【僕は日本縦断をして成長しなかったと思う】

20150702_122844

5ヶ月間で3700kmを走る日本縦断ランを終えて、僕の周りの方々からよく言われるようになった言葉がある。

 

 

「きっととても成長しただろうね」

「一回りも二回りも大きくなったはずだね」

 

 

そうお声掛けしていただくこと自体は大変有難いことなのだが、はて、本当にそうだろうか。

 

 

僕は違和感を持った。

というのは、僕自身、「自分が成長した」という実感がないからだ。

 

いや、確かに少しは成長したかもしれない。

 

多少日本の地理には詳しくなったし、どこでも平気で野宿できるようにはなった。

だが、せいぜいこんなところである。

 

どこでも野宿できるからなんだ、と言いたくなる。

 

 

さて、一般的に「成長」といえば、縦方向のそれを思い浮かべる。

 

何かのスキルが身に着いたとか、マラソンのタイムが伸びたとか、人間的な評価が上がったとか。

 

世の中に“優”と“劣”が在るとして、“優への上昇”こそが、一般的には、「成長」という言葉の意味するところだ。

 

 

ところが、どうだろう。

僕は走りでの日本縦断を達成して、“優への上昇”を果たした気がしない。

 

 

僕の精神は、ある場所をぐるぐると、あるいは飛び飛びに、実に不規則な動きで迷走していた。

 

 

僕は旅の途中、多くの人々と出会い、何度も自分の観念を覆された。

世の中には自分が信じてきたものとは全く逆のものを信じる人すらいるのだ。

そうして、旅中の出会いや経験を通して自分の考え方は何度も変化した。

 

 

例えば。

 

大学で専攻していた商学部の講義では、ビジネスは利益を追求するものだと習った。

ところが、旅中に出会った経営者の中には「儲けなくていい」という信念をもっている人もいた。

 

例えば。

 

旅に出る前、僕は毎日風呂に入らなければ不潔だと思っていたが、今では毎日風呂に入るのは贅沢過ぎる気がして後ろめたい。

 

 

まあそんなところだ。

 

 

僕の考え方はあっちに傾いたりこっちに傾いたり、それまで積み上げてきたものがぶち壊されたり、新しく固まりはじめたり。

そうした変動を繰り返していた。

 

 

そういう意味で、僕は“優への上昇”すなわち「垂直的成長」をしなかったと感じるわけである。

 

 

ところが、先述した思考の破壊や創造、迷いなども広義的に「成長」と捉えたらどうだろう。

それらを「水平的成長」と呼ぶならば、

僕は「水平的成長」をしたといえるかもしれない。

 

 

いわば土台作り。

目に見えない部分での深化。

 

旅を通して、様々な人の考え方に触れたこと、様々な地域を見たこと、様々な環境下で過ごしたこと。

 

 

それらが、いつの日か心の拠り所くらいにはなる気がする。

20150824_181910

 

【走って日本を縦断したことも所詮、過去の記憶となる】

20150827_234340

 

「日本縦断ラン」を終えて1週間が経った。

僕は自らの脚だけで福岡から北海道の宗谷岬まで3700kmという距離を踏破した。

 

5ヶ月近くかかったこの挑戦は結末を迎え、それはやがて過去の記憶へと変わっていく。

そしてその記憶は時の流れとともに薄れていき、日常の波が押し寄せてくる。

 

いや、何もこれまでが日常でなかったわけではない。

日本縦断をしているときも日常は変わらず日常であった。

 

街ゆく人々は朝、車を会社へ走らせ、夕時はスーパーへ買い出しに出かける。

山中の鳥たちはいつものように夜明けを知らせて鳴き始める。

僕はいつものように腹が空き、疲労し、眠くなる。

 

僕ひとりが「非日常」にいたということはない。

日本中のどこへ逃げても、そこには日常があった。

 

 

その日常の中で、僕は走って日本を縦断した。

そして今、その「事実」が残った。

僕はその事実を5ヶ月かけて完成させたのだ。

 

別に自慢したいわけじゃない。

それは小学生が夏休みの宿題を終わらせたとか、大学生が同じバイトを4年間続けたとか、そういうことと何ら変わりない。

 

