日本縦断ラン 9~10日目(広島)

<9日目(4/10)>
広島県・東広島~広島県・三原市

 

●早朝ランのすすめ

ジョイフルで、一夜を明かした後、6時前に出発。
我ながら、健康的な生活リズムだ。

僕は普段から、早朝に走る。
(と言っても、夜も走るわけだが。)

朝はいろいろと邪魔が少ないからだ

夜に走ろうと思っても、予想外の仕事や用事が入ってしまい、走る時間がとれないことがよくある。

また個人的には、早朝にある程度走ってしまった方が、
「今日は既にこれだけ走ったから、夜はちょっと楽できるな。」
と、その日一日、ゆとりをもって過ごせるのが良い。

朝走らないと、
「今日は、朝走らなかった分、夜はこれだけ走らなきゃ」
と、一日中考えてしまう。

哀しいかな、これがランナーの性である。

 

●1kmを10分のペースで

20150410_083729

昨日は、脚の痛みを抱えながら一日中歩いたわけだが、今日は果たして走れるのだろうか。
恐る恐る、ゆっくり走ってみる。

やはり痛い。

だが、ちょこちょこ走ればなんとかいける。

それにしてもゆっくりだ。
GPSウォッチでペースを確認すると、1km走るのに10分近くかかっている。
早歩きくらいのペースである。

普段の練習は1km5分ペースで走っているので、同じ距離を走るのに2倍近くの時間がかかる。

なんとも情けないが、大丈夫。
速く走ることだけがすべてではない。

その時自分が出来ることを、ただ淡々とやるだけだ

 

ちなみに、マラソン用語にLSD(Long Slow Distance)というトレーニング方法がある。
ゆっくり長く走る、といういわゆる有酸素トレーニングだ。

ゆっくり走ることで普段使わない筋肉を鍛えることができる。
また、毛細血管の発達を促し、酸素を多く取り込める身体を作ることができる。

そして実は、ゆっくり走るときと速く走るときでは、使われるエネルギー源が違う。

端折って言えば、
速く走るときは、糖エネルギーが使われ、
ゆっくり走るときは、脂肪エネルギーが使われる。

そのため、体脂肪を落としたいなら、
ゆっくり走る方が良いと言われている。

ご参考までに。

 

●7時間、雨に打たれながら走る

恐らく、この日は日本縦断ラン始まって以来、最も過酷な一日だった。

20150410_093559 20150410_071629

まず、天候がずっと雨。

写真では分かりにくいが、かなりザーザー降りである。

しかも、中国地方の山道をずっと走るわけだが、
再び恐怖の“歩道なし国道”が現れる。

20150410_091328

雨で、路肩の路面状況も良くない。
足下と、車に細心の注意を払いながら走る。

大型トラックが巻き上げる水しぶきを体いっぱいに浴びながら。
毎日お仕事お疲れ様です。

20150410_092456

20km程走ったところで小休憩。
初めて見る卵の自動販売機にちょっと感動。

 

それにしても寒い。

隣町の三原市まであと20kmある

あたりを見渡すと、山と田んぼと、少しの民家だけ。
そして、田んぼの水が氾濫するほど雨が降り続いている。

本当に三原市まで辿り着けるのだろうか

 

だが、この雨だ。
なるべく一気に走り切ってしまった方が良い。

 

●誘惑とプライド

しかし、あまりにも過酷な状況にこんな考えが頭をよぎる。

誰か親切に
「車で送ってあげるよ。」
と、声をかけてくれないかなぁ。

今のところは一時避難して、また同じ場所から走りなおせばいいじゃないか。

と、妥協寸前だった。

 

でも、いざ「車で送ってあげるよ」と言われたら、

「いや、大丈夫です。車には乗らないと決めてるんで。」

って断るんだろうなぁ。

 

なんと、自分は頑固で扱いにくい人間なんだ。
うん、これで良いのだ。

 

周りに安易な期待はしない。
自分で走る。

 

と、気を引き締め直し、再び走り始めた。

 

●三原市

ようやく、三原市に到着。
修羅場を乗り越えた分、達成感がある。

距離的には40kmにも満たない短い距離(?)であったが、ずっと雨に打たれていた分、疲労感が酷い。

洗濯を済ませ、ホテルにチェックイン。
お風呂に入った後は、すぐに休んだ。

一日中、疲れ果てるまで走り続け、倒れ込むように眠る毎日。
ある意味、贅沢な生活だ。

[9日目・走歩行距離38km]

 

<10日目(4/11)>
広島県・三原市にて休養

 

