阿蘇生活、始まる

20151102_070057

阿蘇に来てから一週間が経とうとしている。

 

現在、僕は“ゲストハウス阿蘇び心”でヘルパーとして働かせてもらっている。

20151002_093414

ゲストハウス阿蘇び心 HP

“阿蘇び心”では、高いクオリティのおもてなしを学ぶことが出来る。

そこは世界中から様々な人間が集う和の空間である。

 

20151104_073401

そして何より阿蘇の大地を走るのが気持ち良い。

20151104_074346

毎日この風景の中を走れるなんて素晴らしい。

 

ランニングコースのすぐ傍に牛馬たちがムシャムシャ草を食べてこっちを見ている。

彼らの生活はシンプルだ。

ただ食って、歩いて、寝る

 

人間からしたらそれはちょっと退屈なので、あと一つ二つくらい張り合いのある何かをやっておけばそれくらいで十分かな。

 

阿蘇の風景は僕をそういう気持ちにさせる。

何も難しく考える必要はない。

 

20151106_063119

11月6日午前6時半、今朝の阿蘇市は深い霧に包まれた。

一寸先は闇、いや霧。

車で向かうのは、阿蘇を囲む外輪山

 

20151106_072051

日の出とともに、美しい雲海を臨むことが出来た。

 

雲海に覆われているのは、世界でも最大級の規模を誇る阿蘇カルデラ

30万年という時の中で形成された地形だ。

 

この大型火山が豊かな水資源を蓄え、大地を肥やし、生命を育んだ。

そして、時には災害をもたらした。

 

20151104_205401 20151104_204746

冬の足音が近づく季節の夜、ゲストたちと焚火を囲んで、静かに語り合う。

 

それぞれの旅の話を聞いていると、やはり僕もまた旅に出たくなる。

何せ、僕はまだ世界を全然知らないのだ。

 

日本縦断を終えてある程度は落ち着くかと思ったが、旅立ちの衝動はいつでもまたやってくる。

腹が減ったのと同じように旅がしたくなる。

困ったものだ。

 

20151104_072311

僕は阿蘇の山を走っている。

聞こえるのは自分の足音と呼吸音、それから野鳥のさえずりと時々、牛の鳴く声。

 

どこに向かって走っているのだろう

ゴールが見えない。

だって世界はあまりにも広すぎる。

だから、頑張ることがどうしようもなく空虚なものに感じられることもある。

 

それでも、僕の両足は一歩一歩前に進む。

空虚であろうが何であろうが、前進している。

ただそれだけでいいのかもしれない。

 

幸福も成功もありやしない

そんなものは世間体だ。比較の世界だ。

比較の一切ない世界において、幸福やら成功やらが存在するのか甚だ疑わしい。

 

もちろん、ある程度の比較や競争が避けられないのが社会である。世間である。

しかし、その社会を構成するのは個人である。

社会とは、私であり、あなたである。

 

一人一人がそれぞれの道を進めば良いだけだ。

そうした認識をしたとき、「比較」「受容」「競争」「共存」へと形を変える。

多分。

 

ああ、言葉遊びもここまでくると非道いものだ。

 


 

 

11月から阿蘇に住みます。それから今後やりたいことを。

20151001_080524

●9/30~10/2
2泊3日の日程で熊本・阿蘇に行ってきた。

11月からしばらく(期間はまだ不確定なのだけれど)阿蘇に住む予定だ。

20151002_093414

まずは1ヶ月、阿蘇のゲストハウス『阿蘇び心』でヘルパーとして働かせていただく。

『阿蘇び心』HP

 

なぜ阿蘇?

阿蘇には1年ほど前にも訪れたことがあった。

その時、単純に阿蘇が好きになった

簡単に言えといわれれば、そうとしか言いようがない。

20151002_071107

 

阿蘇の山脈に囲まれた生活。

高地のみずみずしい空気。

日本とは思えないほどの広大な草原。

 

ただ、阿蘇を満喫するには2泊3日程度の滞在では短すぎた

何しろ阿蘇の地は広大で見所が満載過ぎるのだ。

 

九州の内陸のほぼ中央に位置する阿蘇は、九州各地の名だたる観光地へも少し足を伸ばせばすぐに行ける。

熊本・菊池渓谷黒川温泉小国の鍋ケ滝

宮崎・高千穂

大分・九重連山湯布院別府

20151001_115027 20151001_115125

(熊本・小国の鍋ケ滝。滝の裏側に入ることもできる。)

 

阿蘇市街には、美味しいお店や温泉が立ち並んでいる。

20151001_103120 20151002_121658

 

参った。

限られた時間ではとても回り切れない・・・。

 

ならば・・・

 

「住んでしまえ」

 

的な流れである。

 

ごく単純。

シンプル・イズ・ベスト。

 

阿蘇のゲストハウスで働くことについて

 

じゃあ、仕事はどうするのか?

