走ることと旅することが好き。2015年走って日本縦断を達成。「走」「旅」をメインに発信。海外のマラソン陸上情報なども。

走×旅 ~Running Journey~

オピニオン Opinion ライフスタイル 雑記

もう貯金はやめた。常に稼げる人間になった方が合理的。

投稿日:

Pocket


どうも。
ウエハラです。


はい、今日もやたら偉そうに語るよ。

「お前の自己啓発なんか聞きたくねぇよ」

という声が聞こえてきそうだが、そんなこと構わずに語るよー


◆目次

  1. もう貯金はやめた
  2. いつでもどこでも稼げる人間になった方が合理的
  3. お金稼ぎは“ゲーム攻略”



◆もう貯金はやめた


「もう貯金はしない!」


なんていうと痛快な響きに聞こえるが、実際には


もう貯金がない。。。」

という方が相応しい。

だから、実は別にカッコよくもなんともない。


幸い、長期投資目的で保有していた株式があったので、それを売却したお金を切り崩しつつ、今生活資金・経営運転資金に回しているものの潤沢とは言えない。



まぁ、このあたりの拝金主義的なプライドは捨てたので、包み隠さず(可能な範囲で)告白する。



けれども、不思議とあまり焦っていない自分がいる。


むしろ『ゼロになる快感』すら覚えていて、


「ここから何でも創ることができる!」

「ここから這い上がってみせる!」



という人間のクリエイティビティが呼び起こされるのがこの『ゼロ』という状態なのだと思う。



「何もないところから、何が生まれるか」

というところに僕は面白さを感じるのだ。



例を挙げれば、昨今の“断捨離ブーム”は人間の価値観が


「モノやお金を貯めること」→「より価値のあるものに投資すること」

「消費すること」→「生産すること」


に変化していっている証拠なのではないかと思う。



◆いつでもどこでも稼げる人間になった方が合理的


とはいえ、ここまで読んだだけでは、

「貯金がない男のただの遠吠え」

にしか聞こえないだろう。



まさしく、その通りだ。


しかし、お金を所有していないからといって、その人の価値が全くの『ゼロ』というわけではない


お金を所有していなくても、お金を稼げる力を持っているのであれば、それで良いと僕は思っている。

だから、もう貯金はやめて、いつでもどこでも稼げる人間になる為にお金や時間を投資し続けようと思う。


こう偉そうに言っている自分はまだ全然“稼げる力”が足りていないのだが、現状の力のままで時給労働だけをしていては、僕がこれから望む生き方を送るのは厳しい。

いや、時給労働も全然良いと思うのだけれど。


僕の場合、やりたいことがあり過ぎるので、限られた時間を切り売りして、なけなしの貯金を続けているだけでは埒が明かないのだ。

だから、“自分の力で稼ぐ”自営業の道を選んだ。

あと、今でこそ「貯金しないぞ」なんて言っている僕だが、昨年2018年は

「とにかく貯金して、来年(2019年)からは海外に住むぞ」

と考えてバイトしていた。
時間の切り売りである。


しかし、その時々で状況も変わるし、心境も変わるし、結局僕は今、海外に行かずに日本で自営業をしている。

貯金をしていても、僕みたいに心変わりの激しい、飽き性人間にとっては、計画通りに行かないことが多かった。

貯金していたお金の投資先がコロコロ変わってしまうのだ。


それもあるので、やっぱりしばらく貯金はしない


バイトでお金を貯めては、旅行でお金を使いつくし・・・
の繰り返しではキリがないから、やめた。


時間と場所に縛られず、自分で稼げる力を身に付けた方が合理的だ。

人生は限られている。


そのパワーを身に付けてから、日本全国でも、海外でも、どこにでも行けばいい。


◆お金稼ぎは“ゲーム攻略”


現在僕は『阿蘇び心』阿蘇店店長としての仕事もしているが、実は僕の立場的には従業員ではなく、あくまで個人事業主としての扱いである。

業務提携という方がふさわしいだろうか。



関連記事:

