『ランニング飛脚便』最終日 (10/15) 「凄いね」より「ありがとう」

『ランニング飛脚便』 4日目<最終日> (10/15)

福岡県・大牟田市~熊本県・熊本市

 

●大牟田市発

20151015_061428

5時半起床。

燃え上がる朝日に起こされる。

20151015_061444

昨晩は最低気温9℃と、それほど寒くなく、野宿していても凍えることはなかった。

いつものように体操と筋トレで身体を温めながら目覚めさせる。

 

20151015_070459

走り出す前にトイレを借りる為に寄ったコンビニで店員さんが声をかけてくれた。

「熊本まで手紙を届けに行っているところなんです」

と言うと、とても感心してくれて差し入れまで頂いた。

 

20151015_070436

この旅で初の差し入れ

一気に元気が出た。

朝からこんなに良い触れ合いができるのも「旅ラン」の良いところ。

 

20151015_072130

7時半大牟田市を出発。

早朝の空気を吸い込み、親切にしてもらったことなどを思い出す。

 

さあ、今日も元気よく走ろう。

 

 

●熊本県突入~予定変更

20151015_075634

大牟田市を駆け抜けて、熊本県・荒尾市に突入。

 

いよいよ熊本県に入ったが、まだ県の北端に入ったに過ぎない。

目的地の熊本市まではあと40km以上ある。

 

20151015_081615

荒尾市を走っている間にちょうど僕は迷っていた。

というのは、明日熊本市に到着するように走るか今日熊本市まで走り切ってしまうか、ということであった。

 

元々この旅は、5日間かけて福岡から熊本まで走るという予定だったが、今日の走りの様子だと4日目の今日、熊本市までゴール出来そうな感じがしたのである。

 

ただし、今日中にゴールするにはあと40km以上走らなければならない。

つまり、今日一日で50km以上走ることになる。

 

ちょっと頑張らなければいけないが、意外と身体が元気だったので結局、今日ゴールの熊本市まで走り切ってしまうことにした

 

僕は『ランニング飛脚便』の手紙受取人の方に到着が早まることをお知らせして、再び走り始めた。

 

20151015_093913

荒尾市から玉名市にかけては大型車両の交通量が増え、また、歩道が狭いところも多々あり、肝を冷やす場面が多かった。

 

その一方で、車から声援を送ってくれる方もいて大いに力をもらった。

 

20151015_102012

空は快晴。

気温はどんどん上昇していった。

 

身体も良く動いてくれて、5:30/kmペースで淡々とリズムよく走る。

20kmはあっという間に走ってしまった

 

 

●玉東町

20151015_104324

27kmくらいから脚が固まり始めたものの、この日は午前中に30kmちょっと走った。

時刻は午前11時

 

それに思い返してみたら、朝起きてから一切飲まず食わずで走り続けていた。

どうやら僕は、空腹状態の方が走りやすいらしい。

 

とにかく、午前中で随分と距離を稼げたので、午後は余裕を持って走れる。

 

熊本市の隣町、玉東町で休憩した。

20151015_112627

 

 

●熊本市

20151015_112137

玉東町を15時過ぎに出発し、一路熊本市を目指す。

 

20151015_154334

ほどなくして、熊本市に入ったのだが、熊本市の中心まではあと18kmある。

まだまだ気は抜けない。

 

20151015_154904 20151015_161650

秋を感じる風景を眺めながら、ほぼ無心の状態で走る。

脳の活動は結構エネルギーを食うもので、省エネで走りたいときは無心になるのが一番だ。

 

僕もこの時点で既に40km走っていたので、無心モードに切り替えて走っていた。

 

20151015_165802

45km地点、ようやく熊本市街地が見えてきた。

 

デカい

 

そして、ゴールが近づいてきたことの実感が少しずつ大きくなる中、僕は一歩一歩走り続ける。

 

この頃になると、アドレナリンか何かが分泌されたのだろうか、逆に身体が元気になってきた

 

下校途中の小学生たちに声をかけてもらったりして、ラスト10km足らずの距離を走り切る為のパワーをもらう。

 

 

