点を入れたい
 
あまみん=阿蘇でマラソン関係の仕事を作りたい
+コワーキングスペース始めたい
 
コラボ決定!!

“阿蘇び心”阿蘇店ブログより


相変わらず、言葉足らずな節があるが・・・(笑)

まぁ、こんな感じである。


ちなみに、『あまみん』とは僕のことで、奄美大島出身だからということでこういう呼ばれ方をされている。

なんだか、勝手に「奄美代表」っぽくなってて恐縮だが。



元々、じゃけんさんは4月以降の“阿蘇び心”のスタッフを探していたところだったので、



僕「じゃあ、春以降は僕が手伝いますよ。『コワーキングスペース』もやりながらできますし。」


じゃけんさん「おーありがとう。じゃあ、あまみんが“阿蘇び心”阿蘇店の店長ってことでいいかな?」


おぉ!?

てて、店長・・・!?


なんとまぁ、そんな責任あるポジションに僕が就いてしまって大丈夫なのだろうか?

これまで“責任感”とは無縁の人生を歩んできたのだが・・・




でも、せっかくいただいたお話だ。

挑戦してみるのもアリか。


それに、これだけ良い条件で自分のやりたいことやらせてもらえるわけなので、なんとかじゃけんさんの要望にも応えたい



TAKEテイクばかりの『クレクレ人間』になってはいけない。

GIVEギブ&GIVEギブ。

たまにTAKEテイク。



今までの僕は“与えられ過ぎ”ていた。




◆“阿蘇び心”阿蘇店、店長交代



ということで、4月からは僕が“阿蘇び心”阿蘇店店長になるようだ。(他人事)


肩書きはどう言えば分かりやすいだろう?



「ゲストハウスとコワーキングスペースの管理人」



とかかな?



でも、重ね重ね言っているが、それ以外のこともいろいろやりたい。



そして、生まれ変わった“阿蘇び心”のコンセプトは「泊まれない宿」

“宿業”の枠に収まらない使い方をどんどんしていきたい。




・ランニングイベント

・ランニング指導


むしろ個人的にはこの辺が一番やりたい。

・英語の勉強会

・読書会


・ライティング会

・イラスト会

・フリーランス会


あと、地元の人たちがそれぞれの趣味や特技を持ち寄って、趣味会、

特技会を開いてもらうのも面白いと思っている。


講師は地元の人達


地域の小さな“大学”みたいな。
(小さいのか、大きいのかよく分からん学校だな。)




相変わらず、やりたいことがあっちゃこっちゃな僕である。


肩書を一言で表すのが難しい。





それとも、本田圭佑が「ケイスケ・ホンダ」という仕事をしているなら、


僕は「カズマ・ウエハラ」をしているとでも言おうかな。




職業「カズマ・ウエハラ」



うわぁ~。

完全にイタい奴や。。。

やめておこう。


本田圭佑が言うならいいけど、僕が言ったらダメなやつや。

実績が足りな過ぎる。。。




というか、四の五の言わずにやれ、という話である。



「走りながら考える」

これに尽きる。







人気の記事

1

いろいろ自分をオープンにしてみようキャンペーン。   「ぶっちゃけ日本縦断するのにいくらかかったの?」 という話。   結構尋ねられることが多いので公開します。   トー ...

2

  走って日本縦断しているとき、 「荷物は何が入ってるの?」 と聞かれることも多かったので、 今回は日本縦断ランを共にした荷物たちを公開しようと思う。 バックパック まず、なんといってもこれ ...

3

「走ることの何が楽しいの?」   これはもう、めちゃくちゃ聞かれます。 あらゆる人から。   ほとんどのランナーに共通する悩みというか、あるあるというかそんな感じでしょうか。 &n ...

4

5ヶ月間で3700kmを走る日本縦断ランを終えて、僕の周りの方々からよく言われるようになった言葉がある。     「きっととても成長しただろうね」 「一回りも二回りも大きくなったは ...

-お知らせ News, 地域 Local, 走 Running

Copyright© 走×旅 ~Running Journey~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.