これは「事実」の完成に過ぎない。

日常に起きた地味な出来事の積み重ねである。

 

 

「で、そこから何を学んだの?」

 

就職活動にて、その学生の過去の活動を聞いた後、採用担当者が必ずと言っていいほど投げかける質問だ。

 

今の僕はまだこの質問に自信をもって答えられない。

どの言葉を選んでみても陳腐に聞こえてしまうからだ。

 

果たしてこの日本縦断ランにはどういう意義があったのだろうか。

 

 

・・・とまあ、つまらない感傷に浸っている。

 

人間が抱く迷いや漠然とした不安なんていうものは、大抵ひとりよがりの自慰行為だ。

きりがない。

人は迷いたいと思えばいつまでも迷えるし、不安を感じようと思えばいつまでも不安でいられる。

 

 

そこで僕は開き直った。

 

日本縦断ランから何を学べたかなんて今すぐ分かるものではないさ。

 

もはや、日本縦断ランは「過去」の遺物である。

 

僕は「今」何をしているかで自分を語りたいと思う。

 

その「過去」が「今」にどう繋がっているのか、急いで定義するほどのことでもあるまい。

一時期流行ったが、故スティーブ・ジョブズの言葉を借りれば「コネクティング・ザ・ドッツ(connecting the dots)」とでも言おうか。

いつか繋がれば、それで良い。

 

 

「では、お前は今、何をしているんだ?」

 

と聞かれれば、僕はまだ、ひとりよがりの迷走を続けている。

 

けれども、確実に走行距離は増えていると思うし、迷走する中で見えてきた景色も、確かにある。

 

 

そして、今日も日常がやってくる。

時はある残酷さをもって流れていく。

 

20150722_044703

送別会② 太宰ゼミ

天の邪鬼な私は、
みんなが「卒業式」ネタでSNSに投稿する中、敢えて「送別会」シリーズとして更新する

卒業すること自体はおめでたいことなのですが、
皆が皆、卒業式を経て社会人になった途端、急に人が変わるとはあまり思っていないので。

いえ、ただのしょうもない抵抗に過ぎないので、気にしないでください。笑
卒業おめでとうございます!

 

前置きが長くなりました。

 

3/20は太宰ゼミの送別会。
このゼミに入ったことも一つの転機でした。

ゼミの方針はいつも同じ。「主体的に学ぶこと」

これは、どこでも同じなんですよね。
だから太宰ゼミじゃないと学べないことじゃない。

実際、自分もゼミの枠を飛び出して活動していました。
その内、学部の枠も飛び出し、大学の枠も飛び出し、ついには日本を飛び出してしまいました。笑

むしろ「ゼミの枠にはまらない」ことを意識していた気がします。

それは別に、ゼミへの愛着がないとかいうわけではなく、
「主体的に学ぶ」というゼミでの学びを活かした結果だと思います。

もちろん活動の範囲を広げるだけが全てではありません。
活動の範囲を広げたことで、絞るべきものが見えてくる
それもまた一つの学びにはなります。

とはいえ、太宰ゼミでの活動を通して多くの学びや成長の機会を頂き、
ゼミの仲間たちと共に走ってきたということも偽りない事実です。
先輩方、後輩、同期、そして太宰先生、本当に感謝しています。
こんなわがままな自分ですが、
ゼミ長として、ゼミの一員として一緒に活動させていただきありがとうございました。

 

さて、これから「太宰ゼミ」なんて看板もなければ、「福岡大学」という看板もなくなり、
「学生」という肩書もなくなります。

そうしたときにどうするのか。

とりあえず、「社会人」という新しい肩書に頼ってみる?