●『ランニング飛脚便』、完遂

20151015_164614

熊本市中央区

18時前、僕は無事に手紙を『ランニング飛脚便』で受取人の方に届けることが出来た。

 

この日走った距離:52km

福岡から走った累計距離:126km

かかった日数:4日

 

『ランニング飛脚便』、完遂。

 

20151015_225148 20151015_230918

 

今回、手紙を受け取ったくれたのはOさん

ネットでの素顔公開は遠慮してほしいとのことだったので、このように書かせていただく。

 

今回僕が届けた手紙には、Oさんの愛犬・アラレちゃんの写真が5枚添えられていた。

 

手紙の送り主・園田くん旅するカメラマンで、Oさんとは熊本で出会い、これらの写真はその時に撮影されたものである。

 

20151015_193836

手紙を受け取ったOさんはとても喜んでくれて、僕をお家にもてなしてくれた。

 

調理師のOさんと一緒に夕食を作り、(と言っても手取り足取り教えてもらっただけだが)美味しく頂いた。

 

 

僕に『ランニング飛脚便』を依頼してくれた送り主の園田くんとも電話で話して、無事に手紙を届けることが出来たと報告するととても喜んでくれた。

 

 

「ありがとう」

 

その言葉は、「凄いね」と言われるよりも嬉しかった

 

 

秋の訪れを感じさせる冷たい風が、疲れた身体を心地よく包んでくれた。

 

 

[4日目・走行距離:52km]

[累積走行距離:126km]

 

ランニング飛脚便 福岡~熊本最終日

 

『ランニング飛脚便』3日目(10/14)

『ランニング飛脚便』 3日目(10/14)

佐賀県・吉野ヶ里町~福岡県・大牟田市

 

●吉野ヶ里町発

20151014_063137

5時半起床。

昨晩は幸運にも24時間営業のコインランドリーにありつけたので、室内でそこそこ温かく寝ることが出来た。

そこそこというのは、室内でも微妙に寒かったからである。

外で眠っていたらかなり厳しかっただろう。

 

さて、もう10月中旬で日が昇るのが遅くなった

九州はさらに日が昇るのが遅いので、6時前からようやく明るくなりだす。

それまで、体操や筋トレをして身体を温める。

20151014_063638

 

6時半吉野ヶ里モールを出発。

空気はまだまだ冷たく、指先は冷え切っている。

吐く息も白く染まっていた。

20151014_063700

周りには平野が広がるばかりで、少し北海道と似ているなと思った。

 

20分程走ると、身体がポカポカと汗ばんできた。

ジャージを脱ぎ、半袖シャツになってからエンジンがかかる。

それから、5:30/kmペースで淡々と走り続けた。

 

早朝の空気は特に気持ちが良い。

昇り始めたばかりの太陽が秋の空気を温め始めていた。

 

20151014_072151 20151014_072201

先日と同じく385号線をしばらく走っていくと、筑後川にぶつかる。

 

この筑後川も佐賀と福岡の県境である。

橋を越えて、僕は再び福岡県に入った。

20151014_072218

川を一つ渡っただけなのに交通量が増えだすのが面白い。

 

 

●柳川市

20151014_080124

そのまましばらく385号線を走り続けると、福岡県・大川市などを経由して、柳川市に入る。

ここまで19km走った。

 

柳川市は福岡県の南部に位置しているが、この辺りは福岡に住んでいる自分もあまり行ったことがない。

江戸以前の古い日本の情緒が残る観光地として有名だ。

 

せっかくの機会なので、軽く歩いて散策してみよう。

20151014_105433

閑静な古い町並みの中心に流れる川はとても穏やか。

平日なので観光客はそれほど多くなく、たまに年配の方々がツアーで町を歩いているのを見かけた。

 

それから、有名な「柳川の川下り」の光景も目にする。

船の漕ぎ人が歌う歌が静かな街並みに小さく響いていた。

 

20151014_100158

 

続いて、柳川藩主・立花家の旧邸も覗いてみた。

実はここは、今回の『ランニング飛脚便』の受取人の方が、柳川を通るならぜひ寄ってみて、とお勧めしてくれた場所である。

 