書類を2枚出しただけで『個人事業主』になれた。

【NEXTプロジェクト】阿蘇の雄大な景色を眺めながら仕事ができるコワーキングスペースを作る③

ウエハラ、『阿蘇び心』阿蘇店店長になるってよ



したがって、毎月決まった給料をもらうわけではない。

なぜ、こういう形態を選んだかと言えば、やはり縛りなく自由に働きたいと考えたからだ。

そういうわけで、今でも堂々と自分の仕事ができているし、比較的自由な形態で働かせてもらっている。

しかし、自営業である以上、自分でお金を稼ぐ力が必要だ


「お金を稼がないといけない」


これはもう資本主義社会の時代に生まれてしまった以上、個々人の思想うんぬんの前に、もう自明の理に近いものがある。


僕は拝金主義的なプライドは捨てたが、拝金主義的な努力はしていこうと思っている。


僕は別に大金が欲しいわけではないし、むしろ

「お金なんか無くても生きていけるんじゃね?」

というゆとりチックな、ヒッピー的な考え方をしてしまうタイプなのだが、
その一方で“お金”というもののメリットも認識している。


先日、コワーキングスペース『COCO』を利用してもらった方からの言葉だが、


「無料でこういう場所が使えたら、逆に不気味。」

「お金を払っているから、自分はここにいていいんだと思える。」


的なことを言ってもらった。



ああ、なるほど。


そう考えると、お金も正義だな。

“お金”を介して初めて生まれる価値があるんだな。



だから、僕は


お金稼ぎは“ゲーム攻略”


だと思うことにした。


ブログ運営もまさに“ゲーム攻略”をしている感覚で、

「こうしたらもっと多くの人に読んでもらえるんじゃないか?」

と考えてテコ入れした結果、アクセス数が目に見えて伸びた時なんかすごく嬉しい。

初めてアフィリエイトが成約した時は、たったの“23円”の発生額だったけれど、これがめちゃくちゃ嬉しかった


規模はめちゃくちゃ小さいかもしれないけれど、この経済の循環を回していくこと自体が面白い。

経済の循環を回し続けた結果、自分が(金銭的には)豊かになる



そして、この経済の循環を成立させるためには、

「価値提供」「価値創造」という要素が必須となる。

いわゆる「他人の為になること」をする必要がある。

僕はめちゃくちゃ個人主義的で自己中心的な人間なのだが、だからこそ「他人の為になること」をする必要がある。

それが、自分が豊かになる為の道だからだ。



じゃあ、「他人の為になること」って何なんだ?

という疑問が出てくるが、それは人によって千差万別だと思う。

けれど、その人の好きなこと・得意なことっていうのはやはり強力なエネルギーを秘めている

それが「他人の為になること」と重なれば最強だ


これが、この「お金稼ぎ」というゲームを攻略するためのクリティカルな方法である。


そして、この「お金稼ぎ」ゲームを攻略する力を身に付けることが、いつでもどこでもお金を稼ぐ人間になるために必要なのだ。










人気の記事

1

いろいろ自分をオープンにしてみようキャンペーン。   「ぶっちゃけ日本縦断するのにいくらかかったの?」 という話。   結構尋ねられることが多いので公開します。   トー ...

2

  走って日本縦断しているとき、 「荷物は何が入ってるの?」 と聞かれることも多かったので、 今回は日本縦断ランを共にした荷物たちを公開しようと思う。 バックパック まず、なんといってもこれ ...

3

「走ることの何が楽しいの?」   これはもう、めちゃくちゃ聞かれます。 あらゆる人から。   ほとんどのランナーに共通する悩みというか、あるあるというかそんな感じでしょうか。 &n ...

4

5ヶ月間で3700kmを走る日本縦断ランを終えて、僕の周りの方々からよく言われるようになった言葉がある。     「きっととても成長しただろうね」 「一回りも二回りも大きくなったは ...

-オピニオン Opinion, ライフスタイル, 雑記

Copyright© 走×旅 ~Running Journey~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.