 

先述の通り、まずは阿蘇のゲストハウス『阿蘇び心』でまずは1ヶ月働かせていただく。

20151002_093414

『阿蘇び心』HP

1年前に阿蘇を訪れた際にも『阿蘇び心』に泊まった。

スタッフのお客を楽しませようという姿勢が印象的だった。

ゲストハウスはいわゆる「安宿」に分類されるのかもしれないが、そうとは思えない程丁寧な周辺地域説明イベント早朝ツアーなどなど。

 

ここで働くといろいろな事が学べそうな気がした。

僕自身は今のところ、将来ゲストハウスを開きたいという気持ちはそこまで強くない。
(以前はあった。心変わり激しい。困ったものだ。)

それでも世界中からいろんな人が集まるゲストハウスという空間は大好きだし、そこで働くのは何かしら自分の糧になると思う。

 

「何かしら」というのがいつものごとく曖昧な表現なのだが、そこのあたりはいろいろ動きながら見つけていけたら良いかなと思う。

 

むしろ僕は「人生の道筋を立てる」にはまだ若すぎるし、経験も足りなすぎるのかなとも思う。

 

まずは自分が阿蘇やその周辺地域の良さを知ってそれをゲストの方にも紹介し、阿蘇での時間を満喫してもらえたら嬉しい

 

●「ランニング」を切り口に阿蘇を楽しむ

20151002_071453

 

先述したが、僕はゲストハウスを開業したいと思っているわけではない。

(興味はあるけれども。いずれやりたいと思う・・・かも。)

 

僕にはもう一つやりたいことがある。

 

これまた説明するのが難しいのだが、

「ランニング」を切り口に何か仕事が出来ないかな、と思っている。

 

僕はたまに思う。

走りながら人と繋がっていければ、自分はそれだけで十分幸せなのかもしれない、と。

 

「幸せ」なんて潔癖な言葉を使ってしまったが、それはいいとして。

とにかく、ランニング関係の仕事がしたいな、と。

 

じゃあ何?

実業団で走るの?

スポーツメーカーに就職するの?

 

とかよく言われるのだが、僕はそこにはあまり興味を惹かれない。

というか、残念ながら僕は実業団なんていうレベルには程遠い走力しか持ち合わせていない。

 

なんというか、これまた説明が難しいのだが、僕は新しいランニングの在り方みたいなものを考えていきたい。

 

昨今のランニング業界は、ランナーの志向が多様化しており、フルマラソンだけではなく、トレイルランニング(山道を走る)100km100マイルなどの超長距離を走るウルトラマラソンなどを走るランナーも増えてきた。

他にもスイーツマラソンとか、砂漠を7日間走るマラソンとか、北極や南極を走るマラソンとか。

もはや訳が分からない。

 

僕も走って日本を縦断した

もはや訳が分からない。

 

とにかくまあ、ランニングという一つのスポーツがいろいろな変化を見せている中で、

「ランニング」×「旅」

という化学反応に僕は注目している。

 

同じ場所をぐるぐる走るだけとか、タイムや順位だけを求めて走るとかではなく。

(それを否定はしていない。今日も僕はタイムを計って2kmコースを10周した。)

 

「ランニング」という武器を活かして、その地域その地域の「旅」を楽しむのだ。

 

それはまさに自分が日本縦断ランで経験したことそのものでもあるのだが、別に日本縦断じゃなくても良い。

海外を走ったって良いだろうし、日本全国のマラソンレースを走って巡ったっていい。

既にそういうランニングの楽しみ方をしている人たちもいるが、その数は今後増えていくのではないかと、個人的には思っている。

 

あれ、前置きが長くなりすぎた。

 

そこで、僕は阿蘇という地の魅力をランナー目線で見ていきたいと思っている。

 

阿蘇では、すぐそこの山へ走りに行ける車も少ないから走りやすい。

阿蘇駅のすぐ近くに陸上競技場もある。

気温年平均13℃と涼しく夏場の合宿やトレーニングにも向いている。
(実際に強豪チームの合宿実績もある。)