展示品はどれも保存状態が良く、当時の人々の生活がありありと想像される。

20151014_104052

そして、中庭の立派なこと。

この庭園は「松濤園」といって、国指定名勝でもある。

立派だけれども、どこか寂しさも感じられる。

 

身体の力が抜けていくような、落ち着く場所だ。

いや、ただ単に走り疲れただけかもしれないが。

 

20151014_110219

中にまでは入らなかったが、詩人・北原白秋の生家も見て回った。

生家は酒蔵であったらしい。

 

知らなかった。

いつまでも勉強不足である。

 

 

●柳川発

20151014_164900

柳川散策を終え、昼休憩。

朝6時から20km近く走りそのまま歩き回っていたので結構くたびれた。

 

つまり計6時間ほど一度も腰を下ろしていなかった。

こういう場合、ランよりも「+αの歩き」の方がきつかったりする。

 

まあとにかく、いつものようにJoyfullでブログ更新やら読書やらして過ごす。

 

20151014_172316

少し長めに休憩をとり、再び走り始めたのは17時

 

有明海の方面に沈む夕日が青空を美しいグラデーションで染める。

希薄な秋雲が海の彼方に吸い込まれるように伸びていた。

 

 

●大牟田市

20151014_173600

 

次第に日が暮れていくにつれ、気温も下がってきた。

肌寒い空気を切るように走り続ける。

 

身体は良く動いてくれて、5:20/kmペース

荷物を背負っていることを考慮すると上出来か。

 

20151014_174942

13km走って、大牟田市に到着。

福岡県の南端である。

 

この先はいよいよ熊本県だが、今日はこの辺で休む。

 

20151014_180712

大牟田市街に到着する頃には既に日が落ちていた。

 

今日も良いタイミングでショッピングモールを見つけたのでそこで寝れそうだ。

今夜は寒さが厳しくないことを祈る

20151015_061444

まあ、いざとなればネットカフェが近くにあるのでそこに駆け込むかもしれない。

 

 

[3日目・走行距離:32km]

[累積走行距離:74km]

ランニング飛脚便 福岡~熊本3日目

 

『ランニング飛脚便/福岡~熊本』2日目 (10/13)

『ランニング飛脚便』 2日目(10/13)

福岡県・那珂川町~佐賀県・吉野ヶ里町

 

●那珂川町発

20151013_070221 20151013_064733

昨晩は、福岡県・那珂川町の中ノ島公園で野宿をして夜を明かす。

 

福岡の中心からたった20km離れただけで山に囲まれた静かなエリアに入る。

そこでは、19時を過ぎるともう、まばゆい星空が頭上に広がっている。

 

山の向こうには福岡市の街灯りがぼんやりと輝いているのが見えた。

 

20151013_070429

そして、朝。

「寒い!」

川の傍ということもあって、朝晩の冷え込みは予想以上だった。

 

考えてみたら、もう10月中旬である。

そりゃあ寒い。

寝袋のみでの野宿は今週いっぱいまでだろう。

 

実際、寒さのあまり夜中に何度も目が覚めた。

久しぶりの野宿の洗礼であった。

 

余談ではあるが、寒い環境=過酷な環境でこそ人間の身体は逞しく成長するそうだ。

それは科学的にも証明されているようで、寒い環境下におかれると体内のミトコンドリアが活性化するそうである。

 

なるほど。

日本縦断ランで野宿で凍えてばかりいた僕が一度も風邪をひかなかったのも少し納得がいく。

 

軽く体操と筋トレをして身体を温めた後、7時半に中ノ島公園を発った。

 

20151013_074239

 

早速、急勾配の上り道が続く。

まずは、この脊振山(せふりやま)を越えて佐賀県に突入する。

20151013_074335 20151013_075043 20151013_080012

古い日本を感じられるような雰囲気のある山道を走っていく。

上り坂なので、ペースは7分/km近くかかっていた。

 

筋トレのつもりでじっくり走る。

 