否、そこで求められるのはやはり
「主体的に学ぶこと」だと思うのです。

 

※もちろん、自戒を込めて。

11058372_611149159030164_2058694201865171073_o

 

送別会① 室見川ランニングクラブ

 

 

3/22、所属する「室見川ランニングクラブ」の方たちが、僕の日本縦断ランの送別会を開いてくれました。

このランニングクラブに顔を出したのは、2年半前。
僕のランニング観が大きく変わったきっかけにもなりました。

大学2年時、度重なる怪我や不調により、自分の思うような走りが出来なくなっていて、走るのが嫌いになった時期がありました。
そして、中学時代から続けてきた陸上競技部を辞め、僕は文字通り迷走しはじめます。

ですが、いざ走ることを止めるとなんだか満たされない生活の繰り返しでした。
そこで、ふと足を運んだのがこの「室見川ランニングクラブ」

そこで見たのは、メンバーの方々が本当に楽しそうに走っている姿。
当時の僕は、タイムや順位など、競技としてのランニングばかりに意識が向いていて、走ることの楽しさを忘れていました。
その走る楽しさを思い出させてくれたのが、このクラブです

もちろんタイムや順位を目指して走ることも素晴らしいものです。
ただそれと同時に、根本に「走ることを楽しむ」気持ちがなければ長続きもしないし、それこそ走ることが嫌いになってしまったら本末転倒だと思うのです。

僕は今、「走ることが好きだ」と堂々と言えます。
そう言えるのは、間違いなくこのクラブのおかげです。

また、室見川ランニングクラブで、様々な年代、職業の方たちと関わることで、普通の学生ではなかなかできない経験をたくさんさせてもらったと思います。

これまで、本当に与えてもらってばかりでした。
微力かもしれませんが、日本縦断ランで自分が走る姿を通して、受けた恩を少しでも還元したいと思うばかりです。

室見RCの皆さん、本当にありがとうございました。
帰ってきたらまた練習に参加させてください。

11061964_1818944614997343_4143670677745428322_n

【絶景写真、きれいな写真についていろいろ】

僕の地元・奄美大島のビーチがTABI LABOさんの記事で紹介されておりました。

 

ここはカリブ海・・・?奄美大島の「土盛海岸」が想像を超える美しさだった

 

はい。確かにここのビーチ、きれいです。

ここで紹介されている写真と、そんなに差はないと思います。
ただ、どうも違和感あるのがあれです。

「写真加工アプリ」

あれは、実物とかけ離れすぎてませんかね。

 

現代文明の利器で、誰でも簡単に

「絶景写真」やら「きれいな写真」やら作れるようになりました。

便利ですねー。

 

けれど、「情報発信」っていう観点から言うと、

ああいう写真をネット上でアップすることが本当に「情報発信」なのか、と疑問が残ります。

 

僕も最近、何かを発信するようなことをしたいな、と思うようになりましたが、

「じゃあ、情報発信って何ぞや」

となるわけです。

 

「ザ・観光地」的なところに行って、きれいな写真を撮ってアップ。

「はい、これで情報発信しました!」

ってなるんでしょうか。

いや、写真コンテストじゃないんだから。^^

 

かと言って、

「写真加工アプリ」を使わなければ、ありのままの姿を伝えることができるのか?

というと、そうでもないでしょう。

 

ここで提案。

 

発信する人のバイアスって必ずかかってしまうわけだから、そのバイアスを活かしてしまうのはどうか。

 

それが「本当の姿」であるかどうかとか、それが「答え」であるかどうかは、ひとまず置いといて。

思いっきり、自分の思ったことを書く。

写真は、、、まあ、おまけ程度。笑

文章で勝負です。

 

もちろん、文章はなるべく客観的に書きなさいっていう考え方もあります。

 

しかし、普遍的で、なんとなく正しいと思えるような情報は既に溢れかえっています。

情報発信する際には、生情報に対して、どれだけ自分の考察を交えて再編集できるかが重要ではないでしょうか。

 

まあ、こんなこと言いながら、僕も「写真加工アプリ」使ったことあるんですけどね。笑

初投稿・・・

 

ブログなんてものを始めてみました。

上原です。

 

しかも、僕みたいなアナログ人間がWordPress なんていう高度なものを使って・・・

手さぐり状態ですが、徐々に慣れていきましょうか。

 

まあ、ブログ始めようと思った理由はあれです。

今年の4月から走って日本縦断をするということで、その旅中の発信もしたいので、これを機会にやってみようかなと。

 

大学卒業して就職もせずに、世界のどこかをフラフラと走ってるだけだと、いつの間にかみんなに忘れられてしまいそうですから。笑

 

せめて、みなさんの頭の片隅に入れてもらえる程度には、発信していきたいな、と思った次第であります。

 

それでは、出発は2015年4月2日。

楽しみです。