走った後は、阿蘇の温泉へ。

あと、熊本名物の馬肉を食べたら足が速くなるかも。
(タレントの武井壮さんが言ってた。)

 

合宿誘致ランナーの呼び込みは、まあスタンダードなやり方ではあるが、そういうこともやってみたい。

 

僕が勝手に尊敬している長野・売木村の重見高好さんの活動もとても参考になる。

走る村うるぎプロジェクト

関連記事~重見さんに会う 日本縦断ラン(長野)

 

ちなみに僕の地元の奄美大島も冬の時期は多くの強豪実業団チームが合宿に訪れる

いつか阿蘇でのノウハウが活かせるかもしれない。

 

・・・というのが、今のところの僕の妄想。

まだ何も形になっていないので、これから、だ。

 

長々と書いてしまったが、これが目下の僕のやりたいことである。

他にもいくつかポツポツとやりたいことはあるが、それらは追々報告したいと思う。

 

20151002_071115

10月いっぱいは福岡を中心に何やかやしてます。

走って手紙を届けます『ランニング郵便』

現代の“飛脚”

先日、素敵なお仕事をいただいた。

内容は、福岡~熊本まで走って手紙を届けるというものだ。

 

現代の“飛脚”である。

飛脚は、目的地までリレー方式で複数人のランナーが物を届けたそうだが。

 

今回は僕一人で福岡から熊本まで走って手紙を届ける

 

ああ、またなんて馬鹿なことを。

 

図版:東海道五拾三次之内 平塚「縄手道」
初代広重 保永堂版 静岡県立博物館蔵
answer7http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/tokaido/02_tokaido/04_qa/index4/answer7.htm

依頼者

20150924_010958

●依頼してくれたのは、
旅するカメラマン・園田滉樹くん。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004138600439&fref=ts

ちなみに、日本縦断ランの道中でも、彼には名古屋でお世話になった。

過去記事はこちらから。↓
日本縦断ラン 27~28日目(愛知~岐阜)

 

そして先日、我々は福岡で再会を果たしたのである。

20150923_141147

(荷物でかい。)

 

●彼は現在、日本中を旅して回りながら、写真を撮ったり路上で販売したりしている。

12043096_572430652904883_6698926853805224684_n

(僕も何度か買ってます。良い写真を撮るんです。)

 

その彼が先日、熊本を旅していた時に出会った方の写真を撮ったそうだ。

長年連れ添った愛犬とともに撮影された素敵な写真だった。

 

ところが、撮った写真をプリントしてその方に手渡す前に滉樹くんは熊本を離れなければいけなくなった。

それから福岡にやってきた滉樹くんは、郵便でその写真と手紙を本人のもとへ送ろうとしていた。

 

そこで僕が

「福岡から北海道まで走ったけど、九州はまだ走ってないから九州も走りたいなア」

とか変なことを言い出したもので、滉樹くんは

「じゃあ、カズマにこの写真を熊本まで走って届けてもらうわ!」

という流れになったわけだ。

20150923_125007

 

“超”非効率なランニング郵便

 

「走って手紙を届ける」

 

どこまでも非効率な届け方である。

 

時間がかかる。

お金がかかる。

身体が疲れる。

 

100円程度の切手を貼って郵便ポストに投函してしまえば郵便局が迅速に届けてくれるというのに。

 

それなのに、滉樹くんは僕に頼んでくれた。

 

僕らもなぜこんなことをするのか良く分かっていない。

強いて言うなら、

「何か面白い方法で届けたい」

というくらい。

 

それを受け取る方は、本当に喜んでくれるのだろうか。

まだ確信は持てないけれど。

 

幸いにも受取人の方も早急を要してはいないとのことだった。

 

短い時間で届けることはできないかもしれない。

けれど、責任もって受取人の元まで届けさせていただきます!