●完全休養日

ここ数日、脚の痛みで思うように走れていない。
朝起きてもまだ痛みがあった。

ここで、思い切り休養をとり、痛みをとることにする。

これまでは、休養と言いながら一日中歩いたりしていて、あまり効果的な休養ではなかった。
今回は徹底して休もう

少しずつ進んでいくことも大事だが、
ある程度リフレッシュさせた状態で走ることも大切だ。

福岡のランナーの方からこんな言葉を頂いた。

「丸々1日休んだっていいじゃん。 休んだぶん、次の日は、もっと楽しく走れるよ。」

気持ちがラクになった。

 

この日本縦断ラン、各地にチェックポイントとそこまでのおおまかな到達期日を設定している。

そのノルマのおかげで、あまりランを楽しめていない自分がいた。

 

この際だから、走るのはきっぱり休んで
今日は、溜まっている仕事やブログ更新を一気に片づけてしまおう。

 

と、こんな日に限って、三原市は快晴

おいおい。
走りだしたくなってしまうじゃないか。

 

[10日目・走歩行距離1km]

 

日本縦断ラン 7~8日目(山口~広島)

<7日目(4/8>

山口県・岩国市~広島県・西広島

 

岩国からのろのろラン

 

相変わらず、左ひざは痛む。

のろのろと走る。

 

「ゆっくり、だが、着実に一歩ずつ。」

 

ランの先輩から頂いた言葉で、

このラン旅で、僕が常に自分に言い聞かせている言葉でもある。

 

3000kmを超える途方もない距離を走るわけであるが、一歩一歩着実に走っていけば必ずゴールは目の前に現れる。

 

「一歩一歩を楽しめ。」

 

 

広島県突入

20150408_095005

岩国を抜けると、広島県の大竹市に入る。

 

海の景色が増えてきた。

町の雰囲気も人の雰囲気も少し変わった気がする。

 

20150408_105131

しばらく走っていくと、かの有名な宮島が見えてきた。

 

しかし、僕は左ひざの痛みに悶えながら走り抜ける

 

正直あまり景色を楽しむ余裕がなかった。

 

 

西広島へ

20150408_151219 20150408_151340

 

今日は本当に我慢の走りだ。

黙々と一歩一歩走る。

いくつもの爆弾を抱えた脚を慎重に運んでいく。

 

精神的にも疲弊するためか、やたらと腹が減るので、間食が多い。

日本縦断ランをして、かえって太りそうなくらいだ

 

西広島に到着。カラオケを宿にすることにする。

ナイトパックで1500円程度。なかなかリーズナブルだ。

 

広島の店員さんはなんだか元気が良い。

 

[7日目・走歩行距離46km]

 

 

<8日目(4/9>

広島県・西広島~広島県・東広島

 

ウォーキングデー

 

どうも左ひざの痛みがひかないので、今日は休養日として、ウォーキングのみとする。

 

といっても、結局37km歩いたわけだが

 

それにしても、ウォーキングは、ランニングとはまた違った感覚を味わえる。

 

一言で表すと「暇」

 

ああ、高校時代や陸上競技部に属していた時代も、故障した時は惨めな気持ちで、トボトボ歩いていたな、と思い出す。

どうも暇なのだ。

 

いやいや、せっかくの日本縦断ランなんだぞ

楽しまないと損じゃないか

 

そうだ。

ウォーキングは良いトレーニングになると聞いたことがある。

ランニングとは違う筋肉を使うから、ランニングでは鍛えられない箇所を鍛えられるそうだ。

 

そう考えるとウォーキングも急に楽しくなってくる。


1
8時間も歩くとなると、楽しむためにいろいろ知恵を絞るようになる。

 

 

国道2号線の恐怖

20150409_135510 20150409_135512

2号線の一部はこんな感じである。

 

人が通ることを想定して造られていないようだ。

 

気は抜けない。

 

ラン旅が普及するためには、道路の整備も重要になってくるだろう。

すぐに実現できることではないが。

 

 

●東広島に到着

 

この日は、8時間歩いて、ようやく東広島に到着。

 

そして、宿を探す。

見つけたのは、再びジョイフル

 

いや、本当にお世話になります。
ジョイフル様。

 

[8日目・走歩行距離37km]

 

日本縦断ラン 5~6日目(山口)

<5日目(4/6>

山口県・周南市~山口県・光市

 

周南発、左ひざの激痛治まらず

20150405_183321

午前6時、周南のジョイフルを出発。

昨晩はあまり眠れなかった。

ほとんど座って寝ていたため、足がパンパンにむくんでいる。

靴がキツキツだ。

 

とにかくコンディションは良くない。

走り始めてみても、昨日の左ひざの痛みはひいていなかった。

ちょこっと走っては、ちょこっと歩いて、の繰り返し。

 

ううむ。

思い切り、休んだ方が良いのかもしれないが、今日はどうしても行かなければならない場所がある。

 