20151013_081953 20151013_083100 20151013_082807

やがて峠を上り切った。

10kmも走らないうちに500m程上った。

もう目の前に広がるのは山並みばかり。

この人界を脱した感が少しワクワクする。

 

20151013_083308 20151013_084100

東脊振トンネルの手前で佐賀県に入る。

20151013_083801 20151013_085134

このトンネルは有料らしいのだが、料金表に「歩行者料金」が記載されていない。

 

まさか、歩行にはお金はかからないだろう。

うん、多分大丈夫だろう。

 

何も言われなかったので、そのまま通過した。

 

20151013_085300

トンネルを抜けた途端、それまでの山道から一気に景色が開けた。

佐賀のイメージらしく平野が広がっている。

秋晴れの澄んだ空気が気持ち良い。

20151013_090210

道の駅・吉野ヶ里(さざんか千坊館)にて休憩。

駅の人と話したり、メールのやりとりなどをしたりして時間を過ごす。

20151013_133956

いけすで泳いでいるヤマメを捕ってその場で調理する「ヤマメの塩焼き」が美味かった。

 

●吉野ヶ里町

20151013_142306

昼過ぎに道の駅・吉野ヶ里を発つ。

道中、2度イノシシの遺骸を見かけた。

やはり東北などを走っていた時とは見かける動物が違うなとしみじみ感じる。

20151013_150910

脊振山を下りると、佐賀の平野が眼前に広がる。

黄金色の稲が美しい。

 

20151013_160609

吉野ヶ里市街に入ると、取り敢えずここへ。

日本最大級の環濠集落遺跡・吉野ヶ里歴史公園

 

近くにあるにも関わらず中々行かないので、この機会に入ってみた。

有名観光地と聞くとちょっと冷めてしまう天邪鬼な僕だが、それでも普通に楽しめた。

入場料420円は少し高い気もしたが、公園自体がかなり広く見所が沢山あるので、十分元が取れる。

20151013_155019 20151013_155124 20151013_161101 20151013_161403

 

それにしても昔の人たちの頭の良さというか知恵には本当に驚かされる。

 

吉野ヶ里の史跡全体が、太陽の動きなどを基に緻密に計算されている。

櫓から伸びる影を基に季節ごとの稲作を営んでいたそうだ。

 

そしてその構造はエジプト、マヤ、黄河など世界中どの文明においても同じらしく、つまりは、農業がどの世界でも絶対的な重要性を持っていたことを意味する。

 

時計もコンパスもない時代に、食糧を確保する手段を昔の人たちはあれこれ考えたことだろう。

そこに知恵が育まれる

 

僕が生まれた時代の日本は既に、今日明日の食べ物を心配することはなかった。

昔の人たちとは根本から意識が違うのかもしれない。

 

さらに科学的にも、昔のやり方が現代のやり方よりも機能的であったという話も最近よく聞くところだ。

特に栄養学運動生理学

 

一日三食は食べ過ぎだとか、ご飯とみそ汁で十分な栄養が摂れるとか、靴のクッション性に頼りすぎるのは身体に良くないとか…

まあ、これらは実践するのが難しいのであるが。

 

現代と古代、優劣の問題というよりは、「見直すべき歴史がある」といったところだろう。

 

 

さて、吉野ヶ里歴史公園で古代に想いを馳せたところで、寝床を探す。

すぐ近くに吉野ヶ里モールがあったので、閉店するのを待ってから野宿しようとする。

 

ところが、寒い。

 

深夜1時でこの寒さなら、夜明け前にはさらに寒いだろう。

野宿するのが億劫になっていた僕の目は奇跡的にあるものを捉えた。

 

20151014_011115

24時間営業のコインランドリー

24時間営業というのが意外と珍しいのだ。

 

人もほとんどいないようだったので、少し寝させてもらった。

翌朝早く出ていくので許してください。

 

 

[2日目・走行距離:23km]

[累積走行距離:42km]

ランニング飛脚便 福岡~熊本2日目

 

『ランニング飛脚便/福岡~熊本』1日目 (10/12)

『ランニング飛脚便』 1日目(10/12)

福岡県・福岡市~福岡県・那珂川町

 