ありがとう、滉樹。

12011151_572430812904867_6582911886222325296_n

福岡出発は10月12日です。

今のところ、熊本市がゴールの予定。

ぶっちゃけ日本縦断するのにいくらかかったの?~費用データあれこれ~

20150826_121736

いろいろ自分をオープンにしてみようキャンペーン。

 

「ぶっちゃけ日本縦断するのにいくらかかったの?」

という話。

 

結構尋ねられることが多いので公開します。

 

トータル費用は、ざっくり30万弱

20150916_101423

旅の期間が大体5ヶ月だったので、1ヶ月あたり6万円という計算になりますね。

かかった費用は割とマメに記録していました。
(税理士事務所でバイトしてたおかげか。)

内訳はこんな感じ。

 

<計上期間:4/2~8/27>

●食費:¥ 123,141

●宿泊費:¥ 117,244

●備品費:¥ 13,170

●交通費:¥ 2,010

★合計:255,565

 

・・・なんですが、上記はあくまで計上した分の金額です。

洗濯代自販機で購入した飲料代など記録し損なった費用もありますので、そこは概算致します。

 

・洗濯代:¥ 600×8回=¥ 4,800(概算)→雑費計上

・飲料代(自販機購入分):¥ 160×50回=¥ 8,000(概算)→食費計上

・未計上食費:¥ 5,000(全く以て概算)→食費計上

 

以上の費用をプラスすると・・・

 

<計上期間:4/2~8/27>

●食費:¥ 136,141

●宿泊費:¥ 117,244

●備品費:¥ 13,170

●交通費:¥ 2,010

●雑費:¥ 4,800

★合計:273,365

 

となります。

 

また、この他にも僕が個人的に使ったお金があります。

大体それは本の購入代なのですが、
古本屋で100~300円程で購入しては、読み終わったら売るか、どこかにひっそりと置いていくということをしていました。

 

それが、概算で

¥ 250×40冊(概算)=¥ 10,000

 

以上をプラスすると

 

★合計費用:¥ 283,365

 

となりますね。

まあ、大体5ヶ月で30万円くらいかかったと思ってもらえればよいです。

 

食費について

20150814_065251

食費の ¥ 136,141を旅の所要日数で割ると、

¥ 136,141 / 148日=約 ¥ 920

一日当たりの食費は、1000円弱ということになります。

 

一日二食の日が多く(朝食と昼食が一緒になる感じ)、上手い具合にお店がなければ食事は抜き。
主にコンビニやスーパーで惣菜を買って食べていました。
また、外食した時は、一食で1000円超えのときもあります。

本当にその時の状況によって食事の摂り方は様々でした

ただ、旅先で差し入れを頂いたり食事を奢って頂いたりすることも多かったので、
トータルでは事前に予想していたより安く済みました

しかも食べさせて頂いたのは地元の美味いものばかり。

本当に有難うございます。

 

宿泊費について

12002968_819695874816301_8289163609943473024_n

宿泊費の解釈はちょっとややこしくなります。

宿泊施設ネットカフェ人の家に泊めてもらう深夜営業の飲食店に籠城野宿・・・

などなど、様々なシチュエーションがあったからです。

 

まず、宿泊状況のカテゴリー別に泊数を算出します。

 

Ⅰ.宿泊施設(ビジネスホテル、旅館、ゲストハウス、ネットカフェ、カラオケ)
・・・46泊

※ネットカフェとカラオケが宿泊施設なのかはさておき。取り敢えず、お金を払って泊まる施設。

 

Ⅱ.宿泊施設(本当はお金がかかるのだけど、人が代金を支払ってくれた或いは宿の方がまけてくれた)
・・・4泊

 

Ⅲ.宿泊施設(別プロジェクトの費用に計上)
・・・2泊

 

Ⅳ.人の家に泊めてもらう(以前からの友人知人・初対面の方)
・・・25泊

 

Ⅴ.船中泊(青森→函館間フェリー)
・・・1泊

 

Ⅵ.深夜営業の飲食店
・・・4泊

 

Ⅶ.野宿(屋内、屋外)
・・・66泊

 

まず、宿泊費 ¥ 117,244 を旅の所要日数148日で割ると、

¥ 117,244 / 148日=約 ¥ 792

一日当たりの宿泊費は、800円弱となります。

 

次に、実際にお金を払って宿泊施設に泊まった泊数(Ⅰ)である46泊で割ると、

¥ 117,244 / 46泊=約 ¥ 2549

宿泊施設一泊あたりの費用は、2500円程度となります。

 

それにしても、こうやって振り返ってみると、

一番多いのは野宿でしたが、人のお宅に泊めてもらったのが25泊もあります。
実に全旅程の6分の1にあたります。

それからホテルの手配をしてくれた方や宿泊費をまけてくれた方もいました。

本当にたくさんの方に助けていただいた旅だったなと改めて思います。

有難うございました!