光市

山口県の光市で会う約束をしている人がいた。

20150407_134733

井上さん。

とても明るく優しい方だ。

初めてお会いしたのは、今年2月に僕の地元・奄美大島で行われたOSJジャングルトレイルという大会だった。

山口県から、遠く鹿児島県の奄美大島まで走りに来てくれた。さらに、その大会だけでなく、奄美で行われる他のレースにも多数出場されている“奄美ファン”である。

 

そんな縁で、今回の日本縦断ランでも会う約束をしていたので、必ず今日のうちに光市に辿り着かなければならない。

 

しかし、脚は痛い。

左脚を引きずりながら歩く。

そして、雨はどんどん強くなる。

 

走っている分には、身体が温まるので雨でも構わないのだが、歩いていると身体がもろに冷えてしまう。

これはかなりやられた。

 

しかし、公共交通機関は使わないという、これまた厄介なプライドがある。

 

とにかく、一歩一歩歩くのみだ。

 

結局17km4時間雨に打たれながら歩き、光市に到着。

約束の10時、なんとか無事に井上さんと合流できた。

 

休息日

流石に脚のコンディションが悪いので、午後からは光市でゆっくり休養をとることにする。

20150406_153604 20150406_193809

20150406_185904 20150406_101726

光市では、井上さんとそのランニング仲間の方たちのお世話になった。

たくさんご馳走して頂き、ランニングのお話をたくさんして盛り上がった。

本当に楽しい時間を過ごすことができた。

 

彼女たちもちょうど昨日、さが桜マラソンを走ったばかりだという。

お互い、実によく走る。

 

また、いろいろな話をする中で、皆さんが僕に対して、「すごいねー」「偉いねー」と褒めちぎってくれるのだが、なんてことはない、僕は自分の好きなように走っているだけだ。

 

もちろん、褒められて嫌なわけではない。

とても有難いことには間違いない。

 

ただ、自分のやっていることが褒められることに対して、どこかまだ困惑の気持ちがあった。

 

[5日目・走歩行距離17km]

 

 

<6日目(4/7>

山口県・光市~山口県・岩国市

 

光市応援団に見送られて

 

なんと、井上さんたちが僕のランニングを車で先導してくれるという。

国道は歩道がなくて危険だから、もっと安全な近道を先導してくれるとのこと。

 

いやいや、どんだけ優しいんですか。

 

もう走りながら感謝感激である。

 

左ひざの痛みはだいぶ良くなっていた。

この日の午前中は一気に34km走った。

20150407_094453 10933887_1637497423136451_4745571887893009310_n

11091174_749536991829841_8296366422708694611_n 20150407_101156

光市応援団のおかげで、とても楽しく走ることが出来た。

本当にありがとうございます。

 

すると、光市応援団の方からも「元気をもらえた」「涙が出てきた」なんていう言葉まで頂いた。

 

いやいや、自分なんて本当に好きなように走っているだけなのに・・・。

 

でも、そう言っていただけるのは、この上ない喜びである。

自分が走る理由がまた一つ増えた気がする

 

 

玖珂から岩国へ

午後は、再び左ひざが痛み始めたが、ちょこちょこ走ればなんとかなりそうだ。

あとは、普段使わない筋肉を使って走る。

膝への衝撃を減らすために、大腿で衝撃を吸収するようにして走る

 

徐々に寒風が吹いてくるようになってきた。

走るスピードが上がらないため、身体が冷える。

 

岩国に着くころには、完全に身体が冷え切ってしまっていた。

夜はさらに寒くなる。

 

野宿は諦め、ビジネスホテルに宿泊。

 

15940円。

 

なかなか値段が張ったが、仕方ない。

しかも、またwi-fiが使えないという。

 

とにかく、疲れ果てていたので、さっさと休んだ。

 

ちなみに、岩国でテレビをつけると、既に広島の放送局のようで、カープの情報ばかり流れていた。

ちょっとした変化が面白い。

 

[6日目・走歩行距離59km]

 

日本縦断ラン 3~4日目(山口)

<3日目(4/4)>
山口県・下関市小月~山口県・山口市小郡

 

小月発

2泊目の野宿はなかなか壮絶だった。

ベンチの幅が狭くて、何度も落ちそうになった。

というか、一度落ちた。

20150404_061956

でもまあ、憎めないやつである。

さらば、小月。

日本縦断ランしてなければ、名前も知らなかったかもしれない

そして、ここのポプラの充実ぶりは凄かった。

20150404_062128

 

 

●念願の田舎道

20150404_083327

ここにきて、見渡す限り田園風景になってきた。

穏やかな風景である。

田舎好きの自分にとっては申し分ない

途中立ち止まって休憩する。

 

 