20151012_123406

2015年10月12日13時福岡県福岡市・大濠公園

今日から5日間かけて、福岡~熊本間を“走って手紙を届ける”旅に出る。

 

名付けて『ランニング飛脚便』だ。

 

これを行うことになったいきさつは過去記事に書いたので、割愛させていただく。

走って手紙を届けます『ランニング郵便』

 

 

さて、今回の旅路自体は、今年の4月~8月にかけて走って日本縦断をしたことと比べると比較的ライトなものと言えるだろう。

 

日本縦断ランで走った距離は約3700km

かかった期間は約5ヶ月

 

それに対して、今回の熊本までの『ランニング飛脚便』で走る距離は約120km

かかる期間は5日間の予定だ。

 

もはや、すぐ近所に行くようなものである。
20151012_114352

 

だが、今回の試みには日本縦断ランと大きく異なる点がある。

それは“走って手紙を届ける”というミッションがあることだ。

 

「何のために走ってるの?」

とは、日本縦断中に数えきれないほど聞かれた質問だが、その度に僕は返答に窮していた。

 

それは、日本縦断ランに対して僕自身が「独りよがりに過ぎないのではないか」という後ろめたさ、またその自分本位のチャレンジに何か社会的意義を含ませなければならないというある種の束縛があったからでもある。

 

それに関して言えば、今回の『ランニング飛脚便』では、これを僕に頼んでくれた「依頼者」がいて、また僕が届ける手紙の「受取人」がいる。

本プロジェクトの根幹に、自分以外の「他者」が存在する。

 

それは、少なくとも「何のために走ってるの?」と聞かれたときに

 

「ある人に手紙を届けるために走ってます」

と答えることが出来るということだ。

 

 

だから何だ、と言われるかもしれないが、

5ヶ月間走りながら「自我」というものに延々向き合ってきた僕にとって、この違いは結構大きなもののように思える。

 

つまり、今回の試みが独りよがりから進歩したものになるのではないか、ということだ。

 

いや、日本縦断ランにおいても他者とのかかわり合いはもちろん沢山あったし、あのチャレンジが100%独りよがりのものではなかったと、今では思える。

 

もっと言えば「感動をありがとう」というこの上なく嬉しいお言葉も頂いたことがある。

 

ただ、「感動」とは曖昧な言葉で、何をしたから人はこれだけ感動するとかいう法則があるわけではない。

「感動」とは非常に抽象的測定困難なものだ。

 

そこで、今回の取り組みでは“走って手紙を届ける”という具体的な活動を以て「感動」にアプローチしてみたいと思う。

 

こう言うと「感動」を狙いに行っているように思われるかもしれないが、まあ、あながち間違いではない。

だが、狙って得られるようなものではない気もする。

 

実のところ、僕は「感動」というものがよく分らないのだ。

 

だから、具体的な活動を以て「感動」という謎に満ちた人間の心理を少しでも解明したいという気持ちすらある。

 

 

ああしまった、いつものように語りすぎた。

 

 

まあそんなわけで、僕は今回も福岡のランニング仲間の方々に見送ってもらって大濠公園を走り出した。

 

毎回ありがとうございます。

12166674_10206777046917157_1672149042_n

走り慣れた福岡市街の道を大きなバックパックを背負って走るのは、どこか違和感がある。

 

出発したのが昼過ぎだったので、今日は控えめに20km程度走れば良いところだろうか。

今回の旅程には距離的に余裕を持たせている

 

20151012_140406

 

しばらく走ったところで、385号線に乗りそのまま福岡市街を南下。

ここも何度も走ったことのある道だ。

 

そして、10km程走ったところで那珂川町に入る。

少しずつ都会的な建物群が減っていき、山と田んぼの景色が姿を見せ始める。

 

20151012_142128

 

おお。

1ヶ月半前に終えた日本縦断ランの感覚が少しずつ戻ってきた

 

20151012_150319

15km地点

ファミレスのJoyfullで遅めの昼食をとって休憩。

 