 

後記

20150426_125820

とまあ、こんな感じです。

旅の途中に時間を見つけては、経費精算やら何やらしてました。

こうやって記録付けするのはあまり苦になりませんね。
(自分の振り返り用だったので、未記録の部分も多いですが。)

練習日誌も割と書き続けられる方です。

几帳面というか神経質というか…。

ご察しの通り、典型的なA型です。

 

走って日本縦断をしてやろうという強者がどれくらいいるのか分かりませんが、
何かのご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

日本縦断ラン 109~110日目(秋田~青森)

<109日目(7/19)>   

秋田県・大館市  

 

●大館市にて休養  

昨晩はネットカフェで溜まりに溜まったブログ更新をひたすら片づける。

下書きだけは書いていたのでなんとか間に合った。

 

だが、その他の作業も重なり2時間弱しか眠れなかった

 

睡眠不足ということもあり、この日は大館市内で休養することにする。

 

足底の強張りが酷くなってきた。

のあたりを揉むと激痛が走る。

 

今まで踵を痛めることは殆どなかった。

だから原因は恐らくランニングではなく、走った後にそのまま何kmも歩き続けることだと思われる。

走った直後の疲労が足底に残ったまま歩き続けることで、その負荷が踵にかかっているのかもしれない。

 

走る分にはそれほど問題ないので、深刻な怪我にならようにケアしていきたい。

 

少し大館市内を歩いた後、街の北にあるイオンで読書などしながら過ごす。

ここでも地元の方に差し入れを頂いた。

20150719_111851

 

店内はクーラーが効いていて震えるほどに寒い

僕はジャージを二枚着していた。

 

毎年この時期になると熱中症で倒れる人のニュースを頻繁に聞くが、

個人的にはその原因はクーラーの効いた室内と暑い屋外の温度差だと思う。

 

要は、人間はクーラーに慣れ過ぎてしまい、外の暑さに耐えられなくなったのではないか、と。

 

僕は自宅では真夏でもクーラーは使わない。

クーラーを浴びると逆に体調が悪くなるからだ。

 

とは言ったものの、生鮮食品を扱うスーパーでクーラーを効かせるのは仕方ないことなのだろう。

だが、生鮮食品を扱っているわけでもない、例えば銀行や郵便局でクーラーが効きすぎているのが僕には辛い。

取り留めもないことを書いた。

この晩は、イオンのベンチで寝させてもらった。

 

[109日目・走歩行距離:4km]

 

<110日目(7/20)>     

秋田県・大館市~青森県・平川市

 

●大館市発

午前5時半に起床。

イオンのベンチで寝ていたところ、朝勤務のおばちゃんたちと少し話した後、7時に出発する。

20150720_071029

 

昨晩は一晩中雨が降っていたようで少し肌寒い。

日本各地で梅雨が明けていく中、ここ秋田はまだ入梅したばかりなのだ。

 

だが雨模様だったのは早朝だけで、次第に青空が姿を見せ始め日差しが強くなってきた。

20150720_080924 20150720_080436 20150720_090705

 

辺りの景色は、平地の田園風景から険しい山道に変わっていった。

前方にはいくつもの山々がそびえ立っている。

 

この峠を越えると青森県に入る。

遂に本州最北端の県である。

 

●矢立峠

20150720_084537

それほど急ではなかったが、いくつか大きなアップダウンを走り続ける。

 

秋田県と青森県を分かつこの峠は矢立峠という。

かつて多くの偉人達もこの峠を越えていったというから感慨深い。

 

道の傍には立派な秋田杉が空高く真っ直ぐに伸びている。

20150720_092313 20150720_092408

そして、この矢立峠を丁度上りきったところにある道の駅で休憩をとる。

 

運良く、馬肉煮込み定食半額で500円だったのでそれを頂いた。

20150720_114312

ここで日本一周二週目のチャリだーにも会った。

その方は北海道を回ってきたばかりだそうで、最北端の宗谷岬6月でも気温が10℃を切っていたという。

恐ろしい。

 

 

●平川市碇ヶ関

しばらく道の駅で休んだ後、再び走り始める。

20150720_154303 20150720_154609

県境はすぐそこにあった。

青森県突入だ。

 

あまり実感が湧かないが福岡からここまで走ってきてしまったことになる。

そしてこれからもただ走り続けるだけである。

やり切った後に見えてくるものがあるだろうと信じながら。

 