●身体の異変

なんだかんだ、2日間で100km以上走った。

ここにきて、脚が固まってきた。

まあ、当然といえば当然なのだが。

実は、日本縦断前から右脛を痛めており、スタート前2週間ほど、ほとんど走っていない。

その右脚を庇いながら走っていたことも多分に影響している。

20150404_112922

至る所に痛みが出てきたところで、一枚パシャリ。

桜がきれいでした。

というごまかし。

 

 

●どМの哲学

僕は矛盾を抱えていた。

自分は常日頃、「楽しんで走ろう」と声高に言っている。

しかし、今自分は走っていてキツい

 

もう脚ガッチガチ。

バックパックと腰や肩が擦れて出血寸前。

まともに走れたものではない。

 

「こんな状況で楽しめるか!」

 

と、正直そんな気持ちである。

 

そう、走ることはキツい。

ましてや、1日50km、重い荷物を背負って走るのである。

キツくないわけがない。

 

しかしながら、面白いことに人間はそれでも走り続ける。

まるで、苦しいことそのものを楽しんでいるかのように。

どМである。

 

でも、苦しい状況を楽しめるって最強じゃあるまいか

 

意味づけは何でもよい。

「ここを乗り越えたらもっと強くなれる」とか

「ここを走り切ったら、自分へのご褒美に美味いもん食べる」とか

「こんなに頑張ってる俺、イケてる~」とかでもよい。

 

世間でそれを「どМ」と呼ぶなら、自分にとって「どМ」は褒め言葉みたいなものだ。

 

 

●小郡(新山口駅)

「どМ」について真面目に考えながら走ったところで、小郡(新山口駅)に到着。

今回の旅で、初の宿。

ビジネスホテルしかないようなので、なるべく安いところを探す。

しばらく歩き回ると、古風な宿を見つけたのでチェックイン。

20150404_192727

溜まっていたメールのやり取りなどをしようと思ったが、Wi-fiが無いらしい。

ちょっと古風すぎた。
今日はゆっくり休めということか。

 

[3日目・走歩行距離43km]

 

<4日目(4/5)>
山口県・山口市小郡~山口県・周南市新南陽

 

●新山口駅をスタート

今朝はゆっくり過ごし、8:30にスタート。

前日、お湯に浸かったので、だいぶラクだ。

淡々と防府市に向けて走る。

 

 

●佐波にて

佐波のコンビニにて小休憩していると、通りすがりのおば様が話しかけてきた。

いくらか話した後、なんと食料を買ってくれた。

20150405_102921

 

名前を聞こうとしても、

「いいの、いいの。」
写真撮りましょう、と言っても、

「いいの、いいの。」

 

「気を付けて、頑張ってね。」

とだけ言い残して去った。

じ~ん。

無償の愛とはこのことか、と思ってしまった。

カッコよすぎる。自分もあんな人間になりたい。

 

大げさではなく、それまでの疲れが吹っ飛んだ。

 

 

●防府にて、左脚に異変

疲れは吹っ飛んだものの、左脚に疲労とは別の激痛が走った。

膝の軟骨がすり減って摩擦を起こしている感じだ。

 

このまま走り続けても、怪我をするだけなので、しばらく歩きに切り替える。

ゆっくり歩くのもまたよい。

20150405_140454 20150405_140706 20150405_141759

 

こんな秘密のルート的なのも発見。

そして、海を眺めながらしばし休憩。

20150405_143830

なんとかゆっくり走れる状態まで回復。

この旅では、回復力がものを言いそうだ

 

と言っても10kmが限界。

その後はまた歩き続け、宿を探した。

 

 

宿発見

20150405_183321

新南陽にて、宿発見。

九州人ならおなじみジョイフル。

もはやファミレスを宿と呼んでしまうほどの図々しさである。

 

福岡と違って、深夜は人が少なかったので、居候させてもらった。

日本のファミレスって凄い。

※店舗によっては断られるのでご注意を。

 

[4日目・走歩行距離43km]

 

日本縦断ラン 1~2日目(福岡~山口)

 

<1日目(4/2)>
福岡県・福岡市~福岡県・遠賀郡

 

●2015年4月2午前6時55分、
福岡県・福岡市大濠公園から

日本縦断ラン、スタート

11067136_931819596838167_5131989012639497152_n 11053658_746588295458044_5374425798914848003_n

10433106_746588322124708_7192558622745867591_n 604111_746588345458039_6891695848774497397_n

一昨日まで韓国をチャリ旅。
前日はバタバタと準備に追われるという強行スケジュールが祟り、なんとスタート当日に寝坊するという大失態。

そんな中、所属するランニングクラブのメンバーや福岡のランニング関係で繋がりのある方々、友人たちに見送られ、無事にスタートすることができました。
朝早くにお集まりいただいたのに、お待たせしてすみませんでした・・・。

10646976_746588388791368_4806811420071792760_n 10999562_746588418791365_3212798056423749733_n

寄せ書きTシャツも頂きました。
これはめちゃくちゃ力になる。
ありがたく使わせていただきます!