まだ15kmしか走っていないが、この先にある福岡と佐賀の県境・背振山(せふりやま)が微妙に険しそうなので今日足を踏み入れるかどうか迷った。

 

雰囲気でも大体分かるが、この先に食料が買える店はなさそうだ。

そして山道に入れば寝る場所を確保できるかどうかが怪しくなってくる

 

ああ、思い出した。

 

事前に自分が走ろうと決めた距離きっかりのところで寝る場所があるとは限らないのが「旅ラン」の難しいところだ。

 

20151012_184529

結局、様子見でもう少し進んでみる。

 

時刻は18時を過ぎ、街灯の少ない山道は暗闇に近い。

(写真には何も写らない)

 

少し心細かったが、幸運にも4km走ったところでちょうど良く休めそうな場所があった。

 

20151013_065600

市ノ瀬という地区の中ノ島公園だ。

屋根もあり、広さも申し分ない。

(写真は後日のもの)

20151013_064733

さあ、久しぶりの野宿。

生ぬるい環境に馴染みかけた自分の身体にちょっと刺激を与えてやろうか。

 

[1日目・走行距離:19km]

[累積走行距離:19km]

ランニング飛脚便 福岡~熊本1日目

 

走って手紙を届けます『ランニング郵便』

現代の“飛脚”

先日、素敵なお仕事をいただいた。

内容は、福岡~熊本まで走って手紙を届けるというものだ。

 

現代の“飛脚”である。

飛脚は、目的地までリレー方式で複数人のランナーが物を届けたそうだが。

 

今回は僕一人で福岡から熊本まで走って手紙を届ける

 

ああ、またなんて馬鹿なことを。

 

図版:東海道五拾三次之内 平塚「縄手道」
初代広重 保永堂版 静岡県立博物館蔵
answer7http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/tokaido/02_tokaido/04_qa/index4/answer7.htm

依頼者

20150924_010958

●依頼してくれたのは、
旅するカメラマン・園田滉樹くん。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004138600439&fref=ts

ちなみに、日本縦断ランの道中でも、彼には名古屋でお世話になった。

過去記事はこちらから。↓
日本縦断ラン 27~28日目(愛知~岐阜)

 

そして先日、我々は福岡で再会を果たしたのである。

20150923_141147

(荷物でかい。)

 

●彼は現在、日本中を旅して回りながら、写真を撮ったり路上で販売したりしている。

12043096_572430652904883_6698926853805224684_n

(僕も何度か買ってます。良い写真を撮るんです。)

 

その彼が先日、熊本を旅していた時に出会った方の写真を撮ったそうだ。

長年連れ添った愛犬とともに撮影された素敵な写真だった。

 

ところが、撮った写真をプリントしてその方に手渡す前に滉樹くんは熊本を離れなければいけなくなった。

それから福岡にやってきた滉樹くんは、郵便でその写真と手紙を本人のもとへ送ろうとしていた。

 

そこで僕が

「福岡から北海道まで走ったけど、九州はまだ走ってないから九州も走りたいなア」

とか変なことを言い出したもので、滉樹くんは

「じゃあ、カズマにこの写真を熊本まで走って届けてもらうわ!」

という流れになったわけだ。

20150923_125007

 

“超”非効率なランニング郵便

 

「走って手紙を届ける」

 

どこまでも非効率な届け方である。

 

時間がかかる。

お金がかかる。

身体が疲れる。

 

100円程度の切手を貼って郵便ポストに投函してしまえば郵便局が迅速に届けてくれるというのに。

 

それなのに、滉樹くんは僕に頼んでくれた。

 

僕らもなぜこんなことをするのか良く分かっていない。

強いて言うなら、

「何か面白い方法で届けたい」

というくらい。

 

それを受け取る方は、本当に喜んでくれるのだろうか。

まだ確信は持てないけれど。

 

幸いにも受取人の方も早急を要してはいないとのことだった。

 

短い時間で届けることはできないかもしれない。

けれど、責任もって受取人の元まで届けさせていただきます!

ありがとう、滉樹。

12011151_572430812904867_6582911886222325296_n

福岡出発は10月12日です。

今のところ、熊本市がゴールの予定。