20150720_162046 20150720_162615

やがて小さな集落が見えてくる。

 

青森県に入ってから、心なしか民家が密集しているように見える。

秋田や岩手ほど面積が広くないからだろうか。

 

20150720_162947 20150720_163112 20150720_163252 20150720_165804

青森に入って初めての町は、平川市碇ヶ関

津軽の玄関口である。

 

3連休の最終日ということもあってか道の駅の中は賑わっていた。

そうでなくても訪れた人を何かワクワクさせるような観光案内や展示物が多い。

 

関所の門構え江戸時代風の建物も見ていて楽しい。

 

20150720_170203

 

道の駅に隣接する温泉に入る。

入湯料は300円。

 

かつて、吉田松陰伊能忠敬らも矢立峠を越えて津軽に入る際、この湯で旅の疲れを癒したという。

何か恩恵に預かれそうな気がしながら湯に浸かる。

 

温泉に入った後、マルメロカレーを食す。

20150720_182203

 

今夜は道の駅のベンチで休んだ。

20150720_190111

 

 

[110日目・走歩行距離:24km]

ヨーロッパランに向けたクラウドファンディング実施のお知らせ

●現在、走って日本縦断中の僕ですが、これを終えた後は、世界各地を走ってこようと思っています。

第2弾は“ヨーロッパラン”

資金面では、クラウドファンディングを活用します。

 

●まず「クラウドファンディングとは何ぞや」というところから

一般的には「ネットを利用した寄付金集め」と説明されることが多いです。

ところが、この「寄付」という捉え方はふさわしくありません。

クラウドファンディングでは、あるプロジェクトに対して支援者がお金を支払い、そしてプロジェクト実行者は、支援者に対して相応のお返し(リターン)をしなければなりません

つまり、クラウドファンディングで100万円集めたならば、100万円以上の価値を提供する必要があります。

「寄付」ではなく、「事前購入」をするという考え方です。

よって、クラウドファンディングで集まったお金は、会計処理上も「売上」として計上されます

 

●現在のプロジェクトのお財布状況

日本縦断ランでは、宿泊費、食費等に関して、僕が去年1年間かけてバイトで稼いだお金を使っています。
(フルタイムと夜勤のバイトを掛け持ちしたり…)

ただ、貯金を食い潰しながら走っているので、とても継続的なプロジェクトとは言えません

バイトで稼いで、走って旅をして、またバイトで稼いで、走って旅をして…

というのも美談っぽくて良いものですが、人生一度きりとするならば、バイトで稼ぐ時間がもったいないと僕は考えてしまいます。
(もちろん、バイトから学ぶことも多いですが。)

 

●では、何か価値を提供しながら(収入を得ながら)、「走る旅」を続けることはできないか?

僕はこのプロジェクトを通して、本当に応援されてばかりです。
応援があるから走れています。

だから、それに対して僕なりの価値を創っていきたい

旅の経験をシェアすることはもちろん、支援者に対するリターンとして、オリジナルゴムバンドTシャツ等の製作も現在進めているところです。

※詳しいリターン内容は、リンクをご覧下さい。

 

自分が今やってることにどれだけの価値があるかを試す

大学を卒業し、企業にも就職しなかった以上、「自らお金を稼ぐ」ということにいつまでも目を背けてはいられません

もちろん、人からお金を頂くということは簡単なことではありません。

ただ、やってみないと分からない。

見切り発車です。
経験も浅いです。
至らないところはたくさんあるかと思います。

上手くいかなければ、より価値があるものを提供できるように改善を重ねるのみです。

 

これからも僕の「走る旅」を楽しみにしてくれる方がいらっしゃれば、是非ご協力頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

https://faavo.jp/fukuoka/project/581

初投稿・・・

 

ブログなんてものを始めてみました。

上原です。

 

しかも、僕みたいなアナログ人間がWordPress なんていう高度なものを使って・・・

手さぐり状態ですが、徐々に慣れていきましょうか。

 

まあ、ブログ始めようと思った理由はあれです。

今年の4月から走って日本縦断をするということで、その旅中の発信もしたいので、これを機会にやってみようかなと。

 

大学卒業して就職もせずに、世界のどこかをフラフラと走ってるだけだと、いつの間にかみんなに忘れられてしまいそうですから。笑

 

せめて、みなさんの頭の片隅に入れてもらえる程度には、発信していきたいな、と思った次第であります。

 

それでは、出発は2015年4月2日。

楽しみです。