慌ただしいスタートでしたが、変に緊張しなくてかえって良かったかもしれません。
それにしても、こんなにたくさんの人に見送られ、メッセージやプレゼントを頂いてスタートできるなんて、自分は幸せ者です。

精一杯楽しんできます!
そして、自分が走ることで、見守ってくれる人が少しでも元気になりますように。

 

●さて、いよいよスタートしてしまった

なんだか気分が高揚してどこまでも走っていけそうだ。

いや、これは危ない。
最初から飛ばしてはいかん。

と、高まるテンションを抑えながら走る。

のつもりだったが、時計を見てみると・・・

3時間経過

えっ、もう3時間?

というくらいの感覚。

とにかく、普段以上のテンションの高まりが少なからずあったようで。

11130119_385415668335138_3988359574624379894_n

スタート直後しばらくは、日高さんの案内で一緒にジョグ。
トライアスリートで、専門はバイクでありながら、ランも速いです。

 

●国道3号線を北上

こういうことをするまでは、国道何号線とか全然気にしていなかっただろう。
新しい何かをするときは、いろいろ視野が拡がる

20150402_114204 10425362_746590458791161_2389324025119343601_n

第一休憩ポイントは、福岡県・宗像市に入ったところ。
ここで昼食をとり、本日後半戦に備える。

青空と花が良い感じの場所。
きれいな風景に出逢ったら、立ち止まって休憩する。

このラン旅はそういうことも全然ありである。

 

●海老津の名水

天気が良すぎて喉が渇く。

水を切らしてしまった。

と思った刹那、道路脇にあらわれたこれ。

20150402_152841

海老津の名水。
100円かかるみたいだが、有難い。

しかし、よく見てみると・・・。

20150402_152946

20リットルで100

なるほど。大量買いのパターンか。

そこに地元の方が現れ、しばしお喋り。
この方も水を汲みに来たとのこと。

そして、

「私も20リットルは要らないから、もらっていき。」

とのお言葉。
あ、ありがたい!

心と体に沁みる海老津の名水でした

 

 

●1日目終点、遠賀

大体、1日50kmを目安に自分の体調を見ながら、終点を決める。

もちろん宿の予約はしていないので、行き当たりばったり。

結局、宿は見当たらなかったので、野宿決定

 

しかし、野宿と言って侮ることなかれ。

20150402_183424

こんなに満開の桜並木を眺めながらの寝ることができるのである。
野宿も捨てたもんじゃありません。

まだ少し寒かったけど。寝袋があってよかった。

 

[1日目・走歩行距離54km]

 

<2日目(4/3)>
福岡県・遠賀郡~山口県・下関市小月

 

●一夜明け、午前5時半

20150403_061540

うん。まあ、走る以外に特にすることがないので、走り始める。

もともと早起きなので、別にこの時間から行動するのは苦ではない。
天気は雨。

しかし、構わず走る。

雨が降っているから走らない、ということはあまりしない。

雨の日は雨の日なりのランニングの楽しみ方があるからだ。
嗅覚がいつもより敏感になるし、雨音に耳を澄ませながら走るのも良い。

バックパックにはレインカバーを装着。
「日本縦断RUN」の文字を覆ってしまうのは、少し惜しいが仕方ない。

 

門司港

雨に打たれながらずっと走り、門司に到着。

流石に身体が冷えた。

ささっと着替え、昼食をとる場所を探す。

しかし、雨がさらにひどくなったのであまり動き回れない。

有名どころの焼カレーのお店を探してもよかったが、ふと目に留まったうどん屋さんに入る。

20150403_134858

メニューに「カレー」とあったので、

「このカレーは焼カレーではないんですか?」

と聞くと、

「うちは、焼カレーは作らない。あれは町が観光戦略として作り出したものだから、ご当地グルメでも何でもない。」

とのこと。

 

ああ、こういうプライドめっちゃ良い。

と思いながら、目玉メニューの「肉うどん」を注文。

長時間煮込んだ肉がとろっとろで美味い。

おまけに、サービスでごはん追加。わお。

 

そして、最後にもらったのはこれ。

WIN_20150406_182702

タイの通貨

詳しいことはあえて聞かなかったが、ラッキーコインらしい。

店長さんにとってなにか思い入れのあるエピソードでもあるのだろうか。

そんな妄想をしながら走るのも良い。

 

 

●山口県突入

17293_746590525457821_2936705013874349918_n

関門海峡の人道トンネルを抜け、山口県・下関市に入る。

 

とりあえず南側の海沿いを行ってみる。
磯の香りが、島育ちの自分には心地よい。
そして、そのまま右手に海を眺めながらずっと走る。

相変わらず雨である。

なんで自分はこんなことをしているのだろう、と自分で自分が笑えてくる。

まあ良い。

結局、人間何をしていても、この問いからは逃れられない。

 

●小月

20150403_175001

2日目終着点は小月。

宿はどこにもないそうで、2泊連続の野宿決定

駅前のベンチで寝ることにする。

 

しかし、この日は金曜の夜である。

飲み帰りの社会人がよく通る。
(といっても、都会のそれとは比べ物にならないが。)

「わ、人じゃん」

と、通りすがる人たちが、駅近くのベンチに横たわる物体を見て、反応する。

そう、寝袋に包まった自分のことである。

見世物もいいところである。

熟睡できなかったのは言うまでもない。

 

[2日目・走歩行距離56km]

 

韓国チャリ旅 2015/3/26~31

友人と二人で、韓国をぶらりチャリ旅してきたので、今回はその旅の様子をお伝えしたい。

■1日目 福岡・博多→山口・下関→関釜フェリー

スタートは福岡・博多駅。山口・下関へ向かい、フェリーに乗って韓国に乗り込む。
がしかし、いろいろな準備に追われてしまったため、下関まではJRを利用することに。
 自転車は解体して「輪行」する。右下みたいな感じ。

      20150326_143941

実はこの「輪行」というのがかなり大変で、重い車体を持って歩き回らないといけないので、チャリ旅そのものよりもキツい。

 

■2日目 釜山→海雲台→蔚山

そして、翌朝に韓国・釜山に上陸。
フェリーで知り合った韓国人留学生に案内してもらいながら、釜山にて朝食。
早速、人の助けをもらいながら韓国の旅が始まった。
ここ釜山から特に予定をガチガチには決めずに北上していく。

20150327_08305620150327_11140320150327_131126

まず、驚かされたのが交通マナー
釜山では、「歩行者優先」という文化が通用しない。まあ車が止まってくれない。
 「車優先」である。

しかし、それは逆に言えば、歩行者が車に道を譲っているということであり、みんな当たり前のようにそうしている。
釜山の交通量は多い。車が街の発展の要だったのだろうか、歩行者よりも車の方が重視されている印象。
日本では、わがもの顔で道を渡る人も多い(自分もその一人)。
そう考えると、何を以て「交通マナーが悪い」と言うのか分からなくなってくる

そして、噂通りクラクションはうるさかった。
ただ、日本と違い、クラクションを鳴らすことで気分を害しているようにはどうも思えない。
なにか、会話をするようにクラクションを鳴らしている感じというか。
よく分からないが。
文化の違いと割り切ってしまう方が良さそうだ。文化という言葉は、理解不能なものを片付けるのに実に都合が良い。

20150327_162619

また、釜山は読んで字のごとく、山が多い。街中にも丘や坂道がたくさんある。
我々も坂道に苦しめられた。
なるほど韓国で自転車文化が根付かない理由の一つはこれか、と自ら体験して知る。

20150327_194508

予定が押し、日が暮れてしまった。
日本の高速道路並みにぶっ飛ばす韓国の国道。そこを自転車用通路がないなか走るのだから、恐怖である。
夜道を30km程走ったが、危険だと判断し、初日は蔚山近くの小さい町に泊まることにする。

といっても、当日利用できるゲストハウスは簡単には見つからないので、郊外のモーテルに男二人で入る。
モーテルは一般的に一部屋の料金で請求されるため、二人で割り勘すれば、そこそこリーズナブルである。
そして、よく分からん飲み物を飲んで寝た。

20150328_001208

■3日目 蔚山→慶州

豊臣秀吉による朝鮮出兵(侵略)の時代、加藤清正によって建てられた城、西生浦倭城は蔚山郊外にある。
急な予定変更で泊まった街のすぐ近くにあった。
不確定な旅のおもしろいところである。

20150328_100305      20150328_110738

20150328_110318

400年前の日本と韓国に思いを馳せながら、春先の心地よい風を浴びて寝そべる。
日本よりやや荒涼な風景だが、それもまた趣があって良い。

20150328_123328      20150328_163601

蔚山郊外は工業地帯。
わずかに行き交う人たちはみな、布を顔に巻きサングラスを付けている。
 大気の状況が非常に良くないからだ。
途中、コンビニでマスクを買い、なんとか間に合わせた。

20150328_182423  20150328_202137

20150328_231525  20150328_235814

夜、慶州に到着。

ナムゲストハウスに泊まる。
コーヒー大好きのオーナーさんはとても親切で、自慢のコーヒーを振る舞ってくれた。
決して堪能とは言えない日本語と英語だったが、お互いに歩み寄ってコミュニケーションをとる。
母国語が違うからこそ、ある意味で深いコミュニケーションが取れることもある。

ここで、私と相方は別行動。
相方は慶州に残り観光、私は深夜バスで、友人に会いにソウルへ向かう。
ソウルへ着くのは翌午前3:30。相変わらず滅茶苦茶なスケジュールで行動する自分に呆れながらバスに乗る。
例に漏れず、バスの運転は荒かった。

20150329_102224  20150329_120333

20150329_150459

■4日目 ソウル→慶州

ソウルで再会した友人たちとは、カナダ・バンクーバーの語学学校にいたときに出会った。
一人は韓国・ソウル出身の男性。もう一人はコロンビア・ボゴタ出身の女性。
二人ともバンクーバー時代から仲が良く、映画やカラオケに行ったこともある。
時間が経っても、国が違ってもこうしてまた会えて、話をして、笑い合えるというのは何物にも代え難い。

 光化門内では、伝統的なセレモニーが開かれていた。
門の造りやカラフルな衣装は、琉球文化を彷彿させる。

少し歩くと、東洋なのか西洋なのかよく分からない建物が、ごちゃまぜに立ち並んでいる地区もある。

こうして、国境を越えたところで文化的類似を目の当たりにすると、国とは古来から関わり合って成り立ってきたのだとつくづく思う。

「国」という概念がない遥か昔は、人と人の繋がりが「世界」であったという。
「国」とは不思議なものである。

余談ではあるが、私の地元・奄美大島も江戸時代までは、公式的には琉球王朝(沖縄県)占領下、実質的には薩摩藩(鹿児島県)の占領下という曖昧なものだった。
そして、奄美が政治的に日本となったのは、廃藩置県で鹿児島県に組み込まれて以降だとする見方がある。
だとすると、奄美が日本になってから100年ちょっとしか経っていないことになる。

今回の韓国の旅でも、フィリピン人に間違えられたが、あながち間違いではないかもしれない。
(まあ、見た目が見た目ではあるが。)

20150329_103339

 

■5日目 慶州→釜山→関釜フェリー

相方のチャリの後輪が壊れてしまったこともあり、新慶州駅からKTX(韓国の長距離列車)を使い、釜山まで輪行。
 国際市場を食べ歩きながら観光。
日本で例えるとすれば、大阪のような元気の良い街だ。
いざ離れるとなると、少し寂しい気もしながら、フェリーに乗り韓国を後にした。

 

<おわりに>

明日から、日本縦断をする。
現在、バタバタ準備中。

旅をしても、現地のことを知り尽くすなどということは到底できない。
4年間福岡に住んでいても、福岡について知らないことがある。
22年間日本に住んでいても、日本について知らないことがある。

旅ってキリがないですなあ。。。

送別会② 太宰ゼミ

天の邪鬼な私は、
みんなが「卒業式」ネタでSNSに投稿する中、敢えて「送別会」シリーズとして更新する

卒業すること自体はおめでたいことなのですが、
皆が皆、卒業式を経て社会人になった途端、急に人が変わるとはあまり思っていないので。

いえ、ただのしょうもない抵抗に過ぎないので、気にしないでください。笑
卒業おめでとうございます!

 

前置きが長くなりました。

 

3/20は太宰ゼミの送別会。
このゼミに入ったことも一つの転機でした。

ゼミの方針はいつも同じ。「主体的に学ぶこと」

これは、どこでも同じなんですよね。
だから太宰ゼミじゃないと学べないことじゃない。

実際、自分もゼミの枠を飛び出して活動していました。
その内、学部の枠も飛び出し、大学の枠も飛び出し、ついには日本を飛び出してしまいました。笑

むしろ「ゼミの枠にはまらない」ことを意識していた気がします。

それは別に、ゼミへの愛着がないとかいうわけではなく、
「主体的に学ぶ」というゼミでの学びを活かした結果だと思います。

もちろん活動の範囲を広げるだけが全てではありません。
活動の範囲を広げたことで、絞るべきものが見えてくる
それもまた一つの学びにはなります。

とはいえ、太宰ゼミでの活動を通して多くの学びや成長の機会を頂き、
ゼミの仲間たちと共に走ってきたということも偽りない事実です。
先輩方、後輩、同期、そして太宰先生、本当に感謝しています。
こんなわがままな自分ですが、
ゼミ長として、ゼミの一員として一緒に活動させていただきありがとうございました。

 

さて、これから「太宰ゼミ」なんて看板もなければ、「福岡大学」という看板もなくなり、
「学生」という肩書もなくなります。

そうしたときにどうするのか。

とりあえず、「社会人」という新しい肩書に頼ってみる?

否、そこで求められるのはやはり
「主体的に学ぶこと」だと思うのです。

 

※もちろん、自戒を込めて。

11058372_611149159030164_2058694201865171073_o

 

送別会① 室見川ランニングクラブ

 

 

3/22、所属する「室見川ランニングクラブ」の方たちが、僕の日本縦断ランの送別会を開いてくれました。

このランニングクラブに顔を出したのは、2年半前。
僕のランニング観が大きく変わったきっかけにもなりました。

大学2年時、度重なる怪我や不調により、自分の思うような走りが出来なくなっていて、走るのが嫌いになった時期がありました。
そして、中学時代から続けてきた陸上競技部を辞め、僕は文字通り迷走しはじめます。

ですが、いざ走ることを止めるとなんだか満たされない生活の繰り返しでした。
そこで、ふと足を運んだのがこの「室見川ランニングクラブ」

そこで見たのは、メンバーの方々が本当に楽しそうに走っている姿。
当時の僕は、タイムや順位など、競技としてのランニングばかりに意識が向いていて、走ることの楽しさを忘れていました。
その走る楽しさを思い出させてくれたのが、このクラブです

もちろんタイムや順位を目指して走ることも素晴らしいものです。
ただそれと同時に、根本に「走ることを楽しむ」気持ちがなければ長続きもしないし、それこそ走ることが嫌いになってしまったら本末転倒だと思うのです。

僕は今、「走ることが好きだ」と堂々と言えます。
そう言えるのは、間違いなくこのクラブのおかげです。

また、室見川ランニングクラブで、様々な年代、職業の方たちと関わることで、普通の学生ではなかなかできない経験をたくさんさせてもらったと思います。

これまで、本当に与えてもらってばかりでした。
微力かもしれませんが、日本縦断ランで自分が走る姿を通して、受けた恩を少しでも還元したいと思うばかりです。

室見RCの皆さん、本当にありがとうございました。
帰ってきたらまた練習に参加させてください。

11061964_1818944614997343_4143670677745428322_n

【絶景写真、きれいな写真についていろいろ】

僕の地元・奄美大島のビーチがTABI LABOさんの記事で紹介されておりました。

 

ここはカリブ海・・・?奄美大島の「土盛海岸」が想像を超える美しさだった

 

はい。確かにここのビーチ、きれいです。

ここで紹介されている写真と、そんなに差はないと思います。
ただ、どうも違和感あるのがあれです。

「写真加工アプリ」

あれは、実物とかけ離れすぎてませんかね。

 

現代文明の利器で、誰でも簡単に

「絶景写真」やら「きれいな写真」やら作れるようになりました。

便利ですねー。

 

けれど、「情報発信」っていう観点から言うと、

ああいう写真をネット上でアップすることが本当に「情報発信」なのか、と疑問が残ります。

 

僕も最近、何かを発信するようなことをしたいな、と思うようになりましたが、

「じゃあ、情報発信って何ぞや」

となるわけです。

 

「ザ・観光地」的なところに行って、きれいな写真を撮ってアップ。

「はい、これで情報発信しました!」

ってなるんでしょうか。

いや、写真コンテストじゃないんだから。^^

 

かと言って、

「写真加工アプリ」を使わなければ、ありのままの姿を伝えることができるのか?

というと、そうでもないでしょう。

 

ここで提案。

 

発信する人のバイアスって必ずかかってしまうわけだから、そのバイアスを活かしてしまうのはどうか。

 

それが「本当の姿」であるかどうかとか、それが「答え」であるかどうかは、ひとまず置いといて。

思いっきり、自分の思ったことを書く。

写真は、、、まあ、おまけ程度。笑

文章で勝負です。

 

もちろん、文章はなるべく客観的に書きなさいっていう考え方もあります。

 

しかし、普遍的で、なんとなく正しいと思えるような情報は既に溢れかえっています。

情報発信する際には、生情報に対して、どれだけ自分の考察を交えて再編集できるかが重要ではないでしょうか。

 

まあ、こんなこと言いながら、僕も「写真加工アプリ」使ったことあるんですけどね。笑

初投稿・・・

 

ブログなんてものを始めてみました。

上原です。

 

しかも、僕みたいなアナログ人間がWordPress なんていう高度なものを使って・・・

手さぐり状態ですが、徐々に慣れていきましょうか。

 

まあ、ブログ始めようと思った理由はあれです。

今年の4月から走って日本縦断をするということで、その旅中の発信もしたいので、これを機会にやってみようかなと。

 

大学卒業して就職もせずに、世界のどこかをフラフラと走ってるだけだと、いつの間にかみんなに忘れられてしまいそうですから。笑

 

せめて、みなさんの頭の片隅に入れてもらえる程度には、発信していきたいな、と思った次第であります。

 

それでは、出発は2015年4月2日。

楽しみです。